エドワード・G・ロビンソン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
エドワード・G・ロビンソン
Edward G. Robinson
Edward G. Robinson
1930年代に撮影された広告用写真
本名 エマニュエル・ゴールデンバーグ(Emanuel Goldenberg)
別名義 エドワード・ゴールデンバーグ・ロビンソン
生年月日 1893年12月12日
没年月日 1973年1月26日(満79歳没)
出生地 ルーマニア王国の旗 ルーマニア王国 ブカレスト
死没地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 カリフォルニア州 ロサンゼルス
民族 ユダヤ人
職業 俳優
ジャンル 映画
活動期間 1915年 - 1973年
主な作品
犯罪王リコ』『飾窓の女
キー・ラーゴ』『ソイレント・グリーン

エドワード・G・ロビンソンEdward G. Robinson, 1893年12月12日 - 1973年1月26日)は、アメリカ合衆国俳優ハリウッドで性格俳優として活躍、50年の俳優生活で101本の映画に出演した。

略歴[編集]

エドワード・G・ロビンソンはルーマニアブカレストにて、ユダヤ系の両親の間に生まれた[1]

1903年に家族と共にニューヨークへ移住。ニューヨーク市立大学シティカレッジで学んだ後、American Academy of Dramatic Artsで演技を学ぶ。1915年ブロードウェイ・デビューを果たし、舞台俳優として精力的に活動する。また並行して映画にも出ていたが、ほとんどが小さな役であった。

中年近くなった1930年、その後のギャング映画流行のはしりとなったマーヴィン・ルロイのギャング映画『犯罪王リコ』に主演、強烈な印象を残し、以後、ハリウッドのギャング映画には欠かせない存在となる。短躯にだみ声、ふてぶてしい悪役向けの人相で、ギャング役としての知名度は高かった。もっとも本人は高度なインテリジェンスの持ち主であり、8か国語を操るほどの才能があったという。正義漢、悪役、小市民の何れも巧みに演じ、またシリアスもコメディもこなす多才さで、1930年代から1940年代にかけ、ハリウッドで縦横に活躍した。ギャング映画やフィルム・ノワールでの出演は多い。

主演作にも著名作品が多いが、重要な助演者として出演したビリー・ワイルダーの『深夜の告白』の調査員役やジョン・ヒューストンの『キー・ラーゴ』での極悪ギャング役も、主役陣に匹敵するとされている。

しかし、1940年代後期以降の赤狩りの時期に、共産主義者と疑われてブラックリストに載せられてしまい[2]、映画から離れざるを得なくなってしまう。私生活では絵画コレクターでもあったが、この時期には、当時の妻との離婚による慰謝料捻出のため、長年収集してきたコレクションを300万ドル余り(当時)で手放している。その間はブロードウェイに出演し、1950年代後半から再び映画に出始めるようになった。

1961年(昭和36年)に来日している。

晩年の出演としては、主演のスティーブ・マックイーンを向こうに張る老ギャンブラーとして堂々たる貫禄を見せた『シンシナティ・キッド』(1965年)が挙げられる。

1973年1月26日、79歳で死去。『ソイレント・グリーン』が遺作となった。現役時代にはその演技力への評価にも関わらず、アカデミー賞受賞に一度も至らなかったが、死後の約2ヶ月後に開催された第45回アカデミー賞で名誉賞が授与された。

主な出演作品[編集]

公開年 邦題
原題
役名 備考
1923 ブライト・ショール
The Bright Shawl
ドミンゴ・エスコバル
1929 壁の穴
The Hole in the Wall
フォックス
1930 法の外
Outside the Law
コブラ・コリンズ
1931 犯罪王リコ
Little Caesar
リコ
夜の大統領
Smart Money
ニック
特輯社会面
Five Star Final
ランダル
1932 天晴れウォング
The Hatchet Man
ウォング
二秒間
Two Seconds
ジョン・アレン
虎鮫
Tiger Shark
マイク
1933 笑ふ巨人
The Little Giant
バグズ
1935 俺は善人だ
The Whole Townn's Talking
アーサー・ファーガソン・ジョーンズ
バーバリー・コースト
Barbary Coast
ルイス
1936 弾丸か投票か
Bullets Or Ballots
ジョニー・ブレイク
1937 倒れるまで
Kid Galahad
ニッキー
最後のギャング
The Last Gangster
ジョー
1938 暗黒王マルコ
A Slight Case of Murder
レミー・マルコ
犯罪博士
The Amazing Dr. Clitterhouse
クリッターハウス博士
1939 戦慄のスパイ網
Confessions of a Nazi Spy
エド
1940 偉人エーリッヒ博士
Dr. Ehrlich's Magic Bullet
ポール・エーリッヒ博士
顔役
Brother Orchid
ジョニー
ロイター特派員
A Dispatch from Reuter's
ポール・ユリウス・ロイター
1941 海の狼
The Sea Wolf
ウルフ・ラーセン
大雷雨
Manpower
ハンク・マクヘンリー
1942 詐欺請負会社
Larceny, Inc.
プレッシャー・マックスウェル
運命の饗宴
Tales of Manhattan
ラリー
1943 肉體と幻想
Flesh and Fantasy
タイラー
1944 深夜の告白
Double Indemnity
バートン・キーズ
飾窓の女
The Woman in the Window
リチャード
1945 緑のそよ風
Our Vines Have Tender Grapes
緋色の街 スカーレット・ストリート
Scarlet Street
クリストファー・クロス
1946 ストレンジャー
The Stranger
ウィルソン
1947 赤い家
The Red House
ピート・モーガン
1948 キー・ラーゴ
Key Largo
ジョニー・ロッコ
夜は千の眼を持つ
Night Has a Thousand Eyes
ジョン・トリトン
1949 他人の家
House of Strangers
ジノ カンヌ国際映画祭 男優賞 受賞
1953 目撃者は語らず
Vice Squad
バーニー
1954 死刑五分前
Black Tuesday
ヴィンセント・カネリ
1955 欲望の谷
The Violent Men
ウィルキンソン
消された証人
Tight Spot
ロイド・ハレット
暗黒の叫び
A Bullet for Joey
ラウル
法に叛く男
Illegal
ヴィクター・スコット
地獄の埠頭
Hell on Frisco Bay
ヴィクター・アマト
1956 十戒
The Ten Commandments
デーサン
悪夢の殺人者
Nightmare
レネ
1959 波も涙も暖かい
A Hole in the Head
マリオ・マネッタ
1960 賭場荒し
Seven Thieves
テオ・ウィルキンス
1961 青い目の蝶々さん
My Geisha
サム・ルイス
1962 明日になれば他人
Two Weeks in Another Town
モーリス・クルーガー
1963 サミー南へ行く
Sammy Going South
ウェインライト
逆転
The Prize
マックス・ストラトマン/ウォルター・ストラトマン
1964 ちょっとご主人貸して
Good Neighbor Sam
サイモン
シャイアン
Cheyenne Autumn
カール・シュルツ
暴行
The Outrage
ペテン師
1965 シンシナティ・キッド
The Cincinnati Kid
ランシー・ハワード
1967 ブロンドの罠
La blonde de Pékin
ダグラス
盗みのプロ部隊
Ad ogni costo
ジェームス・アンダース教授
奇想天外・泥棒大作戦
Operazione San Pietro
ジョー・ベントゥーラ
1968 大泥棒
The Biggest Bundle of Them All
サミュエルズ教授
怪盗大旋風
Never a Dull Moment
レオ・ジョセフ・スムース
1969 マッケンナの黄金
Mackenna's Gold
老アダムス
1970 ソング・オブ・ノルウェー
Song of Norway
1973 ソイレント・グリーン
Soylent Green
ソル・ロス

参照[編集]

  1. ^ Parish, James Robert; Marill, Alvin (1972). The Cinema Of Edward G. Robinson. South Brunswick, New Jersey: A. S. Barnes. p. 16. ISBN 0-498-07875-2. 
  2. ^ Sabin, Arthur J. In Calmer Times: The Supreme Court and Red Monday, p. 35. Philadelphia: University of Pennsylvania Press, 1999

外部リンク[編集]