エウローパ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

エウローパは、イタリア首都ローマの第33番クアルティエーレ (Q.XXXII.) である。エウル (EUR, Esposizione Universale Roma) 地区とも呼ばれる。ローマ近郊に1930年代から建設された新都心。

エウルの町並み

概要[編集]

ローマ万博[編集]

エウル サンティ・ピエトロ・エ・パオロ教会


エウル

1935年ファシスト党の党首であったベニート・ムッソリーニが、1942年に開催される予定であった(第二次世界大戦の勃発により中止になった)ローマ万国博覧会(Esposizione Universale di Roma)の開催に向けてローマ近郊に建設した。当初は「E42(Esposizione '42)」という名であったが、後にローマ万国博覧会の略称である「EUR」に変った。中心を貫く軸線上にはアダルベルト・リベラ設計のEUR会議場がある。

現在[編集]

現在、EUR内には官公庁やEni本社ビルの他、ローマ文明博物館などの博物館、公園、各種スポーツ施設、大規模な集合住宅や商業施設などがある。

交通[編集]

Metropolitana di Roma B.svg 最寄り駅は、「エウル・マリアーナ駅」、「エウル・パラスポルト駅」および「エウル・フェルミ駅」。

関連項目[編集]

ファロ・イタリコ

外部リンク[編集]

執筆の途中です この「エウローパ」は、イタリアの地理関連の書きかけ項目です。この記事を加筆・訂正などして下さる協力者を求めています。(PJイタリア/P:イタリア