キー・ラーゴ (映画)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
キー・ラーゴ
Key Largo
監督 ジョン・ヒューストン
脚本 リチャード・ブルックス
ジョン・ヒューストン
原作 マクスウェル・アンダーソン
製作 ジェリー・ウォルド
出演者 ハンフリー・ボガート
エドワード・G・ロビンソン
ローレン・バコール
音楽 マックス・スタイナー
撮影 カール・フロイント
編集 ルディ・フェア
製作会社 ワーナー・ブラザーズ
配給 アメリカ合衆国の旗 ワーナー・ブラザーズ
日本の旗 セントラル
公開 アメリカ合衆国の旗 1948年7月16日
日本の旗 1951年11月13日
上映時間 101分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
イタリア語
興行収入 $8,125,000[1]
テンプレートを表示

キー・ラーゴ』(原題: Key Largo)は、マクスウェル・アンダーソン1939年戯曲ジョン・ヒューストン監督により映画化した1948年アメリカ映画

クレア・トレヴァーアカデミー助演女優賞を受賞している。

ストーリー[編集]

フロリダ州珊瑚礁列島フロリダキーズキーラーゴ島に、退役した元少佐フランク・マクラウドが、戦死した部下ジョージ・テンプルの遺族に会いにやって来る。しかし、未亡人ノーラとジョージの老父ジェームズが経営するホテルは、釣り客を装ったロッコをボスとするギャング一味の隠れ家となっていた。

先住民の脱獄囚を追って偶然ホテルを訪れたソーヤー副保安官に怪しまれた一味はソーヤーを拘束し、フランクらに正体を現した上でソーヤーを射殺する。一味は今夜中に偽札をギャング仲間のジギーに渡して逃げるつもりだったが、島にハリケーンがやって来たことで逃亡用の船を失う。そこでロッコは元軍人のフランクにホテルの船を操縦して自分たちをキューバまで連れて行くように命令する。危険なことは避けたいと頭では思いながら、同時に「戦いたい」との気持ちを抑えられないフランクは命令に従うことにする。フランクの身を案じたロッコの情婦ゲイは芝居を打ってロッコにすがりつき、その懐から銃を盗み取って密かにフランクに渡す。船を出したフランクは、ロッコの部下たちが甲板と船室に分かれたタイミングを見て、攻撃を開始する。まず甲板にいたフィーニーを巧みに騙して海に落とし、船酔いで甲板上にへたり込んでいたトーツを射殺する。その際にトーツの撃った弾がフランクの脇腹に当たるが、フランクは痛みをこらえて屋根に登る。そこに慌てて船室から出て来たカーリーをフランクは天窓から撃つ。船室に戻って息絶えたカーリーを見て慌てたロッコはガルシアに甲板に上がるように命令するが、それを拒んだガルシアを咄嗟に射殺してしまう。1人になったロッコは、フランクに様々な取引を持ち出し命乞いをするが、フランクは完全に無視し、船室から出て来たロッコを躊躇なく撃ち殺す。

一味を倒したフランクは船の進路を島に戻し、無線で救助を求める。そしてホテルで待つノーラに無事を伝える。(終)

キャスト[編集]

その他吹替キャスト
今西正男近石真介小林清志渡部猛吉沢久嘉市川治加茂嘉久
日本語吹替版
初回放送1967年6月18日 NET(現・テレビ朝日)『日曜洋画劇場』にて『殺人ホテル』の題で放映。

参考文献[編集]

  1. ^ Movie Key Largo - Box Office Data, News, Cast Information” (英語). The Numbers. 2011年4月2日閲覧。

外部リンク[編集]