ヘンリー・フォンダ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ヘンリー・フォンダ
Henry Fonda
Henry Fonda
レディ・イヴ』(1941年
本名 Henry Jaynes Fonda
生年月日 1905年5月16日
没年月日 1982年8月12日(満77歳没)
出生地 ネブラスカ州グランド・アイランド
死没地 ロサンゼルス
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
身長 187 cm
職業 俳優
ジャンル 映画・テレビ
活動期間 1935年 - 1981年
配偶者 マーガレット・サラヴァン (1931-1932)
フランシス・シーモア・ブロカウ (1936-1950)
スーザン・ブランチャード (1950-1956)
アフデラ・フランチェティ (1957-1961)
シャーリー・アダムス (1965-1982)
家族 ジェーン・フォンダ(娘)
ピーター・フォンダ(息子)
主な作品
怒りの葡萄
荒野の決闘
十二人の怒れる男
黄昏

ヘンリー・フォンダHenry Fonda1905年5月16日 - 1982年8月12日)は、アメリカ合衆国映画俳優、製作者。俳優のジェーン・フォンダピーター・フォンダは2番目の妻との間の子。本名は「Henry Jaynes Fonda」、愛称はハンク(Hank)。

生涯[編集]

ネブラスカ州グランド・アイランドにて[1]、印刷工場を営むクリスチャン・サイエンス教徒の家庭に生まれる[2]。フォンダの家系は、1500年代にイタリアからオランダに移住、1600年代にオランダからアメリカに移民してきたという[3]。生後6ヶ月で、同じ州のオマハに移る。幼い頃から絵や文学の才能に恵まれ、12歳の時にはニュース映画で映画デビューを果たす。

セントラル高校卒業後、新聞記者を目指してミネソタ大学でジャーナリズムを専攻するが卒業はせず、母親の友人であったドロシー・ブランド(マーロン・ブランドの母親)の紹介で20歳の時にでアマチュア劇団オマハ・コミュニティ・プレイハウスに参加、1925年に初舞台を踏む[1]。いくつかの地方巡業の舞台で活躍した後、小売信用会社で働き始める。しかし、演劇の魅力忘れがたく、ついに仕事を辞めて演技の道を選び、1928年にサマー・ストック劇団ケープ・プレイハウスをへて、ユニバーシティ・プレイヤーズ・ギルドに参加、そこで将来フォンダの妻となるマーガレット・サラヴァンや、同じく俳優を目指すジェームズ・スチュアートジョシュア・ローガンと出会うことになる。1929年には『The Game of Life and Death』の通行人役でブロードウェイにデビュー。

1933年にローガンやスチュアートと共にニューヨークに向かい、アパートメントを借りてルームメイトとして生活しながら、その後は様々な劇団で地方の舞台への出演や舞台装置家として働いていて演技を磨く。1934年に『New Face』というショーで認められたことがきっかけで、翌年には『運河のそよ風』の主役に抜擢される。この舞台の成功によってハリウッドに招かれ、1935年ヴィクター・フレミングの同作の映画版で映画デビュー。その後 ヘンリー・ハサウェイの地方ロケ初のカラー映画『丘の一本松』、ベティ・デイヴィスと共演した『或る女』や『黒蘭の女』、フリッツ・ラングの逃避行ドラマ『暗黒街の弾痕』、ジョン・フォードの青年時代のリンカーンを演じた『若き日のリンカン』や南北戦争を舞台にした恋愛ドラマ『モホークの太鼓』など、数年の間に数々の話題作に出演。いかに難しい役でも完全にこなしきる力を持っていたため、フォードは安心してフォンダに役を任す事が出来たという。

20世紀フォックス社と7年の専属契約を結び、1940年には再びフォードと組んでジョン・スタインベックの小説の映画化『怒りの葡萄』に出演。主人公トム・ジョードは当り役となり、初のアカデミー主演男優賞にノミネートされた。1941年にはパラマウント社に貸し出されて『レディ・イヴ』に出演、普段の生真面目なイメージのフォンダからも予想もつかないドタバタ喜劇に挑戦し新たな一面を開拓した。『レディ・イヴ』出演後にアメリカ海軍に入り、3年の間、第二次世界大戦に従軍し、武功を上げて青銅星章Bronze Star Medal)と大統領感状が与えられる。

戦後、軍隊除隊後に再びフォードと組んで、OK牧場の決闘を描いた1946年の『荒野の決闘』でワイアット・アープを演じる。あまり自分の事は語りたがらないフォンダも「数少ない納得できた作品」と語っている。翌年の『逃亡者』と1948年の『アパッチ砦』でもフォードと組んで、ジョン・ウェインと並びフォード映画には欠かせない主演俳優となる。それまで契約していたフォックスとの契約が切れ、他のスタジオとの長期契約を嫌ったフォンダはブロードウェイに戻り、1948年にローガンの舞台『ミスタア・ロバーツ』に主演、たちまち米映画史上空前のヒットとなって、フォンダもトニー賞を受賞するなど、このロバーツ役はトム・ジョード、ワイアット・アープに続く当たり役となり、その後7年間も演じつづけた。このように主に人間味豊かで善良な役を意欲的に演じ続け、ハリウッドでも息の長いスターとなる。特に英語の語り口は絶妙であり、とんとん拍子に数多くの傑作を自分のものとしていった。

6年ほどハリウッドから離れた後、スクリーンに復帰。復帰作である映画版の『ミスタア・ロバーツ』でもロバーツを演じたが、フォンダは撮影開始前から演出を担当したフォードのやり方に満足できず、終いにフォンダが彼の演出が間違っていると非難し、怒ったフォードはフォンダを殴りつけてしまいフォードとは決別、これが二人が組んだ最後の映画となってしまう。50年代は『シーソーの二人』や『ケイン号の叛乱』などの舞台や、テレビシリーズ『胸に輝く銀の星』など映画以外でも活躍。映画もオードリー・ヘプバーンと共演した『戦争と平和』、アルフレッド・ヒッチコックの異色サスペンス『間違えられた男』などに出演。ただ『戦争と平和』についてだけは彼はこの映画に出演した事を後悔し、自作の回顧上映ではこの映画を含めることを拒否したという。1957年には、元々CBSのテレビドラマ(レジナルド・ローズ作、フランクリン・J・シャフナー演出、ロバート・カミングス主演)であった法廷劇『十二人の怒れる男』の映画化に自身もプロデューサーを兼ねて出演、ベルリン映画祭では最優秀作品賞を獲得するなどこれまた映画でも高い評価を得た。

1960年代には多くの西部劇映画や戦争映画に出演。1964年の核戦争の恐怖を描いた『未知への飛行』で手堅い演技を見せ、1968年にはセルジオ・レオーネ監督の『ウエスタン』で初めて悪役に挑戦。 70年代以降は主演作は減り『ミッドウェイ』、『テンタクルズ』、『スウォーム』、『メテオ』などのオールスター映画にゲスト出演で止まる等、以前に比べて精彩を欠いた。1974年に心臓発作に襲われ、ペース・メーカーを入れる。また1979年には前立腺がんの手術を受ける。しかし70歳代になってもテレビや映画や舞台の出演は続けていた。この頃、1979年にピーターが監督した『グランド・キャニオンの黄金』にカメオ出演、1981年にジェーンが年老いた父親のために企画した『黄昏』でキャサリン・ヘップバーンと老夫婦役で主演、ジェーンも娘役として出演した。さらに同年の12月にはボストンのWCVB-TVのドラマ『夏の黄昏』に出演する。

1979年に長年の功績にトニー賞が贈られ、また1981年にはアカデミー特別賞を贈られた時は、まだ元気でロバート・レッドフォードの手からオスカーを受けていた。そして『黄昏』の演技により翌1982年にフォンダはアカデミー主演男優賞とゴールデングローブ賞を受賞、しかしこの時には体調がかなり悪化し、ジェーンが代わりに授賞式に出席した。結局この『黄昏』が遺作となって授賞式の5ヵ月後、77歳で心臓病により死去した。故人の意思を尊重して葬式は行われず、志のある人は自身の俳優としての出発点となったオマハ・コミュニティ・プレイハウスのヘンリー・フォンダ記念演劇センターへの寄付が呼びかけられた。

また俳優としてだけでなく、画家としても才能を持ち、自作の絵をギャラリーや展覧会に出品したり、絵葉書のデザインをしたこともあった。1981年にはハワード・タイクマンがフォンダとのインタビューをもとに彼の生涯を綴った『ヘンリー・フォンダ マイ・ライフ』が出版された(鈴木主税訳、文藝春秋、1982年、文春文庫で「ヘンリー・フォンダ」に改題再刊、1985年)。なお伝記写真集に『ヘンリー・フォンダ 映画・舞台で深い感動を生み出した名優』(近代映画社、2008年)がある。

1962年(昭和37年)11月24日に来日している。

私生活[編集]

ヘンリー・フォンダは生涯で5度結婚している。最初の妻のマーガレット・サラヴァンとは1931年に結婚するも1933年に離婚。1936年にニューヨーク社交界の大物シーモア家の娘で弁護士のフランシス・シーモア・ブロカウと結婚し、ピーターとジェーンの二人の子供をもうける。後に精神病を患ったフランシスは1950年に自殺。フォンダは子供達を動揺させないために母親は心臓発作で死んだと教えたという。同年、舞台関係者のスーザン・ブランチャードと結婚し、養女を一人取るが3年後に離婚。1957年、イタリアの貴族アフデラ・フランチェティと結婚し1961年に離婚[4]。1965年に結婚したスチュワーデス兼モデルだった最後の妻シャーリー・アダムスとは彼の死まで一緒であった。フランシスとの間に生まれたジェーンとピーターは父親の後を追って俳優になるが、母親の死の真相を知った二人と父親の関係は次第に悪化、ジェーンとピーター共に俳優として成功した後も、過激な振る舞いでマスコミを賑わせて一時期フォンダを悩ませた。のちに和解にいたるまで長い時間を要した。

出演代表作[編集]

公開年 邦題
原題
役名 備考
1935 運河のそよ風
The Farmer Takes a Wife
ダン・ハロウ
東への道
Way Down East
デヴィッド・バートレット
恋の歌
I Dream Too Much
ジョナサン・ストリート
1936 浪費者
Spendthrift
タウンゼント・ミドルトン
丘の一本松
The Trail of the Lonesome Pine
デイヴ
月は我が家
The Moon's Our Home
アンソニー・アンバートン/ジョン・スミス
1937 暗黒街の弾痕
You Only Live Once
ケリー・フギルフォールン
暁の翼
Wings of the Morning
エディ・テイラー
或る女
That Certain Woman
ジャック・V・メリック・Jr
1938 再会
I Met My Love Again
イヴェス・タウナー
黒蘭の女
Jezebel
プレストン
封鎖線
Blockade
マルコ
北海の子
Spawn of the North
ジム・キンバーリー
美人は人殺しがお好き
The Mad Miss Manton
ピーター
1939 地獄への道
Jesse James
フランク・ジェームズ
科学者ベル
The Story of Alexander Graham Bell
トーマス・ワトソン
若き日のリンカーン
Young Mr. Lincoln
アブラハム・リンカーン
モホークの太鼓
Drums Along the Mohawk
ギルバート・マーティン
1940 怒りの葡萄
The Grapes of Wrath
トム・ジョード
地獄への逆襲
The Return of Frank James
フランク・ジェームズ
1941 レディ・イヴ
The Lady Eve
チャールズ・パイク
新妻はお医者さま
You Belong to Me
ピーター・カーク
1942 男性
The Male Animal
トミー・ターナー教授
運命の饗宴
Tales of Manhattan
ジョージ
ビッグ・ストリート/愛しき女への挽歌
The Big Street
オーガスタス・ピンカートン2世(リトル・ピンクス)
1943 牛泥棒
The Ox-Bow Incident
ギル・カーター
1946 荒野の決闘
My Darling Clementine
ワイアット・アープ
1947 朝はまだ来ない
The Long Night
ジョー・アダムス
逃亡者
The Fugitive
逃亡者
哀しみの恋
Daisy Kenyon
ピーター
1948 我が道は楽し
On Our Merry Way
ランク
アパッチ砦
Fort Apache
オーウェン・サーズデイ中佐
1955 ミスタア・ロバーツ
Mister Roberts
ダグラス・A・ロバーツ
1956 戦争と平和
War and Peace
ピエール
間違えられた男
The Wrong Man
マニー
1957 十二人の怒れる男
12 Angry Men
陪審員8番(デイヴィス氏) 英国アカデミー賞男優賞 受賞
胸に輝く星
The Tin Star
モーグ・ヒックマン
1958 女優志願
Stage Struck
ルイス・イーストン
1959 ワーロック
Warlock
クレイ・ブレイズデール
断絶の嵐
The Man Who Understood Women
ウィリー
1962 野望の系列
Advise & Consent
ロバート・A・レフィングウェル
史上最大の作戦
The Longest Day
セオドア・ルーズベルト・Jr
西部開拓史
How the West Was Won
ジェスロ・スチュアート
1963 スペンサーの山
Spencer's Mountain
クレイ・スペンサー
1964 最後の勝利者
Thew Best Man
ウィリアム・ラッセル
未知への飛行
Fail-Safe
大統領
求婚専科
Sex and the Single Girl
フランク・ブロデリック
1965 ランダース
The Rounders
マリオン・ルイス
危険な道
In Harm's Way
太平洋艦隊指令長官
秘密大戦争
The Dirty Game
ディミトリ
バルジ大作戦
Battle of the Bulge
カイリー中佐
1966 テキサスの五人の仲間
A Big Hand for the Little Lady
メレディス/ベニー・ベイリー
1967 太陽の流れ者
Stranger on the Run
ベン テレビ映画
ファイヤークリークの決斗
Firecreek
ボブ・ラーキン
1968 刑事マディガン
Madigan
アンソニー・X・ラッセル
合併結婚
Yours, Mine and Ours
フランク
絞殺魔
The Boston Strangler
ジョン・S・ボトムリー
ウエスタン
C'era una volta il West
フランク
1970 燃える戦場
Too Late the Hero
ジョン・G・ノーラン大佐
大脱獄
There Was a Crooked Man...
ウッドワード
1971 オレゴン大森林/わが緑の大地
Sometimes a Great Notion
ヘンリー・スタンパー
1973 赤い仔馬
The Red Pony
カール・ティフリン
エスピオナージ
Le Serpent
アラン・デイヴィス
別離
Ash Wednesday
マーク・ソーヤー
ミスター・ノーボディ
My Name is Nobody
ジャック
1974 ブラック・シャツ/独裁者ムッソリーニを狙え!
Mussolini: Ultimo atto
1976 決裂への道/トルーマン対マッカーサー
Collision Course: Truman vs. MacArthur
ダグラス・マッカーサー テレビ映画
ミッドウェイ
Midway
チェスター・W・ニミッツ大将
1977 テンタクルズ
Tentacles
ホワイトヘッド氏(トロージャン建設社長)
ジェット・ローラー・コースター
Rollercoaster
サイモン・ダヴェンポート
1978 ザ・ビッグ・バトル
Battle Force
フォスター
悲愁
City on Fire
学長
スウォーム
The Sworm
ウォルター・クリム博士
1979 メテオ
Meteor
大統領
グランドキャニオンの黄金
Wanda Nevada
シティ・オン・ファイア
City on Fire
アルバート
1980 冤罪
Gideon's Trumpet
クラレンス・アール・ギデオン テレビ映画
1981 黄昏
On Golden Pond
ノーマン アカデミー主演男優賞 受賞
ゴールデングローブ賞 主演男優賞 (ドラマ部門) 受賞

受賞歴[編集]

アカデミー賞[編集]

受賞
1981年 アカデミー主演男優賞アカデミー特別賞:『黄昏
ノミネート
1941年 アカデミー主演男優賞:『怒りの葡萄
1958年 アカデミー作品賞:『十二人の怒れる男

ゴールデングローブ賞[編集]

受賞
1980年 セシル・B・デミル賞
1982年 主演男優賞 (ドラマ部門):『黄昏
ノミネート
1958年 主演男優賞 (ドラマ部門):『十二人の怒れる男

関連項目[編集]

  • マッカーシズム
  • バラ:黄色いバラを愛して多数栽培していたことから、黄色いバラの品種の一つに「ヘンリー・フォンダ」と命名されている。

参照[編集]

  1. ^ a b Bain, David Haward (2004). The Old Iron Road: An Epic of Rails, Roads, and the Urge to Go West. New York City, New York: Penguin Books. pp. 65–6. ISBN 0-14-303526-6. 
  2. ^ Fonda, Henry (1982). Fonda: My Life. Fulcrum Publishing. ISBN 0-453-00402-4. 
  3. ^ Fonda family history and genealogy website
  4. ^ Graziano Arici Archives / GA016526: Celebrities from '40's to '70's. Graziano Arici Photographer. Retrieved on January 11, 2007.

外部リンク[編集]