ロバート・デ・ニーロ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ロバート・デ・ニーロ
Robert De Niro
Robert De Niro
2011年
本名 Robert Mario De Niro, Jr.
生年月日 1943年8月17日(70歳)
出生地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
ニューヨーク州ニューヨーク市
活動期間 1969年-
活動内容 1974年:初のオスカー
1980年:2度目のオスカー
1988年:製作会社設立
1993年:映画初監督
配偶者 ダイアン・アボット
1976年-1988年
グレイス・ハイタワー
1997年-)
主な作品
ゴッドファーザー PART II
タクシードライバー
ディア・ハンター
レイジング・ブル
ヒート
ミート・ザ・ペアレンツ

ロバート・デ・ニーロ(Robert De Niro, Jr.、1943年8月17日 - )は、アメリカ合衆国俳優映画監督アカデミー助演男優賞を受賞した『ゴッドファーザー PART II』、アカデミー主演男優賞を受賞した『レイジング・ブル』、および『タクシードライバー』をはじめとするマーティン・スコセッシ監督の一連の作品への出演で知られる。

撮影の前に徹底した役作りを行うことで有名。また、『グッド・シェパード』などの作品で映画監督も務めている。

生い立ち[編集]

ニューヨークグリニッジ・ヴィレッジ出身[1]。父親のロバート・デ・ニーロ=シニアは画家。父はイタリア系及びアイルランド系であり、母はイングランドドイツフランスオランダの血を引いていた[2][3]。2歳の頃に両親が離婚し、母親の元で育てられたが、父親も近くに暮らしていたため行き来して育つ[4]。少年時代から役者に憧れ、ステラ・アドラーの下で演技を学んだ後に、名門アクターズ・スタジオに通った[5]。一時期ヨーロッパに出向き、各国を渡り歩きながら演技の修行をしていたこともあった。

キャリア[編集]

役者として駆け出しの頃は、同様に無名フィルムメーカーであったブライアン・デ・パルマ監督とコンビを組んでいた。

1972年に公開された『ゴッドファーザー』でソニーやマイケル役のオーディションを受けたが落選。しかし、監督のフランシス・フォード・コッポラはデ・ニーロの演技力を高く評価し、続編の『PART II』では若きドン・ヴィト・コルレオーネの役を割り当てた。デ・ニーロは、この役を演じるためにわざわざシチリアまで赴いてイタリア語を完璧にマスターした後、マーロン・ブランドのしゃがれ声を真似るために必死の練習をしたという。その演技は評判となりアカデミー助演男優賞を受賞した。

1973年には長らくコンビを組むことになるマーティン・スコセッシ監督の『ミーン・ストリート』に出演。これ以降、『タクシードライバー』(1976年)、 『ニューヨーク・ニューヨーク』 (1977年)、『レイジング・ブル』 (1980年)、『キング・オブ・コメディ』 (1983年)、『グッドフェローズ』(1990年)、『ケープ・フィアー』(1991年)、『カジノ』 (1995年)といった同監督の作品に主演した。2012年にはイギリスのTotal Film誌の発表した「映画史に残る監督と俳優のコラボレーション50組」にて第1位に選ばれた[6]。現在企画中のスコセッシ監督作『The Irishman』にて9度目のコンビを組むことが予定されている[7]。2013年公開の主演作『マラヴィータ』ではスコセッシは製作総指揮を担当した。

アカデミー主演男優賞を受賞した『レイジング・ブル』では体を鍛え上げボクサー役を演じた後、老いた主人公を演じるために体重を20キロ増やした。また、『アンタッチャブル』(1987年)においてはアル・カポネを演じるために頭髪を抜いている。このようなデ・ニーロ流の徹底した役作りはデニーロ・アプローチと呼ばれるようになり、彼の代名詞となった。

出世作である『ゴッドファーザー PART II』をはじめ、『タクシードライバー』、『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・アメリカ』、『アンタッチャブル』、『グッドフェローズ』、『カジノ』など犯罪映画に多く出演してきたが、1980年代半ばからはコメディ映画などでも成功を収め、近年は『ミート・ザ・ペアレンツ』や『アナライズ・ユー』でコミカルな役柄を演じるなど幅広い演技力を見せている。

1988年には、ジェーン・ローゼンタール(Jane Rosenthal)と共同で、プロダクション「トライベッカ (トライベッカフィルムセンター)」を設立。初監督となった1993年の『ブロンクス物語/愛につつまれた街』など、監督や製作としても活躍している。

2013年には『世界にひとつのプレイブック』で11年振りにアカデミー男優賞にノミネートされ、60歳を超えてもなお精力的に活動を続けている。

また、知名度こそ低い作品ではあるが、『ショウタイム』(2002年)においては、娘のドレナ・デ・ニーロと共演している。(ただし、親子役ではない)

役作り[編集]

ロバート・デ・ニーロ(1988年)

上述の通り、デ・ニーロは役に成りきるための努力を惜しまない。その例を挙げる。

  • 『ゴッドファーザー PART II』では、シチリア島に住んで、イタリア語をマスターした後に、マーロン・ブランドのしゃがれ声を完璧に模写した。
  • 『タクシードライバー』では3週間、ニューヨークタクシードライバーとして働いた[8]
  • 『ディア・ハンター』では、物語の舞台となったピッツバーグに撮影数ヶ月前から偽名で暮らしていた。さらに鉄工所で働こうとしたが、現地の人に拒否されたという。
  • 『レイジング・ブル』ではミドル級ボクサーの鍛え抜かれた肉体を披露し、その後、引退後の姿を表現するために体重を20キロも増やした。[1]このためにイタリアに赴いて、現地のあらゆるレストランを食べ回った。
  • 主人公がユダヤ人の『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・アメリカ』では、ユダヤ人家庭にホームステイした。
  • 『アンタッチャブル』では頭髪をそり上げ、アル・カポネを演じた。体重は直後に別の映画出演が決まっていたので太るわけにいかず、ボディスーツを着用したが、顔だけは太らせて撮影に臨んだ。
  • 『ミッドナイト・ラン』では、マーティン・ブレストと共に実際の賞金稼ぎと共に行動し、捕獲の瞬間、張り込み、捜査の方法などを経験した。
  • Being Flynn』でホームレス役で出演するため、役づくりのためにホームレス施設に潜入した[9]

私生活[編集]

イタリア名誉市民権[編集]

2005年イタリアシルヴィオ・ベルルスコーニ首相が彼を「著名なイタリア系移民」として表彰しようとしたが、一部市民団体がデ・ニーロは『ゴッドファーザー』などで「イタリア=マフィア」のマイナスイメージを植え付けた人物だとして抗議した[10]。紆余曲折の末、2006年のローマ映画祭の最終日のセレモニーの際に名誉市民権が授与された。

家族[編集]

1976年に女優のダイアン・アボットと結婚し、アボットの娘ドレナ・デ・ニーロを養子にとり、実子も一人もうけるも1988年離婚。1995年には当時交際していたモデルのToukie Smithとの間に体外受精で双子をもうける[11]。1997年に女優のグレイス・ハイタワーと再婚[12]1998年には息子エリオットが生まれた。1999年8月にはデ・ニーロが離婚の申し立てを行った[13]が、離婚はせず[12]2011年には娘グレイスが生まれている[14][15][16]

博士号[編集]

2012年5月にはベイツ大学より博士号を授与された[17]

トライベッカ[編集]

生まれ育ったマンハッタントライベッカ地域には特に愛着を持っている。共同で設立したプロダクションにもその名を使い、アメリカ同時多発テロで被害を受けた復興のためにトライベッカ映画祭を主催するほか、トライベッカ・グリルやNOBU松久信幸との共同)などのレストランを経営している。

テレビCM雑誌などの広告にはほとんど出演していないが、トライベッカ映画祭に協賛している縁もあってアメリカンエキスプレスの広告に出演したことがある。

ジェイ・Zの曲「Empire State of Mind」の歌詞にもトライベッカとデニーロの名前が登場している。

その他[編集]

出演作品[編集]

映画[編集]

公開年 邦題
原題
役名 備考
1965 マンハッタンの哀愁
Trois chambres à Manhattan
ダイナーの客
1968 ロバート・デ・ニーロのブルーマンハッタン/BLUE MANHATAN2・黄昏のニューヨーク
Greetings
ジョン
1969 ロバート・デ・ニーロのスワップ
Sam's Song
サム
御婚礼 ザ・ウェデング・パーティー
The Wedding Party
セシル
1970 血まみれギャングママ
Bloody Mama
ロイド・ベイカー
ロバート・デ・ニーロのブルーマンハッタン/BLUE MANHATAN1・哀愁の摩天楼
Hi, Mom!
ジョン
1971 生き残るヤツ
Born to Win
ダニー
1973 バング・ザ・ドラム
Bang the Drum Slowly
ブルース
ミーン・ストリート
Mean Streets
ジョニー・ボーイ
1974 ゴッドファーザー PART II
The Godfather: Part II
ドン・ヴィトー・コルレオーネ アカデミー助演男優賞 受賞
1976 タクシードライバー
Taxi Driver
トラヴィス・ビックル
1900年
1900
アルフレード
ラスト・タイクーン
The Last Tycoon
モンロー
1977 ニューヨーク・ニューヨーク
New York, New York
ジミー・ドイル
1978 ディア・ハンター
The Deer Hunter
マイケル
1980 レイジング・ブル
Rasing Bull
ジェイク・ラモッタ アカデミー主演男優賞 受賞
ゴールデングローブ賞 主演男優賞 (ドラマ部門) 受賞
1981 告白
True Confessions
Father Des Spellacy
1982 キング・オブ・コメディ
The King of Comedy, mit Jerry Lewis
ルパート
1984 ワンス・アポン・ア・タイム・イン・アメリカ
Once Upon a Time in America
デヴィッド・アーロンソン
恋におちて
Falling in Love
フランク・ラフティス
1985 未来世紀ブラジル
Brazil
アーチボルド・ハリー・タトル
1986 ミッション
The Mission
ロドリゴ・メンドーザ
1987 エンゼル・ハート
Angel Heart
ルイ・サイファー
アンタッチャブル
The Untouchable
アル・カポネ
1988 ミッドナイト・ラン
Midnight Run
ジャック・ウォルシュ
1989 アイリスへの手紙
Stanley & Iris
スタンリー・エヴェレット・コックス
ジャックナイフ
Jacknife
ジャックナイフ
俺たちは天使じゃない
We're No Angels
ネッド 出演・製作総指揮
1990 グッドフェローズ
Goodfellas
ジェームズ・コンウェイ
レナードの朝
Awakenings
レオナルド・ロー
1991 真実の瞬間
Guilty by Suspicion
デヴィッド・メリル
バックドラフト
Backdraft
ドナルド・リムゲイル
ケープ・フィアー
Cape Fear
マックス
1992 ミストレス
Mistress
エヴァン・M・ライト 出演・製作
ナイト・アンド・ザ・シティ
Night and the City
ハリー
1993 恋に落ちたら…
Mad Dog and Glory
ウェイン・ドビー
ボーイズ・ライフ
This Boy's Life
ドワイト・ハンセン
ブロンクス物語/愛につつまれた街
A Bronx Tale
ロレンツォ・アネロ 監督・製作・出演
1994 フランケンシュタイン
Frankenstein
クリーチャー
百一夜
Les Cent et une nuits de Simon Cinéma
1995 カジノ
Casino
サム・ロススティーン
ヒート
Heat
ニール・マッコーリー
1996 ザ・ファン
The Fan
ギル・レナード
スリーパーズ
Sleepers
ボビー神父
マイ・ルーム
Marvin's Room
ウォーリー医師 出演・製作
1997 コップランド
Cop Land
モー・ティルディン
ウワサの真相/ワグ・ザ・ドッグ
Wag the Dog
コンラド・ブリーン 出演・製作
ジャッキー・ブラウン
Jackie Brown
ルイス・ガーラ
1998 大いなる遺産
Great Expectations
脱獄囚/アーサー・ラスティグ
RONIN
Ronin
サム
1999 アナライズ・ミー
Analyze This
ポール・ヴィッティ
フローレス
Flawless
ウォルト
2000 ザ・ダイバー
Men of Honor
ビリー・サンデー
ミート・ザ・ペアレンツ
Meet the Parents
ジャック・バーンズ 出演・製作
2001 15ミニッツ
15 Minutes
エディ・フレミング
スコア
The Score
ニック・ウェルズ
2002 ショウタイム
Showtime
ミッチ・プレストン
容疑者
City By The Sea
ビンセント・ラマーカ
アナライズ・ユー
Analyze That
ポール・ヴィッティ
2004 アダム -神の使い 悪魔の子-
Godsend
リチャード・ウェルズ博士
シャーク・テイル
Shark Tale
ドン・リノ 声の出演
ミート・ザ・ペアレンツ2
Meet the Fockers
ジャック・バーンズ 出演・製作
サン・ルイ・レイの橋
The Bridge of San Luis Rey
ペルーの大司教 日本未公開
2005 ハイド・アンド・シーク 暗闇のかくれんぼ
Hide and Seek
デヴィッド・キャラウェイ
2006 アーサーとミニモイの不思議な国
Arthur et les Minimoys
声の出演
グッド・シェパード
The Good Shepherd
ビル・サリヴァン将軍 監督・出演
2007 スターダスト
Stardust
キャプテン・シェイクスピア
2008 トラブル・イン・ハリウッド
What Just Happened
ベン 出演・製作
ボーダー
Righteous Kill
ターク
2009 みんな元気
Everybody's Fine
フランク・グッド 日本未公開
2010 マチェーテ
Machete
ジョン・マクラフリン議員
ストーン
Stone
ジャック
ミート・ザ・ペアレンツ3
Little Fockers
ジャック・バーンズ 日本未公開
2011 昼下がり、ローマの恋
Manuale d'am3re
エイドリアン
リミットレス
Limitless
カール・ヴァン・ルーン
キラー・エリート
Killer Elite
ハンター
ニューイヤーズ・イブ
New Year's Eve
スタン
2012 レッド・ライト
Red Lights
サイモン・シルヴァー
フリーランサー NY捜査線
Freelancers
ジョー
ロバート・デ・ニーロ エグザイル
Being Flynn
ジョナサン・フリン 日本未公開
世界にひとつのプレイブック
Silver Linings Playbook
パット・シニア
2013 グリフィン家のウエディングノート
The Big Wedding
ドン・グリフィン
キリングゲーム
Killing Season
ベンジャミン・フォード
マラヴィータ
The Family / Malavita
フレッド・ブレイク/ジョヴァンニ・マンゾーニ
ラスト・ベガス
Last Vegas
パトリック・"パディ"・コナーズ
アメリカン・ハッスル
American Hustle
ヴィクター・テレジオ
リベンジ・マッチ
Grudge Match
ビリー・マクドネン

テレビCM[編集]

プロデュース作品[編集]

監督作品[編集]

受賞歴[編集]

アカデミー賞[編集]

受賞
1975年 アカデミー助演男優賞:『ゴッドファーザー PART II[18]
1981年 アカデミー主演男優賞:『レイジング・ブル
ノミネート
1977年 アカデミー主演男優賞:『タクシードライバー
1979年 アカデミー主演男優賞:『ディア・ハンター
1991年 アカデミー主演男優賞:『レナードの朝
1992年 アカデミー主演男優賞:『ケープ・フィアー
2013年 アカデミー助演男優賞:『世界にひとつのプレイブック

英国アカデミー賞[編集]

ノミネート
1976年 新人賞:『ゴッドファーザー PART II
1977年 主演男優賞:『タクシードライバー
1980年 主演男優賞:『ディア・ハンター
1982年 主演男優賞:『レイジング・ブル
1984年 主演男優賞:『キング・オブ・コメディ
1991年 主演男優賞:『グッドフェローズ

ゴールデングローブ賞[編集]

受賞
1981年 主演男優賞 (ドラマ部門):『レイジング・ブル
2011年 セシル・B・デミル賞
ノミネート
1977年 主演男優賞 (ドラマ部門):『タクシードライバー
1978年 主演男優賞 (ミュージカル・コメディ部門):『ニューヨーク・ニューヨーク
1979年 主演男優賞 (ドラマ部門):『ディア・ハンター
1989年 主演男優賞 (ミュージカル・コメディ部門):『ミッドナイト・ラン
1992年 主演男優賞 (ドラマ部門):『ケープ・フィアー
2000年 主演男優賞 (ミュージカル・コメディ部門):『アナライズ・ミー
2001年 主演男優賞 (ミュージカル・コメディ部門):『ミート・ザ・ペアレンツ

ニューヨーク映画批評家協会賞[編集]

受賞
1974年 助演男優賞:『ミーン・ストリート
1977年 主演男優賞:『タクシードライバー
1981年 主演男優賞:『レイジング・ブル
1991年 主演男優賞:『グッドフェローズ』、『レナードの朝
ノミネート
1974年 助演男優賞:『ゴッドファーザー PART II
1978年 主演男優賞:『ディア・ハンター

関連項目[編集]

  • 森本正治(デ・ニーロが共同オーナーを務めるニューヨークの日本料理レストラン「NOBU」の元総料理長)

出典[編集]

  1. ^ a b Stated on Inside the Actors Studio, 1998
  2. ^ Robert De Niro Biography”. contactmusic.com. 2010年12月7日閲覧。
  3. ^ Dougan, Andy (2003). Untouchable: a biography of Robert De Niro. Da Capo Press. p. 145. ISBN 1560254696. http://books.google.com/books?id=vMoLAVV4yTQC. 
  4. ^ Dougan,p. 10.
  5. ^ Dougan, pp. 17–18.
  6. ^ 英誌選出「映画史に残る監督&俳優のコラボレーション50組」 : 映画ニュース - 映画.com
  7. ^ マーティン・スコセッシ監督、ようやく遠藤周作「沈黙」に着手か? : 映画ニュース - 映画.com
  8. ^ Dougan, p. 75.
  9. ^ “「メソッド演技法」で有名なロバート・デ・ニーロが、新作の役づくりのためにホームレス施設に潜入”. シネマトゥデイ. (2012年3月4日). http://www.cinematoday.jp/page/N0039972 2012年12月16日閲覧。 
  10. ^ “デ・ニーロへのイタリア市民権付与に抗議”. 映画.com. (2004年8月17日). http://eiga.com/news/20040817/3/ 2012年12月16日閲覧。 
  11. ^ Toukie Smith and actor Robert De Niro become parents of twins. (October 20, 1995). p. 36. 
  12. ^ a b "Drug allegations hit De Niro custody battle" July, 26 2001. The Guardian
  13. ^ “デ・ニーロと元妻のバトル激化”. 映画.com. (2001年7月31日). http://eiga.com/news/20010731/6/ 2012年12月16日閲覧。 
  14. ^ Robert De Niro & Wife Welcome Baby Girl”. People (2011年12月23日). 2011年12月23日閲覧。
  15. ^ “Robert De Niro and wife welcome a child via surrogate”. Daily Mail (London). (2011年12月24日). http://www.dailymail.co.uk/tvshowbiz/article-2078244/Robert-De-Niro-68-wife-56-welcome-child-surrogate.html 2011年12月24日閲覧。 
  16. ^ “ロバート・デ・ニーロ、68歳でパパに!6人目の子どもが誕生”. シネマトゥデイ. (2011年12月24日). http://www.cinematoday.jp/page/N0038081 2012年12月16日閲覧。 
  17. ^ “ロバート・デ・ニーロに名誉博士号!米名門大学が授与”. シネマトゥデイ. (2012年5月29日). http://www.cinematoday.jp/page/N0042583 2012年12月16日閲覧。 
  18. ^ なお、この式典にデ・ニーロ本人は出席しておらず、代理人として同作品の監督であるフランシス・フォード・コッポラが受賞している。

参考文献[編集]

外部リンク[編集]