ロックフォードの事件メモ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ロックフォードの事件メモ』(ろっくふぉーどのじけんめも、 "The Rockford Files" )は、1974年から1980年まで6シーズンにわたり、アメリカNBCで放映された、ジェームズ・ガーナー演ずる私立探偵ロックフォードを主人公としたテレビドラマ。日本では、1975年から1980年にかけて、テレビ朝日系土曜23時枠の『セイコーホームシアター"S"』(服部時計店<現:セイコーホールディングス>一社提供枠)で放映。初め『ロックフォード氏の事件メモ』のタイトルだったが、1976年の第2シリーズから『ロックフォードの事件メモ』に改題された。

番組終了後、1994年から続編のスペシャル版が制作されている(後述)。

概要[編集]

無実の罪で5年間、カリフォルニア州サン・クエンティン刑務所で服役生活を送ったジム・ロックフォードは、出所後その体験を生かし、私立探偵となる。彼の自宅兼事務所は、マリブ・ビーチに停めたトレーラー・ハウス。愛車は、ゴールドのポンティアック・ファイアーバード。探偵料金は、1日200ドル+必要経費である。ロサンゼルス市警のデニス・ベッカー刑事はロックフォードの理解者だが、その上司チャップマン警部補は、彼を目のかたきにしている。その他、引退したトラック運転手の父親ジョゼフ、女性弁護士のベス・ダベンポート、刑務所仲間のエンジェルらの協力を得ながら、ロックフォードは、警察が介入し難い事件を中心に活動を続ける。

ロックフォードを演じたジェームズ・ガーナーは、映画『大脱走』の出演でも知られ、テレビでは1957年から放送された西部劇『マーベリック』などでも主役を演じている。二枚目半の少しとぼけた役どころが多く、本作でもそれが生かされており、1977年エミー賞の主演男優賞を受賞した。同賞ではエンジェル役のスチュワート・マーゴリンも、1979年に助演男優賞を受賞している。

毎回のオープニング・クレジットは、ロックフォードの事務所の留守番電話(当時はまだ珍しかった)に録音されたメッセージから始まる。日本版ではロックフォードが「私立探偵ロックフォード。お名前とご用件をどうぞ。お返事は後ほど…」とメッセージを吹き込んだ後、当初は女性の声で、ロックフォードにすぐ来てほしいという内容だったが、後にその回のゲストなどの声で、さまざまなお遊びが行われるようになった。日本では、この番組が『華麗な探偵ピート&マック』と約半年置きに交替で放送されていたため、番組の変わり目に『ピート&マック』の登場人物のメッセージが流されたこともあった(その担当声優による日本版独自の演出)。また、それに続いて日本語版ではロックフォード(名古屋章)の声で、オリジナルのコミカルな私立探偵心得五カ条が流された。また、バックで流れるマイク・ポスト作曲のオープニング・テーマは、ビルボード1975年のシングル・チャートで10位になっている。

キャスト[編集]

  • ジム・ロックフォード:ジェームズ・ガーナー(声:名古屋章
  • ジョゼフ・ロックフォード(ロッキー):ノア・ベーリーJr.(槐柳二
  • デニス・ベッカー:ジョー・サントス:(声:水島晋内海賢二
  • ベス・ダベンポート:グレッチェン・コーベット(声:芝田清子
  • イブリン・マーチン(エンジェル):スチュアート・マーゴリン(寺島幹夫
  • ジョン・クーパー:ボー・ホプキンス(日高晤郎
  • ダグ・チャップマン:ジェームズ・ルイジ(仁内達之若本紀昭
  • ペギー・ベッカー(デニスの妻):パット・フィンレー(矢野陽子

スタッフ[編集]

  • 企画:ロイ・ハギンズ、スティーブン・J・キャネル
  • 制作:ロイ・ハギンズ・パブリック・アーツ・プロダクション、チェロキー・プロダクション、ユニバーサルTV

続編[編集]

  • The Rockford Files:I Still Love L.A. (1994)
  • The Rockford Files:A Blessing in Disguise (1995)
  • The Rockford Files:If the Frame Fits... (1996)
  • The Rockford Files:Godfather Knows Best (1996)
  • The Rockford Files:Friends and Foul Play (1996) 「ロックフォードの事件メモ/帰ってきた名探偵」
  • The Rockford Files:Crime and Punishment (1996) 「ロックフォードの事件メモ/運命の再会」
  • The Rockford Files:Murder and Misdemeanors (1997)
  • The Rockford Files:If I Bleeds...It Leads (1999) 「ロックフォードの事件メモ/間違えられた男」

外部リンク[編集]


NET 土曜23時 セイコーホームシアター"S"
前番組 番組名 次番組
ダンディ2 華麗な冒険
1974年10月5日~1975年3月29日
ロックフォード氏の事件メモ
(第1シリーズ)
1975年4月5日~1975年9月27日
ザ・クライシス11
1975年10月4日~1975年12月27日
NET 土曜23時 セイコーホームシアター"S"
ザ・クライシス11
1975年10月4日~1975年12月27日
ロックフォードの事件メモ
(第2シリーズ)
1976年1月3日~1976年6月19日
華麗な探偵ピート&マック
(第1シリーズ)
1976年6月26日~1976年12月25日
NET→テレビ朝日 土曜23時 セイコーホームシアター"S"
華麗な探偵ピート&マック
(第1シリーズ)
1976年6月26日~1976年12月25日
ロックフォードの事件メモ
(第3シリーズ)
1977年1月1日~1977年6月18日
華麗な探偵ピート&マック
(第2シリーズ)
1977年6月25日~1977年12月24日
テレビ朝日 土曜23時 セイコーホームシアター"S"
華麗な探偵ピート&マック
(第2シリーズ)
1977年6月25日~1977年12月24日
ロックフォードの事件メモ
(第4シリーズ)
1978年1月7日~1978年6月24日
華麗な探偵ピート&マック
(第3シリーズ)
1978年7月1日~1978年12月30日
テレビ朝日 土曜23時
華麗な探偵ピート&マック
(第3シリーズ)
1978年7月1日~1978年12月30日
ロックフォードの事件メモ
(第5シリーズ)
1979年1月6日~1979年3月31日
23:00-ANNニュースファイナル
23:10-ANNスポーツニュース
【以上5分繰上げ】
23:20-ロックフォードの事件メモ
【20分繰下げ】
テレビ朝日 土曜23時20分
23:00-ロックフォードの事件メモ
23:50-ANNニュースファイナル
24:00-ANNスポーツニュース
24:10-ワールド'79
ロックフォードの事件メモ
(第5シリーズ)
1979年4月14日~1979年6月30日
Dr.刑事クインシー
(第1シリーズ)
1979年7月7日~1980年3月29日
テレビ朝日 土曜23時25分
23:20-Dr.刑事クインシー
(第1シリーズ)
24:20-藤山寛美4500秒
ロックフォードの事件メモ
(第6シリーズ)
1980年4月12日~1980年6月28日
Dr.刑事クインシー
(第2シリーズ)