ジェームズ・コバーン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ジェームズ・コバーン
James Coburn
James Coburn
シャレード』(1963年)でのコバーン
生年月日 1928年8月31日
没年月日 2002年11月18日(満74歳没)
出生地 ネブラスカ州ローレル
死没地 カリフォルニア州ビバリーヒルズ
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
職業 俳優
活動期間 1958年~2002年
配偶者 ビヴァリー・ケリー(1959年~1979年)
ポーラ・ミュラード(1993年~2002年)
家族 ジェームズ・ハリソン・コバーン・ジュニア
マイレット・S・コバーン
ジェームズ・コバーン4世
リサ・コバーン

ジェームズ・ハリソン・コバーン3世James Harrison Coburn III1928年8月31日 - 2002年11月18日)はアメリカの映画・テレビ俳優である。コバーンは45年間のキャリアを通して70を超える映画と100を超えるテレビドラマに出演した。幅広い役柄を演じた彼は『白い刻印』のグレン・ホワイトハウス役でアカデミー助演男優賞を受賞した。

荒野の七人』、『突撃隊』、『大脱走』、『ダンディー少佐』、『電撃フリントGO!GO作戦』、『夕陽のギャングたち』、『ビリー・ザ・キッド/21才の生涯』といった西部劇やアクション映画で、荒削りの、歯を見せて笑うタフな男を演じることが多かった。

1960年代後半から1970年代前半にかけて彼は「クール」なイメージをもたれる。そして同年代のリー・マーヴィンスティーブ・マックイーンチャールズ・ブロンソンと同様に、彼は「タフガイ」のスターになった。アメリカで柔道を学び黒帯を取得、来日時には講道館を訪れた。また、ブルース・リーに武術、アクションを学んでいる。

来歴・人物[編集]

生い立ち[編集]

コバーンはネブラスカ州ローレルに生まれる。母親はマイレット・S(旧姓:ジョンソン)、父親はジェームズ・ハリソン・コバーン・ジュニアで彼は世界恐慌での失業者だった。コバーンはスコットランド=アイルランド系でありスウェーデン系でもあった[1]。彼はカリフォルニア州、コンプトンで育ち、コンプトン・ジュニア・カレッジ卒業後の1950年代、アメリカ陸軍に入隊した。軍隊で彼はトラック運転手や、テキサス州の陸軍ラジオの臨時DJとして働いた。また、彼はドイツマインツの陸軍訓練用フィルムのナレーションも務めた[2]。その後はロサンゼルス・シティ・カレッジでジェフ・コーリーステラ・アドラーから演技を学ぶ。そして彼はラ・ジョラ・プレイハウスでの舞台『ビリー・バッド』でデビューした[3]

キャリア[編集]

1959年、コバーンはランドルフ・スコット主演の西部劇 Ride Lonesome で悪役パーネル・ロバーツの手下役で映画デビューを果たした。他にもコバーンは数多くのテレビに出演した。テレビドラマ『ボナンザ』ではいくつかのエピソードに出演してロバーツと再び共演した。NBC制作ジョン・ペイン主演の西部劇ドラマ The Restless Gun では2つ以上のエピソードに登場した。また、1960年~1961年にかけて放送されたNBCのドラマ Klondike ではジョイ・ランシングラルフ・テーガーと共演した。やがて Klondike が打ち切られるとコバーンとテーガーはNBCのメキシコを舞台とした探偵ドラマ Acapulco に出演した。他にもコバーンは『弁護士ペリーメイスン』に2度ゲスト出演した。

1960年代から1970年代にはコバーンはアクション・西部劇でタフガイ役で有名になっていた。ジョン・スタージェス監督の『荒野の七人』と『大脱走』ではスティーブ・マックイーンチャールズ・ブロンソンと共演する。彼は悪役の1人テックスを演じた『シャレード』(1963年)や口のうまい海軍将校役の『卑怯者の勲章』(1964年)、片腕のインディアン役の『ダンディー少佐』(1965年)などで有名になっていった。1966年、コバーンはジェームズ・ボンドのパロディ映画『電撃フリントGO!GO作戦』の主役で正真正銘のスターとなる。1971年にはセルジオ・レオーネ監督のマカロニ・ウェスタン夕陽のギャングたち』に出演する。この映画では、20世紀初頭のメキシコ革命の最中にメキシコに現れたアイルランドの爆弾のプロを演じた。1973年にはサム・ペキンパー監督と組んで『ビリー・ザ・キッド/21才の生涯』(2人はすでに1965年の『ダンディー少佐』で共に仕事をしている)に出演した。その後も『戦争のはらわた』でペキンパーの映画に出演した。

1978年、コバーンはテレビに戻り、ダシール・ハメットの探偵小説『デイン家の呪い』の3部構成のミニシリーズに出演した。だが彼は関節リウマチにかかり、1980年代の出演作は数えるほどしかなかった。やがて彼は俳優に復帰し2002年にこの世を去るまでの間、仕事を続けた。初めのうちはテレビで活躍していたが『ヤングガン2』や『ハドソン・ホーク』、『天使にラブ・ソングを2』、『マーヴェリック』、『イレイザー』、『ナッティ・プロフェッサー クランプ教授の場合』、『白い刻印』、『ペイバック』に出演し映画にも戻っていった。特に『白い刻印』でのコバーンの演技が認められアカデミー賞を受賞、全米映画俳優組合賞インディペンデント・スピリット賞にノミネートされた。

死去[編集]

ジェームズ・コバーンのベンチ

2002年11月18日、コバーンは心筋梗塞で死亡する[4]。そのとき、彼はカリフォルニア州、ビバリーヒルズの自宅で音楽を聴いていた。彼の遺族は妻のポーラ(旧姓:ミュラード)、息子のジェームズ4世、そして義理の娘だった。彼の遺骨はウエストウッド・メモリアルパークに埋葬され、そこにあるベンチには名前が刻まれた。生前、コバーンはシボレーのテレビ広告キャンペーンの声を務めていた。コバーンの死後はジェームズ・ガーナーが引き継いだ。

出演作品[編集]

年代 題名 役名 監督 備考
1959 Ride Lonesome Whit バッド・べティカー
ネバダの決闘
Face of a Fugitive
パーディ ポール・ウェンドコス
1960 荒野の七人
The Magnificent Seven
ブリット ジョン・スタージェス
1961 The Murder Men Arthur Troy ジョン・ペイサー
1962 突撃隊
Hell Is for Heroes
フランク・ヘンショウ伍長 ドン・シーゲル
1963 大脱走
The Great Escape
ルイス・セジウィック ジョン・スタージェス
シャレード
Charade
テックス・パンスロウ スタンリー・ドーネン
テキサス保安官
The Man from Galveston
ボイド・パルマー ウィリアム・コンラッド
太陽の帝王
Kings of the Sun
ナレーター J・リー・トンプソン
1964 Action on the Beach 本人役 不明 ドキュメンタリー
卑怯者の勲章
The Americanization of Emily
ポール・“バス”・カミングス少佐 アーサー・ヒラー
1965 ダンディー少佐
Major Dundee
サミュエル・ポッツ サム・ペキンパー
海賊大将
A High Wind in Jamaica
ザック アレクサンダー・マッケンドリック
ラブド・ワン
The Loved One
入国管理官 トニー・リチャードソン
1966 電撃フリントGO!GO作戦
Our Man Flint
デレク・フリント ダニエル・マン
地上最大の脱出作戦
What Did You Do in the War, Daddy?
クリスチャン少尉 ブレイク・エドワーズ
現金作戦
Dead Heat on a Merry-Go-Round
イーライ・コッチ バーナード・ジラード
1967 電撃フリント・アタック作戦
In Like Flint
デレク・フリント ゴードン・ダグラス
荒野の隠し井戸
Waterhole #3
ルートン・コール ウィリアム・A・グラハム
シークレット!シークレット!
The President's Analyst
ドクター・シドニー・シェーファー セオドア・J・フリッカー 兼制作
1968 太陽を盗め
Duffy
ダフィ ロバート・パリッシュ
キャンディ
Candy
ドクター・A・B・クランカイト クリスチャン・マルカン
1969 殺人美学
Hard Contract
ジョン・カニンガム S・リー・ポゴスティン
1970 はるかなる南部
Last of the Mobile Hot Shots
ジェブ シドニー・ルメット
1971 夕陽のギャングたち
Giù la testa
ジョン・H・マロリー セルジオ・レオーネ 英題:Duck, You Sucker!
(改題:A Fistful of Dynamite
1972 殺しのカルテ
The Carey Treatment
ドクター・ピーター・キャリー ブレイク・エドワーズ
ロデオに生命を賭けた男
The Honkers
ルー・ラスロップ スティーヴ・イーナット
ダーティ・セブン
A Reason to Live, a Reason to Die
ペンブローク大佐 トニーノ・ヴァレリ
1973 ブルース・リーの生と死
Bruce Lee: The Man and the Legend
本人役(クレジットなし) シン・ウー ドキュメンタリー
黄金の指
Harry in Your Pocket
ハリー ブルース・ゲラー
ビリー・ザ・キッド/21才の生涯
Pat Garrett and Billy the Kid
パット・ギャレット サム・ペキンパー
シーラ号の謎
The Last of Sheila
クリントン ハーバート・ロス
1974 新ドミノ・ターゲット/恐るべき相互殺人
The Internecine Project
ロバート・エリオット ケン・ヒューズ
1975 弾丸を噛め
Bite the Bullet
ルーク・マシューズ リチャード・ブロークス
ストリートファイター
Hard Times
スピード ウォルター・ヒル
1976 スカイ・ライダーズ
Sky Riders
ジム・マッケイブ ダグラス・ヒコックス
大いなる決闘
The Last Hard Men
ザック・プロヴォ アンドリュー・V・マクラグレン
ミッドウェイ
Midway
ヴィントン・マドックス大佐 ジャック・スマイト
1977 ホワイトロック
White Rock
ナレーター トニー・メイラム
戦争のはらわた
Cross of Iron
ロルフ・シュタイナー軍曹 サム・ペキンパー
1978 カリフォルニア・スイート
California Suite
パイロット ハーバート・ロス クレジットなし
デイン家の呪い
The Dain Curse
ハミルトン・ナッシュ E・W・スワックハマー TVミニシリーズ
1979 ポール・ポジション
Formula uno, febbre della velocità
ナレーター オッタヴィオ・ファブリ 英題:Speed Fever
リベンジャー
Firepower
ファノン マイケル・ウィナー
マペットの夢みるハリウッド
The Muppet Movie
エル・スリーゾ・カフェのオーナー ジェームズ・フローリー カメオ出演
ゴールデンガール
Goldengirl
ジャック・ドライデン ジョゼフ・サージェント
1980 ジェームズ・コバーンの新ハスラー
The Baltimore Bullet
ニック・キャシー ロバート・エリス・ミラー
ラヴィング・カップル
Loving Couples
ウォルター ジャック・スマイト
ジェームズ・コバーンのクロスオーバー/光と影
Mr. Patman
パットマン ジョン・ギラーミン
1981 野良犬軍団/ダーティー・ソルジャー
High Risk
セラノ スチュワート・ラフィル
ルッカー
Looker
ジョン・レストン マイケル・クライトン
1984 Draw! Sam Starret スティーヴン・ヒリアード・スターン
1985 遥かなる少年の日々
Martin's Day
ラードナー警部 アラン・ギブソン
1986 犠牲 〜ある兵士の死〜
Death of a Soldier
パトリック・ダネンバーグ少佐 フィリップ・モーラ
1988 丹波哲郎の霊界ワールド
Walking After Midnight
本人役 ジョナサン・ケイ
1989 Call from Space リチャード・フライシャー
1990 夢みるように微笑んで
Train to Heaven
グレゴリウス トグニー・アンダーバーグ
ヤングガン2
Young Guns II
ジョン・チザム ジェフ・マーフィ
1991 ハドソン・ホーク
Hudson Hawk
ジョージ・キャプラン マイケル・レーマン
1992 Mastergate Major Manley Battle マイケル・イングラー
ザ・プレイヤー
The Player
本人役 ロバート・アルトマン カメオ
1993 プロフェッショナル
Deadfall
Mike Donan/Lou Donan クリストファー・コッポラ
実録ブルース・リー/ドラゴンと呼ばれた男
Curse of the Dragon
本人役 トム・クン、フレッド・ワイントローブ ドキュメンタリー
天使にラブ・ソングを2
Sister Act 2: Back in the Habit
ミスター・クリスプ ビル・デューク
1994 マーヴェリック
Maverick
デュヴァル提督 リチャード・ドナー
1995 悪い女
The Set-Up
ジェレミア・コール ストランスフォード・ハミルトン
1996 Skeletons Frank Jove デイヴィッド・デコト―
イレイザー
Eraser
アーサー・ベラー本部長 チャック・ラッセル
ナッティ・プロフェッサー クランプ教授の場合
The Nutty Professor
ハーラン・ハーティ トム・シャドヤック
Ben Johnson: Third Cowboy on the Right 本人役 トム・サーマン ドキュメンタリー
1997 ブラック・メール/脅迫
Keys to Tulsa
ハーモン・ショウ レスリー・グライフ
The Disappearance Of Kevin Johnson 本人役 フランシス・メガフィー
1998 白い刻印
Affliction
グレン・ホワイトハウス ポール・シュレーダー アカデミー助演男優賞受賞
1999 ペイバック
Payback
フェアファックス ブライアン・ヘルゲランド
2000 The Good Doctor Dr. Samuel Roberts ケニス・オーキン 短編映画
イントレピッド
Intrepid
キャプテン・ハル・ジョゼフソン ジョン・プッチ
2001 JUSTICE 必殺
Proximity
ジム・コーコラン スコット・ジール
テキサス・レンジャーズ
Texas Rangers
ナレーター スティーヴ・ミナー
The Yellow Bird Rev. Increase Tutwiler フェイ・ダナウェイ
エゴイスト
The Man from Elysian Fields
アルコット ジョージ・ヒッケンルーパー
モンスターズ・インク
Monsters, Inc.
ヘンリー・J・ウォーターヌース3世 ピート・ドクター アニメ映画
Kurosawa 本人役 アダム・ロウ ドキュメンタリー
2002 スノー・ドッグ
Snow Dogs
ジェームズ・“サンダー・ジャック”・ジョンソン ブライアン・レヴァント
アメリカン・ガン
American Gun
マーティン・ティルマン アラン・ジェイコブス

関連項目[編集]

参照[編集]

  1. ^ New England Historic Genealogical Society(2004年9月2日時点のアーカイブ
  2. ^ Published: 12:03AM GMT 20 Nov 2002 (2002年11月20日). “Obituary in ''The Telegraph''”. London: Telegraph.co.uk. http://www.telegraph.co.uk/news/obituaries/1413677/James-Coburn.html 2010年3月14日閲覧。 
  3. ^ James Coburn Biography - Yahoo! Movies”. Movies.yahoo.com. 2010年3月14日閲覧。
  4. ^ “『荒野の七人』のJ・コバーン死去”. シネマトゥデイ. (2002年11月20日). http://www.cinematoday.jp/page/N0002658 2013年3月22日閲覧。 

外部リンク[編集]