ウィリアム・ダニエルズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ウィリアム・ダニエルズ
William Daniels
William Daniels
1987年、エミー賞授賞式にて
本名 William David Daniels
別名 Bill
生年月日 1927年3月31日(87歳)
出生地 アメリカ合衆国の旗アメリカニューヨーク市
ジャンル 俳優
声優
活動期間 1955年-現在
配偶者 ボニー・バートレット (1951年 - 現在)
主な作品
卒業
いつも2人で
レッズ
ナイトライダー』(ナイト2000の声)
ボーイ・ミーツ・ワールド
受賞
オビー賞 (1960)
エミー賞 (1985, 1986)

ウィリアム・ダニエルズWilliam Daniels1927年3月31日 - )は、アメリカ合衆国ニューヨーク市生まれの俳優声優である。

来歴[編集]

1927年ニューヨーク市ブルックリンに生まれる。1949年イリノイ州にあるノースウェスタン大学を卒業。その後は役者を目指すべく、演劇業界に足を踏み入れる。実写映画のデビューは1963年に製作された『Ladybug Ladybug』で、ダスティン・ホフマンアン・バンクロフト出演の『卒業』ではホフマン演じる主人公の父親役を演じる。その後も順調にキャリアを重ねていき、映画やテレビなどで活躍。彼のキャリア中最もよく知られているのは、1982年から1986年までデヴィッド・ハッセルホフ主演で製作されたカーアクション・ドラマ『ナイトライダー』である。同作品では、主人公の相棒であるナイト2000の声を演じた。米アニメの『ザ・シンプソンズ』やコメディ映画『がんばれ! ベンチウォーマーズ』では同役の声でゲスト出演も果たしている。

舞台方面でも活躍し、ブロードウェイデビューを飾った後は数々の舞台へ出演。名作舞台『The Zoo Story (原題)』ではオビー賞も獲得した。ダニエルズの母校であるノースウェスタン大学では、彼の功績が称えられ「ウィリアム・ダニエルズ賞」(通称ウィリーズ)という名の賞が学生に送られている。

私生活[編集]

1951年に女優でもあるボニー・バートレットと結婚。なお、妻とはテレビドラマ『St. Elsewhere』において共演しており、劇中でも夫婦を演じた。見事本作品で1985年1986年エミー賞を獲得した。

出演作品[編集]

映画[編集]

  • Ladybug Ladybug (1963)
  • 裏街・太陽の天使 A Thousand Clowns (1965)
  • 卒業 The Graduate (1967)
  • シークレット! シークレット! The President's Analyst (1967)
  • いつも2人で Two for the Road (1967)
  • かわいい女 Marlone (1969)
  • 1776 1776 (1972)
  • パララックス・ビュー The Parallax View (1974)
  • ブラック・サンデー Black Sunday (1977)
  • オー!ゴッド Oh! God (1977)
  • ワン・アンド・オンリー The One and Only (1978)
  • サンバーン Sunburn (1979)
  • 青い珊瑚礁 The Blue Lagoon (1980)
  • レッズ Reds (1981)
  • 恋のドラッグストア・ナイト All Night Long (1981)
  • ブラインド・デート Blind Date (1987)
  • マジック・キッド2 Magic Kid 2 (1994)
  • がんばれ! ベンチウォーマーズ Benchwarmers (2006)
  • 俺たちフィギュアスケーター Blades of Glory (2007)

テレビドラマ[編集]

テレビアニメ[編集]

外部リンク[編集]