ライオネル・バリモア

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ライオネル・バリモア
Lionel Barrymore
Lionel Barrymore
1932年
本名 Lionel Herbert Blythe
生年月日 1878年4月28日
没年月日 1954年11月15日(満76歳没)
出生地 ペンシルベニア州フィラデルフィア
死没地 カリフォルニア州ビバリーヒルズ
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
配偶者 ドリス・ランキン (1904-1923)
Irene Fenwick (1923-1936)

ライオネル・バリモア(Lionel Barrymore、1878年4月28日-1954年11月15日)はアメリカ合衆国の映画俳優、舞台俳優。

略歴[編集]

イングランド人[1]俳優モーリス・バリモア(Maurice Barrymore、本名 Herbert Arthur Chamberlayne Blythe)と米国[2]の女優ジョージアナ・ドリュー(Georgiana Drew)夫妻の長男として生まれる。本名ライオネル・プライス。妹エセル・バリモア、弟ジョン・バリモアも高名な俳優。

芸能一家のため、少年時代から舞台に立っている。どちらかというと悪役、軍隊の将官、父親などの年上の役が似合っていた。1911年にはバイオグラフ・カンパニーに誘われ、D・W・グリフィス監督の下で、数本の映画の脚本を書いて、端役を演じたが、バリモアにとってはあまり満足できる結果にならなかった。しかし、1917年には一躍舞台での花形スターになる。

その直後、映画界へ誘われてMGMと異例の25年契約を結び、その中には映画監督を許可するという条項もあった。だが、映画監督としては、『マダムX』(1929)でアカデミー監督賞にノミネートされたが、あまり結果を出せずに1931年には演技に専念するよう契約を変えた。1930年代初期にMGM作品で見せたセンチメンタルで気難しい祖父役やけちな大金持ちなどの役でファンに愛された。

自由の魂』(1931)では大酒飲みで、常識にとらわれない心を持った刑事弁護士を演じてアカデミー男優賞を得た。この作品に出演するまでのバリモアは、役者より監督に魅力を感じていたらしいが、この受賞で彼はMGMと契約を書き換えたと言われる。映画出演は1953年まで続いたが、1938年以来、関節炎と2度の転倒で車椅子の生活を余儀なくされた。晩年はTVでの活動は拒否し、ラジオの出演のみで余生を送った。

主な出演作品[編集]

公開年 邦題
原題
役名 備考
1917 奴の伜か
His Father's Son
J. Dabney Barro
1920 マスターマインド
The Master Mind
ヘンリー・アレン
1923 女性の敵
Enemies of Women
Prince Lubimoff
永遠の都
The Eternal City
ボネリ男爵
1924 アメリカ
America
ウォルター・バトラー
1926 ベルス
The Bells
マティアス
明眸罪あり
The Temptress
カントラック
1927 見世物
The Show
ギリシャ人
1928 港の女
Sadie Thompson
アルフレッド・デヴィッドソン
愛の太鼓
Drums of Love
Duke Cathos de Alvia
ザンジバーの西
West of Zanzibar
クレイン
1929 ハリウッド・レヴィユー
The Hollywood Revue of 1929
本人 クレジットなし
1931 自由の魂
A Free Soul
スティーブン・アッシュ アカデミー主演男優賞 受賞
戦く幻影
Guilty Hands
リチャード・グラント
マタ・ハリ
Mata Hari
General Shubin
1932 私の殺した男
Broken Lullaby
ホルダーリン
アルセーヌ・ルパン
Arsène Lupin
Detective Guerchard
グランド・ホテル
Grand Hotel
クリンゲライン
1933 南風
The Stranger's Return
ストー
晩餐八時
Dinner at Eight
オリヴァー・ジョーダン
夜間飛行
Night Flight
Insp. Robineau
1934 心の緑野
Carolina
ボブ・コネリー
わたし純なのよ
The Girl from Missouri
T・R・ペイジ
宝島
Treasure Island
ビリー・ボーンズ
1935 孤児ダビド物語
The Personal History, Adventures, Experience, and Observation of David Copperfield, the Younger
ダン・ペゴティ
小聯隊長
The Little Colonel
ロイド大佐
古城の妖鬼
Mark of the Vampire
教授
男性No.1
Public Hero #1
ドクター
噫、初恋
Ah, Wilderness!
ナット
1936 永遠の戦場
The Road to Glory
パパ・ラ・ロシュ
悪魔の人形
The Devil-Doll
ラボンド
豪華一代娘
The Gorgeous Hussy
アンドリュー・ジャクソン
椿姫
Camille
デュヴァル
1937 我は海の子
Captains Courageous
ディスコ
サラトガ
Saratoga
クレイトン
海の若人
Navy Blue and Gold
スキニー
1938 響け凱歌
A Yank at Oxford
ダン・シェリダン
テスト・パイロット
Test Pilot
ドレイク
我が家の楽園
You Can't Take It with You
マーティン・バンダーホフ
1940 星は地上を見ている
The Stars Look Down
- ナレーションのみ、クレジットなし
1941 荒野の掠奪
The Bad Man
ヘンリー・ジョーンズ
1942 剣なき闘い
Tennessee Johnson
サディウス・スティーヴンス
1944 君去りし後
Since You Went Away
聖職者
恋愛聴診器
3 Men in White
Dr. Leonard B. Gillespie
1945 愛の決断
The Valley of Decision
パット・ラファティ
1946 夢みる少女
Three Wise Fools
Dr. Richard Gaunght
素晴らしき哉、人生!
It's a Wonderful Life
ヘンリー・F・ポッター
秘めたる心
The Secret Heart
Dr. Rossiger
白昼の決闘
Duel in the Sun
ジャクソン・マッカネル
1948 キー・ラーゴ
Key Largo
ジェームズ・テンプル
1949 海の男
Down to the Sea in Ships
ベリング・ジョイ船長
1952 栄光の星の下に
Lone Star
アンドリュー・ジャクソン
1953 ブロードウェイへの道
Main Street to Broadway
本人

監督[編集]

公開年 邦題
原題
役名 備考
1929 マダムX
Madame X
- 監督のみ
1931 十仙ダンス
Ten Cents a Dance
- 監督のみ

脚注[編集]

  1. ^ インド生まれのイングランド人。後にアメリカに帰化。
  2. ^ 父ジョン・ドリュー(John Drew)はアイルランドから幼い時にアメリカに移民して来た俳優。母ルイーザ・レイン・ドリュー(Louisa Lane Drew)はイングランド人の舞台女優。

外部リンク[編集]