クローデット・コルベール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
クローデット・コルベール
Claudette Colbert
クローデット・コルベールClaudette Colbert
 映画『霧笛の波止場』(1933年)の一場面
本名 Émilie Chauchoin
生年月日 1903年9月13日
没年月日 1996年7月30日(満92歳没)
出生地 サン=マンデ
国籍 フランスの旗 フランス
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
配偶者 ノーマン・フォスター
(1928–1935 )
ジョエル・プレスマン
(1935–1968 )

クローデット・コルベールClaudette Colbert, 本名:エミリー・ショーショワン(ニックネームはリリー)、1903年9月13日 - 1996年7月30日)はフランス生まれのアメリカ合衆国女優1930年代40年代スクリューボール・コメディで人気を博したコメディエンヌ。

経歴[編集]

パリ近郊のサン=マンデにて生まれる[1]。父親は銀行家で、彼女が子供の時に家族でニューヨーク市に引っ越したため[2][3]、フランス語と英語の両方を話すバイリンガルとして育った。高校卒業後、婦人服店に勤めながら、ファッション・デザイナーを志しアートスクールに通うが、劇作家に頼まれ、1923年にブロードウェイで舞台デビュー。父方の祖母の旧姓コルベールを付けて芸名にした[4]

1927年にフランク・キャプラの『力漕一挺身』でデビューするも、作品はまったく成功しなかった。もともと映画より舞台に専念したかった彼女は、これが最初で最後の映画になると思ったが、大恐慌によって多くの劇場が閉鎖される中、映画に活路を見出さざるを得なかった。2年後の『女は嘘つき』がヒットし、コンスタントに映画に出演するようになった。

1934年に『或る夜の出来事』でクラーク・ゲイブルと共演、 自身が勝手に決めた結婚相手を父親に反対され説得されるも、反発し逃げ出すと言う、富裕層にありがちである甘やかされた自己中心的な令嬢役をコミカルに演じ、アカデミー主演女優賞を受賞。1936年には年収30万ドルを稼ぎ、アメリカで最も高収入の女優の一人となった。

1945年には、所属していた映画会社パラマウントとの契約が切れ、フリーの身となってしばらくは順調に映画出演が続くがこれまでの勢いは徐々に下落していった[5]。1950年の戦争映画『三人帰る』では日本人俳優早川雪洲とも共演したが、商業的にヒットしなかった[6]

1950年代後半はテレビ番組でゲスト出演していたが結局ブロードウェーに戻った。1958年の舞台『The Marriage Go-Round』ではトニー賞にノミネートされている。1950年代中盤で映画界を事実上引退した後は、マンハッタンのアパートとカリブ海の島国バルバドスの家に住んだ[6]。1987年のテレビ作品『グレンヴィル家の秘密』ではゴールデングローブ賞を受賞し、エミー賞にもノミネートされた。92歳で脳卒中のため死去。子供のいなかったコルベールの遺産のほとんどは、長年の女友達に与えられた[7][8]

私生活では二度結婚しているが、最初の夫とはハリウッドで同居せず[9]、二番目の夫とも1950年代中盤以降は基本的に別居した。結婚は偽装であり、実はレズビアンではないかという多くの噂が流れた[10]。またクローズアップでは顔の左からの撮影しか許さなかった事で有名[11]

なお古いソースでは1905年生まれとなっているが、新しいソースでは1903年生まれに訂正されている[10]

フランス出身でありながらハリウッド映画で主に活動した女優は他にルネ・アドレー、レスリー・キャロン、コリンヌ・カルヴェ等がいる。

主な出演作品[編集]

公開年 邦題
原題
役名 備考
1927 力漕一挺身
For the Love of Mike
メアリー
1929 壁の穴
The Hole in the Wall
ジェーン・オリヴァー
女は嘘つき
The Lady Lies
ジョイス
1930 恋愛四重奏
Young Man of Manhattan
アン・ヴォーン
チゥインガム行進曲
The Big Pond
バーバラ・ビリングス
屠殺者
Manslaughter
リディア・ソーン
1931 彼女の名誉
Honor Among Lovers
ジュリア
陽気な中尉さん
The Smiling Lieutenant
フランジー
女秘書の秘密
Secrets of a Secretary
ヘレン・ブレイク
貨物船と女
His Woman
サリー・クラーク
1932 百米恋愛自由型
Misleading Lady
ヘレン・スティール
お化け大統領
The Phantom President
セシリア・ハモンド
暴君ネロ
The Sign of the Cross
ポッパエア・サビナ
1933 霧笛の波止場
I Cover the Waterfront
ジュリー・カーク
三角の月
Three-Cornered Moon
エリザベス
ブルースを唄ふ女
Torch Singer
サリー・トレント(ミミ・ベントン)
1934 恐怖の四人
Four Frightened People
ジュディ・ジョーンズ
或る夜の出来事
It Happened One Night
エリー アカデミー主演女優賞 受賞
クレオパトラ
Cleopatra
クレオパトラ
模倣の人生
Imitation of Life
ビー・プルマン
1935 輝ける百合
The Gilded Lily
マリリン・デイヴィッド
白い友情
Private Worlds
ジェーン・エヴェレスト
社長は奥様がお好き
She Married Her Boss
ジュリア・スコット
花嫁の感情
The Bride Comes Home
ジャネット
1936 二国旗の下に
Under Two Flags
シガレット
1937 セイルムの娘
Maid of Salem
バーバラ・クラーク
巴里で逢った彼
I Met Him in Paris
ケイ・デナム
トヴァリッチ
Tovarich
タチアナ・ペトロヴナ・ロマノフ
1938 青髭八人目の妻
Bluebeard's Eighth Wife
ニコール
舞姫ザザ
Zaza
ザザ
1939 ミッドナイト
Midnight
エヴァ・ピーボディ
モホークの太鼓
Drums Along the Mohawk
ラナ
1940 ブーム・タウン
Boom Town
ベッツィー・バートレット
囁きの木陰
Arise, My Love
オーガスタ・ナッシュ
1941 ひばり
Skylark
リディア
追憶
Remember the Day
ノラ
1942 パームビーチ・ストーリー
The Palm Beach Story
ジェリー・ジェファーズ
1943 淑女と拳骨
No Time for Love
キャサリン・グラント
1944 君去りし後
Since You Went Away
アン・ヒルトン
1945 奥様の冒険
Guest Wife
メアリー・プライス
1946 離愁
Tomorrow Is Forever
エリザベス・ハミルトン
恋愛超特急
Without Reservations
キット
秘めたる心
The Secret Heart
リー・アダムス
1947 卵と私
The Egg and I
ベティ・マクドナルド
1948 眠りの館
Sleep, My Love
アリソン・コートランド
1949 ママの新婚旅行
Family Honeymoon
ケイティ・アームストロング・ジョーダン
花嫁売ります
Bride for Sale'
ノラ・シェリー
1950 三人の帰宅
Three Came Home
アグネス・ニュートン・キース
狙われた結婚
The Secret Fury
エレン
1951 結婚しましょう
Let's Make It Legal
ミリアム
1952 マレー・ゲリラ戦
The Planter's Wife
リズ・フレイザー
1954 運命
Destinées
エリザベス
1961 二十歳の火遊び
Parrish
エレン・マクリーン

脚注 [編集]

  1. ^ COLBERT, Claudette. British Film Institute. BFI.org.uk.
  2. ^ Quirk, Claudette Colbert, p. 5.
  3. ^ Ellis Island National Monument: Destined For Fame”. American Park Network. 2013年2月25日閲覧。
  4. ^ Claudette Colbert”. ブリタニカ百科事典. 2009年11月16日閲覧。
  5. ^ Claudette Colbert”. Turner Classic Movies. 2009年11月16日閲覧。
  6. ^ a b Pace, Eric (1996年7月31日). “Claudette Colbert, Unflappable Heroine of Screwball Comedies, is Dead at 92.”. ニューヨーク・タイムズ. http://www.nytimes.com/1996/07/31/movies/claudette-colbert-unflappable-heroine-of-screwball-comedies-is-dead-at-92.html?sec=&spon=&pagewanted=1 2009年11月16日閲覧。 
  7. ^ Stephanie Harvin, "O'Hagan, a Legend at Saks", Post and Courier, 23 August 1996
  8. ^ "Colbert's Will Provides for Longtime Friends", Austin American-Statesman, 10 August 1996, page B12
  9. ^ Claudette Colbert”. TCM. 2013年2月9日閲覧。
  10. ^ a b Soares, Andre (Mar 28, 2007 ). “Claudette Colbert: James Robert Parish Discusses the Legendary Paramount Star”. Alternative Film Guide. 2009年11月16日閲覧。
  11. ^ クローデット・コルベール(Claudette Colbert) のプロフィール”. allcinema. 2010年8月31日閲覧。

外部リンク[編集]