ビリー・クリスタル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Billy Crystal
ビリー・クリスタル
ビリー・クリスタル
2012年
本名 William Edward Crystal
生年月日 1948年3月14日(66歳)
出生地 ニューヨーク州
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
民族 ユダヤ系アメリカ人
血液型 B型
職業 俳優コメディアン
活動内容  映画、スタンダップ・コメディー、映画製作
配偶者  ジャニス ゴールドフィンガー
主な作品
映画
恋人たちの予感
シティ・スリッカーズ
アナライズ・ユー』  

ビリー・クリスタル(Billy Crystal、1948年3月14日 - )は、アメリカ合衆国出身の俳優コメディアン

プロフィール[編集]

ニューヨーク州ロングアイランドロシア系、ウクライナ系のユダヤ人の血を引く両親の元に生まれる[1]。なお父親は音楽プロデューサーで、叔父も音楽関係者というショービジネスに縁が深い家柄である。

野球選手を目指し奨学金を得てハンティントン大学へ進学するが[1]、その後ニューヨーク大学へ転校し演劇を学び[2]コメディアンの道へと進む。ニューヨーク・ヤンキースファンである。2008年3月13日、ニューヨーク・ヤンキースと1日だけ契約し長年の夢が現実のものとなる(後述)。

当初はスタンダップ・コメディアンとして活躍し、その後人気番組である『サタデー・ナイト・ライブ』へ出演し全国的な人気を博す。これまで6回エミー賞を受賞している。

奇想天外なシットコムとして人気を博したカルトなドラマ『ソープ』のレギュラー出演では、クレイジーな登場人物が入り乱れるファミリー・コメディでゲイの次男の役柄(BILLY TATE)を演じた(「常に腹話術の人形を持っている」と書かれていたが間違い。腹話術の人形を持っていたのは、後に登場する腹違いの兄でボブ)。

また、1978年に『Rabbit Test』で映画デビューし、『恋人たちの予感』でスクリーンでも知名度は飛躍。『シティ・スリッカーズ』など数々の映画にも出演。また、映画作品の監督やプロデュースなども行う。

スタンダップ・コメディの経験を生かし、アカデミー賞の司会を1990年、1991年、1992年、1993年、1997年、1998年、2000年、2004年と2012年の9回担当した。

主な出演作[編集]

公開年 邦題
原題
役名 備考
1977 パニック・イン・SST/デス・フライト
SST: Death Flight
デヴィッド テレビ映画
1977-1981 SOAP ソープ
Soap
ジョディ・ダラス テレビシリーズ、78エピソード
1980 アニマリンピックス
Animalympics
声の出演
原爆投下機/B-29エノラ・ゲイ~一九四五・八・六・ヒロシマ~
Enola Gay: The Men, the Mission, the Atomic Bomb
ジェイク テレビ映画
1984 スパイナル・タップ
This Is Spinal Tap
モーティ
1986 シカゴ・コネクション/夢みて走れ
Running Scared
ダニー・コスタンゾ
鬼ママを殺せ
Through Mama from the Train
ラリー
1987 プリンセス・ブライド・ストーリー
The Princess Bride
ミラクル・マックス
1988 メモリーズ・オブ・ミー
Memories of Me
アビー 脚本・出演・製作
1989 恋人たちの予感
When Harry Met Sally...
ハリー・バーンズ
1991 シティ・スリッカーズ
City Slickers
ミッチ・ロビンズ 出演・製作総指揮
1992 ミスター・サタデー・ナイト
Mr. Saturday Night
バディ・ヤングJr 監督・脚本・出演・製作
1994 シティ・スリッカーズ2/黄金伝説を追え
City Slickers II: The Legend of Curly's Gold
ミッチ・ロビンズ 脚本・出演・製作
1995 彼と彼女の第2章
Forget Paris
ミッキー・ゴードン 監督・脚本・出演・製作
1996 ハムレット
Hamlet
墓堀人
1997 ファーザーズ・デイ
Fathers' Day
ジャック・ローレンス
地球は女で回っている
Deconstructing Harry
ラリー/悪魔
1998 マイ・ジャイアント
My Giant
サミー 原案・出演・製作
1999 アナライズ・ミー
Analyze This
ベン・ソベル
2001 アメリカン・スウィートハート
America's Sweethearts
リー・フィリップス
モンスターズ・インク
Monsters, Inc.
マイク・ワゾウスキー 声の出演
2002 アナライズ・ユー
Analyze That
ベン・ソベル 出演・製作総指揮
2006 カーズ
Cars
マイク・カー 声の出演
2010 妖精ファイター
Tooth Fairy
ジェリー クレジットなし
2012 スモール・アパートメント ワケアリ物件の隣人たち
Small Apartments
バート
かぞくモメはじめました
Parental Guidance
アーティー・デッカー
2013 モンスターズ・ユニバーシティ
Monsters University
マイク・ワゾウスキー 声の出演

ヤンキースとの関わり[編集]

2008年3月13日、ヤンキースと1日だけマイナー契約を結び、メジャーの春季キャンプに招待された。翌日の60回目の誕生日にちなんだ背番号60のユニフォームを着用し、ピッツバーグ・パイレーツとの練習試合に「1番DH」で出場。パイレーツの先発ポール・マホームと対戦したが三振に打ち取られ、ジョニー・デイモンと交代した。試合後「信じられない。人生で最高の出来事だった」と語った[3][4]

脚注[編集]

  1. ^ a b Fischler, Marcelle S. (2005年2月27日). “700 Memories of Childhood in Long Beach”. The New York Times. http://www.nytimes.com/2005/02/27/nyregion/thecity/27LONG.html?pagewanted=all 2012年11月5日閲覧。 
  2. ^ Billy Crystal Biography”. Yahoo! Movies. 2008年1月16日閲覧。
  3. ^ “ビリー・クリスタル、大好きなヤンキースに参加!”. シネマトゥデイ. (2008年3月24日). http://www.cinematoday.jp/page/N0013183 2012年12月13日閲覧。 
  4. ^ Yankees News

外部リンク[編集]