エリザベス・モンゴメリー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
エリザベス・モンゴメリー
Elizabeth Montgomery
エリザベス・モンゴメリーElizabeth Montgomery
1967年のエリザベス
生年月日 1933年4月15日
没年月日 1995年5月18日(満62歳没)
出生地 カリフォルニア州ロサンゼルス
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
職業 女優
主な作品
奥さまは魔女

エリザベス・モンゴメリーElizabeth Montgomery, 1933年4月15日 - 1995年5月18日)は、アメリカ映画テレビ番組で活躍した女優。アメリカ三大テレビネットワークの一つであるABCで放映された『奥さまは魔女 Bewitched』の主役の魔女サマンサを演じたことで広く知られる。

生涯[編集]

カリフォルニア州ロサンゼルスに俳優ロバート・モンゴメリーとエリザベス・ブライアン・アレンの間に生まれる。彼女が生まれる前になくなった姉(マーサ・ブライアン・モンゴメリー)と、1936年に生まれた弟(ロバート・モンゴメリー・ジュニア Robert Montgomery Jr.)がいる[1]

生涯、4度の結婚を経験している。1954年21歳の時、父親の番組の舞台マネージャーだったフレッド・キャンマンと最初の結婚。しかし、ハリウッド進出を望むエリザベスとの考え方の相違から、1年後には離婚。1956年、23歳で当時42歳のギグ・ヤングと結婚するが、ヤングのアルコール依存症で結婚生活は破たん。1963年から10年間は映画監督で『奥さまは魔女』のプロデューサーであるウィリアム・アッシャー(William Asher)と結婚生活を送り、アッシャーとの間に3人の子供を儲ける。この関係はアッシャーの不倫によって終わりを告げ1974年に離婚。2年間リチャード・マイケルズと同棲の後、1993年に俳優ロバート・フォックスワースと結婚し、終生添い遂げることになる。

1995年5月18日、大腸癌により62歳で死去。当時、フォックスワースの手術の世話で忙しくしていて、手遅れになってしまうまで病気の兆候を無視していたため、癌の診断から亡くなるまでたった8週間であった。エリザベスは回復の望みがないと知ると、病院での死を望まず、フォックスワースとのビバリーヒルズの自宅に戻り、そこで家族が見守るなか亡くなった。実生活では喫煙者だった。

女優として[編集]

1955年に父の出演するテレビ番組『ロバート・モンゴメリー・プリゼンツ Robert Montgomery Presents』と、映画『軍法会議』でデビューを果たす。

1964年から1972年にわたって放映された出世作で、唯一のテレビシリーズとなった『奥さまは魔女』は大成功を収めた。シーズン8まで続いたこの作品は数々の再放送・配信がなされ現在でも世界中で広く知られる作品となっており、また後にニコール・キッドマンがサマンサ役を演じて『奥さまは魔女』として映画リメークされている。エリザベスはサマンサ役で5度エミー賞を受賞、ゴールデングローブ賞にも4度ノミネートされた。

人気番組となった一方でエリザベス自身「シーズン4を終えたあたりでサマンサ役に飽きていた」と告白している。番組が終了した後はサマンサの有名な鼻を動かす仕草は、頼まれてもやりたがらなかったという。

その後はイメージを払拭させるような役柄に積極的に取り組み、『私は犯された/エレン夫人の秘密』中の犠牲者役でエミー賞にノミネートされ、『女死刑囚の秘密』では殺人者(冤罪者)を演じ、ミニシリーズ『開拓者たち』では困難に直面した1820年代オハイオの強い女性の役割を選ぶなど、エリザベスの俳優としての後半生は、女優としてのキャリアを積む役を演じている。

1985年の映画『エイモス』の看護婦役として、残忍な悪役も演じている。

1995年9月12日放映のアニメーション版『バットマン』の一エピソード「Showdown」で、特別ゲストとしてバーの女給役を演じたのが最後の仕事であった。その他にいくつかのナレーターをこなしている。

1979年と1982年に、日本のロッテCMにサマンサ役で出演、1982年の同CMでは和服姿で出演している。

主な出演作品[編集]

映画[編集]

  • 軍法会議 The Court-Martial of Billy Mitchell(1955)
  • ひとりぼっちのギャング Johnny Cool(1963)
  • 僕のベッドは花ざかり Who's Been Sleeping in My Bed?(1963)
  • ビキニガール・ハント How to Stuff a Wild Bikini(1965)
  • 嵐の夜の惨劇 The Victim(1972)
  • Mrs. Sundance(1974)
  • 私は犯された/エレイン夫人の裁判 A Case of Rape(1974)
  • 女死刑囚の秘密 The Legend of Lizzie Borden(1975)
  • Act of Violence(1979)(TV映画)
  • Belle Starr(1980)
  • サーカス天国 When the Circus Came to Town(1981)
  • 結婚の法則 The Rules of Marriage(1982)
  • Amos(1985)
  • Face to Face(1990)

テレビ番組[編集]

ナレーションの仕事[編集]

  • The Panama Deception(1992)
  • Coverup: Behind the Iran Contra Affair(1988)
  • Beauty's Punishment(1994)
  • Beauty's Release(1994)

参照[編集]

  1. ^ Pylant, James. “The Bewitching Family Tree of Elizabeth Montgomery”. genealogymagazine.com. 2009年11月27日閲覧。

外部リンク[編集]