ロバート・モンゴメリー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Robert Montgomery
ロバート・モンゴメリー
ロバート・モンゴメリー
夜は必ず来る』(1937年)トレーラー
本名 ヘンリー・モンゴメリー・ジュニア
Henry Montgomery Jr.
生年月日 1904年5月21日
没年月日 1981年9月27日(満77歳没)
出生地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 ニューヨーク州ビーコン
死没地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 ニューヨーク州ニューヨーク
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
職業 俳優映画監督映画プロデューサー
ジャンル 映画テレビ映画
活動期間 1929年 - 1960年
活動内容 1929年 MGMでエキストラ出演する
1935年 映画俳優組合代表就任
1946年 監督デビュー
1950年 『ロバート・モンゴメリー・プレゼンツ』放送開始
配偶者 エリザベス・アレン
1928年 - 1950年 離婚
Elizabeth "Buffy" Grant Harkness
1950年 - 1981年 死別
家族 エリザベス・モンゴメリー 次女
ロバート・モンゴメリー・ジュニア 長男
主な作品
出演
夜は必ず来る
監督
湖中の女
テレビ映画
ロバート・モンゴメリー・プレゼンツ

ロバート・モンゴメリーRobert Montgomery, 1904年5月21日 - 1981年9月27日)は、アメリカ合衆国俳優映画監督映画プロデューサーである。

人物・来歴[編集]

1904年(明治37年)5月21日、アメリカのニューヨーク州ビーコンに生まれる。

1929年(昭和4年)、25歳のころ、MGMで、ジョン・S・ロバートソン監督のグレタ・ガルボ主演映画『船出の朝』にエキストラ出演する。

1933年(昭和8年)、映画俳優組合の結成に参加、1935年(昭和10年) - 1938年(昭和13年)、第二次世界大戦後の1946年(昭和21年) - 1947年(昭和22年)の2回にわたって代表を務めた。

1946年(昭和21年)、レイモンド・チャンドラー原作の映画『湖中の女』でフィリップ・マーロウを演じ、同作で映画監督としてデビューした。同作は、フランスの詩人・映画監督のジャン・コクトーらが主宰するシネクラブ「オブジェクティフ49」が1949年(昭和24年)7月29日 - 8月5日に、ピレネー=アトランティック県ビアリッツで開いた「呪われた映画祭」に選ばれ、上映された。

1950年(昭和25年)1月30日、テレビ映画シリーズ『ロバート・モンゴメリー・プレゼンツ』が、NBCで放映を開始する。のちに『奥さまは魔女』の主人公サマンサ役で知られる次女のエリザベス・モンゴメリーは、同番組で1955年にデビューしている。同番組は、1957年(昭和32年)6月24日までつづいた。

1981年(昭和56年)9月27日、ニューヨーク州ニューヨークで死去した。満77歳没。ハリウッド・ウォーク・オブ・フェームに、映画(6440 Hollywood Blvd.)とテレビ(1631 Vine Street)における功績により、2か所に名を残す。

おもなフィルモグラフィ[編集]

タイトルギャラリー[編集]

関連事項[編集]

[編集]

外部リンク[編集]