ジェームズ・ガーナー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ジェームズ・ガーナー
James Garner
ジェームズ・ガーナーJames Garner
本名 James Scott Bumgarner[1]
生年月日 1928年4月7日
没年月日 2014年7月19日(満86歳没)
出生地 オクラホマ州ノーマン
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
職業 俳優
活動内容 映画・テレビドラマ
配偶者 Lois Clarke (1956-)

ジェームズ・ガーナーJames Garner1928年4月7日 - 2014年7月19日)は、アメリカ合衆国俳優。本名はジェームズ・スコット・バムガーナー(James Scott Bumgarner)。オクラホマ州出身。

来歴[編集]

父親はカーペット職人で、3人兄弟の末っ子[1][2]。一部チェロキー族の血を引いていた母親は、ジェームズが5歳の時に亡くなっている[3]。父親の再婚相手に虐待されたため、14歳の時に義母と喧嘩になり殴り倒してしまう[4]この事件が元で父親と義母は離婚した[5]。7歳の時にロサンゼルスに住んでいた父親の元に戻り、地元の高校に通う。高校の体育教師に勧められて水着のモデルをする[6]。報酬は良かったがこの仕事が好きではなく、結局オクラホマに戻って地元の高校でスポーツに励む[7]。しかし学業不振で中退する[8]

朝鮮戦争に従軍するが、名誉戦傷章を与えられ除隊。モデルや舞台俳優を経て、ワーナーと契約。1957年の『ロケット・パイロット』が映画デビュー作。テレビシリーズ『マーベリック』(1957年~1960年)での長男ブレット役で一躍人気俳優となる(のちに映画としてリメイクされた1994年の『マーヴェリック』では、メル・ギブソン演じるブレットの父親役で出演した)。

次第に活躍の場をテレビからスクリーンに移し、『大脱走』、『グラン・プリ』といった大作アクションから『スリルのすべて』、『プレイボーイ』、『セパレート・ベッド』、『恋するパリジェンヌ』などのロマンティック・コメディ、『墓石と決闘』、『夕陽に立つ保安官』など西部劇まで幅広い作品に主演した。1974年には『ロックフォードの事件メモ』でテレビ界に復帰、その飄々とした個性で人気を集める。『マーフィーのロマンス』ではアカデミー賞主演男優賞候補となったほか、その他の作品でも3度のゴールデングローブ賞、2度のエミー賞の主演男優賞に輝く実力派。

2005年、半世紀にわたる息の長いキャリアを称え、アメリカ映画俳優組合から生涯功労賞を授かった[9]

2000年以降の出演作には『スペース・カウボーイ』、『きみに読む物語』(アメリカ映画俳優組合助演男優賞ノミネート)、テレビ『シカゴ・ホープ』、『パパにはヒ・ミ・ツ』などがある。

2014年7月19日、自宅で死去[10]。86歳没。

プライベート[編集]

1956年にロイス・クラークと結婚。ロイスの娘キムと、2人の間に生まれた娘グレイスの2人がいる。

2008年には軽い脳卒中を起こし、入院・手術した[11]

主な出演作品[編集]

映画[編集]

公開年 邦題
原題
役名 備考
1956 ロケット・パイロット
Toward the Unknown
ジョー・クレイヴン
1957 暴力部落の対決
Shoot-Out at Medicine Bend
ジョン・メートランド
サヨナラ
Sayonara
ベイリー
1958 特攻決死隊
Darby's Rangers
ウィリアム・オーランド・ダービー
1959 潜望鏡を上げろ
Up Periscope
ケネス・M・ブラデン
札束とお嬢さん
Cash McCall
キャッス・マッコール
1961 噂の二人
The Children's Hour
ジョー・カーディン
1962 プレイボーイ
Boys' Night Out
フレッド・ウィリアムズ
1963 大脱走
The Great Escap
ヘンドリー
スリルのすべて
The Thrill of It All
ジェラルド・ボイヤー
セパレート・ベッド
The Wheeler Dealers
ヘンリー
女房は生きていた
Move Over, Darling
ニコラス・アーデン
1964 卑怯者の勲章
The Americanization of Emily
チャールズ・エドワード・マディソン
1965 36時間
36 Hours
ジェファーソン・パイク
恋するパリジェンヌ
The Art of Love
ケイシー・バーネット
1966 ダイヤモンド作戦
A Man Could Get Killed
ウィリアム
砦の29人
Duel at Diablo
ジェス
グラン・プリ
Grand Prix
ピート・アーロン
1967 墓石と決闘
Hour of the Gun
ワイアット・アープ
1968 ダイヤモンド強奪作戦
The Pink Jungle
ベン・モリス
水色のビキニのマドモアゼル
How Sweet It Is!
グリフ・ヘンダーソン
夕陽に立つ保安官
Support Your Local Sheriff!
ジェイソン・マッカラー
1969 かわいい女
Marlowe
フィリップ・マーロウ
1970 スレッジ
A Man Called Sledge
ルーサー・スレッジ
1971 地平線から来た男
Support Your Local Gunfighter
ラティゴ
西部無法伝
Skin Game
クインシー
1972 大捜査
They Only Kill Their Masters
アベル
1973 リトル・インディアン
One Little Indian
Keyes
1980 ロバート・アルトマンのヘルス
HealtH
ハリー・ウォルフ
1981 殺しのファンレター
The Fan
ジェイク・バーマン
1982 ビクター/ビクトリア
Victor/Victoria
1984 ミスター・タンク
Tank
ザック・カーリー
グリッタードーム
The Glitter Dome
マッケイ テレビ映画
1985 マーフィのロマンス
Murphy's Romance
マーフィ・ジョーンズ
1988 キャデラック・カウボーイ
Sunset
ワイアット・アープ
1989 ジェームズ・ウッズの ドランカー
My Name Is Bill W.
ドクター・ボブ テレビ映画
出演・製作総指揮
1990 デコレーション・デイ/30年目の勲章
Decoration Day
アルバート・シドニー・フィンチ テレビ映画
1992 ホワイトハウス狂騒曲
The Distinguished Gentleman
ジェフ・ジョンソン
1993 ファイヤー・イン・ザ・スカイ/未知からの生還
Fire in the Sky
フランク
企業買収/250億ドルの賭け
Barbarians at the Gate
F・ロス・ジョンソン テレビ映画
1994 一日の旅路
Breathing Lessons
アイラ・モラン テレビ映画
マーヴェリック
Maverick
ゼイン・クーパー
1996 ロックフォードの事件メモ/帰ってきた名探偵
The Rockford Files: Friends and Foul Play
ジム・ロックフォード テレビ映画
ロックフォードの事件メモ/運命の再会
The Rockford Files: Punishment and Crime
ジム・ロックフォード テレビ映画
元大統領危機一発/プレジデント・クライシス
My Fellow Americans
マット・ダグラス大統領
1997 デッドサイレンス
Dead Silence
ジョン・ポッター テレビ映画
1998 トワイライト 葬られた過去
Twilight
レイモンド・ホープ
スキャンダル
Legalese
ノーマン・ケイン テレビ映画
1999 ロックフォードの事件メモ/間違えられた男
The Rockford Files: If It Bleeds... It Leads
ジム・ロックフォード テレビ映画
2000 スペース・カウボーイ
Space Cowboys
タンク・サリバン
ラスト・デシジョン
The Last Debate
マイク・ハウリー テレビ映画
2001 アトランティス 失われた帝国
Atlantis: The Lost Empire
ローク司令官 声の出演
2002 ヤァヤァ・シスターズの聖なる秘密
Divine Secrets of the Ya-Ya Sisterhood
シェプ・ウォーカー
2003 リトルフット ベスト・オブ・フレンズ
The Land Before Time X: The Great Longneck Migration
パット 声の出演
2004 きみに読む物語
The Notebook
デューク

テレビシリーズ[編集]

放映年 邦題
原題
役名 備考
1955-1957 シャイアン
Cheyenne
4エピソード
1957 アリゾナ・トム
Sugarfoot
ブレット・マーヴェリック 1エピソード
1957-1962 マーベリック
Maverick
ブレット・マーヴェリック 65エピソード
1971-1972 保安官ニコルス
Nichols
ニコルス 24エピソード
1974-1980 ロックフォード(氏)の事件メモ
The Rockford Files
ジム・ロックフォード 122エピソード
1981-1982 Bret Maverick ブレット・マーヴェリック 18エピソード
1991-1992 Man of the People ジム・ドイル 10エピソード
2000 シカゴホープ
Chicago Hope
ヒューバート・ミラー 4エピソード
2000-2001 God, the Devil and Bob 13エピソード
2002 First Monday トーマス・ブランキン 13エピソード
2003-2005 パパにはヒ・ミ・ツ
8 Simple Rules... for Dating My Teenage Daughter
ジム・イーガン/C.J.バーンズ エピソード

参照[編集]

  1. ^ a b The surname is spelled "Bumgarner" as confirmed by Garner in an interview at Archive of American Television Interview with James Garner (Part 1 of 6)
  2. ^ The Garner Files: A Memoir - James Garner, Jon Winokur, Julie Andrews - Google Books. Books.google.ca. http://books.google.ca/books?id=05jyQPeLThsC&pg=PA5&lpg=PA5&dq=%22MILDRED+SCOTT%22+MEEK&source=bl&ots=2UBq63bk2-&sig=AmWVOslrsA1azEnBchzu5gl5Wy4&hl=en#v=onepage&q=%22MILDRED%20SCOTT%22%20MEEK&f=false 2012年4月4日閲覧。. 
  3. ^ James Garner”. WCHS TV. 2009年9月12日閲覧。
  4. ^ Strait, Raymond . James Garner. New York, New York: St. Martin's Press. 1985. ISBN 0-312-43967-9
  5. ^ Grobel, Lawrence. The Art of the Interview. New York: Three Rivers Press. 2004, p. 161. ISBN 1-4000-5071-5
  6. ^ Cunneff, Tom. "Jim Dandy". People (February 7, 2005) Retrieved on 2008-05-30
  7. ^ "Proud to be an OKIE". Tulsa World (July 15, 2007)
  8. ^
    (US Census records for 1900 and 1910 show that Mr. Garner's maternal ancestors, Meek, were members of the Choctaw Nation in Oklahoma.) “James Garner: A Really Nice Guy makes Good”. Good Housekeeping (New York City: The Hearst Corporation). (March 1976). 
    Page: 46, photo caption: "Though Gigi Garner, 18, . . ." Page 46, JG: "I was a terrible student and I never actually graduated from high school, but I got my diploma in the Army." Page 48: "my two daughters, Kim and Gigi" Page 48: "to his darkly pretty, very bright wife, Lois" Page 48, Lois: "When I first met him, I was an emotional wreck. My seven-year-old daughter Kim, was in a hospital with polio." Page 58: "Jim's mother, who was half Cherokee Indian, a beautiful woman who died when he was five." (The interview was conducted on the set of Rockford Files and at his home with his wife and two daughters present, who lived at home. Kim's age was given as "27."
  9. ^ “ジェームズ・ガーナー、特別功労賞を受賞”. シネマトゥデイ. (2004年9月24日). http://www.cinematoday.jp/page/N0005447 2013年8月9日閲覧。 
  10. ^ 「プレイボーイ」「大脱走」…米俳優J・ガーナー氏死去 スポーツニッポン 2014年7月20日閲覧
  11. ^ “『きみに読む物語』のジェームズ・ガーナー、軽い脳卒中で入院、手術”. シネマトゥデイ. (2008年5月15日). http://www.cinematoday.jp/page/N0013796 2013年8月9日閲覧。 

外部リンク[編集]