ジミー・キンメル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ジミー・キンメル
Jimmy Kimmel
Jimmy Kimmel
Kimmel, 2012年
本名 James Christian Kimmel
生年月日 1967年11月13日(46歳)
出生地 アメリカ合衆国の旗アメリカニューヨーク市
ジャンル 司会者
コメディアン
俳優
プロデューサー
活動期間 1989年-現在
配偶者 Gina Kimmel (1988年-2002年)
主な作品
ジミー・キンメル・ライブ!
受賞
デイタイム・エミー賞(1999)

ジミー・キンメルJimmy Kimmel1967年11月13日 - )は、アメリカ合衆国ニューヨーク市生まれの司会者コメディアン声優俳優プロデューサーである。

来歴[編集]

1967年11月13日ニューヨーク市ブルックリン区ドイツ系の父とイタリア系の母の元生まれる。母親は主婦で父親はIBMの重役だった。敬虔なカトリック教会を信仰する家庭で、キンメル自身も堂役を務めていた。キンメルが9歳の時に一家はラスベガスへ移住。地元の高校を卒業後、ネバダ大学ラスベガス校へ1年だけ在学してアリゾナ州立大学へ籍を移したが中退。高校在学時より、校内ラジオのホストを務めたことからエンターテイメントに興味を持ち始め、アリゾナ州のラジオ局のパーソナリティとしてキャリアをスタートさせる。全米各地のFM局でパーソナリティとしてキャリアを重ね、朝の番組などを担当した。パーソナリティ時代にはラジオ番組内に『Jimmy The Sports Guy』というコーナーも持ち、そのコーナーは5年続く人気を博した。

1997年コメディ・セントラルで放送されていたベン・スタイン司会のクイズ番組、『Win Ben Stein's Money』に出演しテレビ界に進出。持ち前のコメディセンスなどが讃えられ、1999年にはスタインと共にデイタイム・エミー賞を受賞した。

2003年1月26日ABC製作による自身の冠番組『ジミー・キンメル・ライブ!』が放送開始され、司会者としての確固たる地位を築き上げた。同番組の開始当初は収録によるテレビ放映だったが、現在は生放送で放映されている。同番組内ではかつて日本から南原清隆ネプチューンらによるユニットはっぱ隊がゲスト出演した。同番組にゲスト出演した俳優のマット・デイモンとキンメルとの間で、互いを茶化し合うプロモーションビデオが制作された。キンメル側はデイモンと同郷の俳優ベン・アフレックとの仲を茶化す内容で、デイモン側は当時キンメルが付き合っていたサラ・シルバーマンとの仲を茶化す内容のものだった。互いのビデオには多数の著名俳優(ブラッド・ピットハリソン・フォードなど)が出演しており、アメリカ国内で話題となった。

自身の番組以外においても、ライバルのデヴィッド・レターマンジェイ・レノのトークショーや『ファミリー・ガイ』や『ロボット・チキン』などといったテレビアニメにおける声のゲスト出演、本人役でいくつかの映画にも出演している。また、2012年にはエミー賞の司会を務めた。

2013年10月16日の「ジミー・キンメル・ライブ!」内で、キンメルの「米国が抱える中国に対する約1兆3000億ドルの借金問題を解決するにはどうすれば良いか」という質問に、白人の児童が「中国人を地球の片隅に集めて皆殺しにすれば良い」と答えたことが政治的な騒動に発展[1]。児童の答えにキンメルが「それは非常に面白い方法だ」と返したこともあり、10月30日にはロサンゼルスの中国系住民らがABCテレビのオフィス前でデモを展開し、キンメル本人が謝罪したものの、11月9日には在米中国人や中国系住民計数千人がロサンゼルスやニューヨークワシントンなど全米27都市でデモを行った[2]

私生活[編集]

1988年に最初の結婚をしており、2人の子供をもうけたが、2002年に離婚。その後、女優コメディアンサラ・シルバーマンと5年間交際していたが破局。2013年7月、モリー・マクニアリーと結婚した[3]

出演作品[編集]

映画[編集]

  • Delinquent's Derby (1995)
  • Down to You (2000)
  • ロード・トリップ Road Trip (2000) ※声の出演
  • ロスト・キッズ (2002) ※ノークレジット
  • ガーフィールド (2004) ※声の出演
  • Danny Roane: First Time Director (2006)

テレビドラマ[編集]

テレビアニメ[編集]

  • ファミリー・ガイ Family Guy (2001)
  • Crank Yankers (2003 - 2007)
  • ロボット・チキン Robot Chicken (2006)
  • Drown Together (2006)

テレビ番組[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]