リジー・ボーデン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
リジー・ボーデン(1889年頃)
生誕 1860年7月19日
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国マサチューセッツ州フォールリバー
死没 1927年6月1日(満66歳没)
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国・マサチューセッツ州フォールリバー

リジー・アンドリュー・ボーデン: Lizzie Andrew Borden1860年7月19日 - 1927年6月1日)は、アメリカ合衆国マサチューセッツ州フォールリバーで1892年8月4日に発生した実父と継母の斧による惨殺事件の中心人物となったニューイングランドの女性[1]。事件とその後の裁判や過熱報道はよく知られており、アメリカの大衆文化犯罪学に大きな影響を与えた。裁判では無罪となり、真犯人は見つかっておらず、彼女は有名なアメリカの民間伝承となっている。

殺人事件[編集]

リジーの父アンドリュー・ボーデンの死体
リジーの継母アビー・ボーデンの死体

1892年8月4日の朝、父アンドリュー・ジャクソン・ボーデンと継母アビー・ボーデンは自宅で殺害された。当時他にその家にいたのは、リジーとメイドのブリジット・サリバンだけだった。アンドリュー・ボーデンの最初の妻の兄弟ジョン・V・モースも当時その家を訪れていたが、殺害時刻には家を離れていた[1]。姉妹であるエマ・ボーデンも家を離れていた[1]

その日、アンドリューはいつものように銀行と郵便局に出かけ、10:45ごろ家に戻った。その約30分後、リジーが死体を発見した。サリバンの証言によれば、午前11:00直後にリジーが階下の居間の長いす上に横たわる父の死体を発見して声を上げたとき、彼女は3階の自室で横になっていたという。アンドリューの顔は眠っているように右手側に向けられていた[2]

その直後、リジーが隣家の住人とかかりつけの医者に世話されている間に、サリバンが上階のゲスト用ベッドルームでアビーの死体を発見した。夫妻はどちらも斧で殴られて死亡しており、アンドリューの場合は頭蓋骨が砕かれているだけでなく、左の眼球がきれいに真っ二つになっていた[3]

動機と手口[編集]

殺人現場となったボーデン家

アンドリューの最初の妻が亡くなった後、ボーデン家では争いが絶えなくなった。上階は2つに分割され、前半分が姉妹の領域、後ろ半分が夫妻の領域となっていた。食事を一緒にとらないことも多く、アンドリューの多額の財産の配分についても確執が存在した。自宅は継母が相続することが決められており、叔父であるジョン・モースがその週に訪れていたのは、姉妹が避暑用の別荘にしていた家を含む農場の相続に関係してのことだった。殺人の少し前に激しい議論が行われ、姉妹は長い休暇をとって家を離れることになったが、リジーは休暇を取りやめて早めに家に戻ったのである。

彼女は近所の薬屋からシアン化水素を購入しようとして断られている。これについて彼女はアザラシの毛皮のコートを洗浄するためだったと主張している[4]

殺人の起きる少し前、家族全員の体調が悪くなった。アンドリューは町で人気のある方ではなかったため、アビーは毒を盛られたのではないかと恐れた。しかし、かかりつけの医者は食中毒と診断した。

裁判[編集]

リジーの証言は一貫性がなく、彼女の行動は疑わしいところがあった。彼女は殺人罪で起訴され、前のマサチューセッツ州知事ジョージ・D・ロビンソンが弁護に当たった。検察側には後にアメリカ合衆国司法長官合衆国最高裁判所の陪席裁判官を勤めたウィリアム・ヘンリー・ムーディがいた。

警察の調べによると、凶器とされた斧が地下室で発見された。その斧はきれいだったが、柄の大部分が行方不明であったため、検察側は柄が血だらけになったので折ったのだと主張した。しかし、警察官は斧を発見したとき隣にその柄があったと証言した。後に検視の専門家は、殺人の後で斧をきれいにする時間がまったく無かったと証言している[5]

警察は返り血を浴びた布を全く発見できなかった。殺人の数日後、リジーは青いドレスを引き裂いて台所のストーブで焼いていた。これについて彼女は、ペンキ塗りたての場所にこすって汚れたので処分したのだと主張した。

状況証拠は数々あったが、陪審は一時間の議論の末にリジーを無罪とした。凶器が見つかっていない点、返り血を浴びた布が見つかっていない点が重視された結果であった。彼女の検視証言全体が裁判から排除された点が無罪となった原因とする見方もある。また、青酸を購入しようとしたという証言も排除された。また、陪審は全て男性であったため、地元の名士の娘が殺人を犯したと考えたくないという心理が働いたとする見方もある。また、裁判の直前にその地域で別の斧による殺人が発生したことで、リジーに有利になった[5]

推理[編集]

リジー以外の容疑者が動機を持っていたことを示そうとした推理がいくつか提案されている。町の人々がボーデン夫妻への恨みを晴らしたとする推理もあった。また、食中毒に苦しんだ翌日に、骨の折れる窓拭きの仕事を言いつけられたメイドが犯人だとする推理もあった。さらには、リジーは月経期間中にてんかんのような症状を呈するため、夢うつつの状態で殺人を犯したのだという説まであった。

全く証拠はないが、アンドリューには隠し子がいて、その息子が殺人を犯したという説もあった。

ナンス・オニール[編集]

エド・マクベインは著書 Lizzie の中で、1904年にリジーがボストンで女優ナンス・オニールと出会い、恋に落ちたとする説を披露した。20世紀初頭は、女優の地位は極めて低かった。オニールは浪費家で常に金銭トラブルに見舞われており、一方ボーデンは裕福だった。ボーデンの悪名にもかかわらず、二人はうまくやっていた[6]

2人が親密であったことを示す証拠はないが、その親交が原因でリジーは姉妹であるエマと決別することになったとされている[6]。2年後の1906年に2人の関係が終わると、リジーは精神的に落ち込み、回復に時間がかかったと言われている[要出典]。オニールは後に Lizzie Borden: A Musical Tragedy in Two Axe と題されたミュージカルに出演した。フェミニストCarolyn Gage はオニールを明らかなレズビアンであるとし[5]、文書化された証拠はないものの、彼女の周囲ではよく知られていたと主張した。

社会への影響[編集]

裁判の報道はアメリカ全土で過熱した。これは全く新しい現象であった。これは例えば、後のO・J・シンプソン事件の裁判にも匹敵する裁判史上の重要な出来事だった。

事件は有名な「なわとび唄」として記憶され、マザーグースの1つに分類されている。

Lizzie Borden took an axe(リジー・ボーデンは斧を取り)
And gave her mother forty whacks.(母さんを40回打った)
And when she saw what she had done (自分がした結果に気づき)
She gave her father forty-one.(今度は父さんを41回打った)

このなわとび唄は新聞を売るためにライターがでっち上げたもので、実際には継母は18回[7]か19回[5]殴られ、父親は11回殴られている。

その後[編集]

裁判では無罪となったが、リジーは周囲から村八分となり、追い出された[5]1897年、リジーは万引きでつかまり、再び大衆の前に名前が登場することになった[8]

殺人事件のあった家は、現在ではベッド・アンド・ブレックファストになっている[9]。釈放後にリジーが購入した大邸宅は個人所有であり、旅行者には時折公開されている。

リジー・ボーデンを題材とした作品[編集]

バレエ[編集]

マンガ[編集]

  • Rick Geary、The Borden Tragedy: A Memoir of the Infamous Double Murder at Fall River, Massachusetts, 1892 NY: NBN Pub., 1997年
  • 定期刊行されているニューズレター: The Lizzie Borden Quarterly には、Princess Maplecroft というマンガが連載されている。

映画[編集]

  • 以下の映画でリジー・ボーデンがキャラクターとして登場している(名前は演じている役者)。
    • Saturday the 14th Strikes Back1988年)、Lauren Peterson
    • 『モンキーボーン』(2001年)、Shawnee Free Jones
    • Joe Killionaire2004年)、Alice Alyse
  • ロブ・ゾンビの『マーダー・ライド・ショー』(2003年)にはボーデンの人形が登場する。
  • 『ナショナル・ランプーン/パニック同窓会』(1982年)では、リジー・ボーデン・ハイスクールという架空の学校が舞台となっている。

音楽[編集]

小説[編集]

  • ケリー・アームストロングの Woman of the Otherworld シリーズの5作目 Haunted(2005年)には、リジー・ボーデンの亡霊が登場する。
  • アンジェラ・カーターは短編小説 The Fall River Axe Murders を書いている。
  • エイヴラム・デイヴィッドスンの短編小説 The Deed of the Deft-Footed Dragon では、事件の意外な真犯人を描いている。
  • エド・マクベイン Lizzie
  • アガサ・クリスティの『葬儀を終えて』にはリジー・ボーデンの詩が引用されている。『そして誰もいなくなった』ではリジー・ボーデン事件と思われる無名の事件への言及がある。
  • ジョン・ソールIn the Dark Of the Night(2006年)では、リジーが男を使って27人を殺し、13人を負傷させる。
  • マクシム・オキャラハンの短編「ちっぽけな犯罪」では、小売店主と義理の息子がしょっちゅうやってきては万引きしていく娘について、次に来たときに捕まえるかどうかを話し合う。というのも、娘の父親は地元の名士だからである。結局、捕まえることはしなかった。そこで、娘の名前がミス・ボーデンであることが明かされ、最後に万引きしたのが斧であることが明かされる。
  • メアリ・H・クラークNo Place Like Home で、10歳の娘リザ・バートンが母親を乱暴な継父から守ろうとして銃で撃ってしまう。事故とされたが、メディアはリザとリジーを引き比べる。

テレビ[編集]

  • ヒッチコック劇場』の1エピソード "The Older Sister" はボーデン事件を扱っている。
  • エリザベス・モンゴメリーはテレビ映画 The Legend of Lizzie Borden(1975年)でリジーを演じた。このテレビ映画では、裸になって殺人を実行した(そのために返り血を浴びた服がない)ことになっている。
  • 2004年、ディスカバリーチャンネルはドキュメンタリー番組 Lizzie Borden Had an Axe を放送した。
  • デビッド・E・ケリー制作のテレビドラマ『アリー my Love』、『ザ・プラクティス』のクロスオーバーエピソードにおいて、殺人事件の被告人が前世でリジーであったとする弁護がなされる。また作中で、主役のアリーが上記「なわとび唄」の替え唄を歌う場面がある。
  • 2012年2月14日TBS系列『ブラマヨ衝撃ファイル 世界のコワ~イ女たち』バレンタインの今夜もコワ~イ女エピソード満載の2時間スペシャル!!にて取り上げられ、お笑い芸人のなだぎ武がリジー・ボーデンハウスを取材し宿泊した。その夜に心霊現象が多発したとなだきが番組内でコメントした。
  • CSI:科学捜査班』シーズン11 3話では副検視官デヴィッドが 斬首された首の検視の前に縄跳び唄の替え歌を歌い、検視官アルに「リジーは両親を29回 ぶった切った」と指摘される場面がある。

演劇[編集]

  • 1933年ブロードウェイで上演された Nine Pine Street で、リリアン・ギッシュがリジー・ボーデンをモデルとした Effie Holden を演じた。
  • Sharon Pollock の Blood Relations は、1980年カナダのエドモントンで初演された。この舞台では、事件から裁判までを描いている。
  • Eric Stedman の The Testimony of Lizzie Borden は、ボーデンの自室や裁判を忠実に再現したドキュメンタリードラマ。1995年にフォールリバーで上演された。
  • Brendan Byrnes の Lizzie Borden's Tempest1998年にニューヨークで上演された。リジーをテンペストにおけるミランダになぞらえている。また、リジーが実際にテンペストのミランダを演じたというフォールリバーに残る記録がアイデアの元になっている。
  • Christopher McGovern(脚本、作曲)、Amy Powers(作詞)による Lizzie Borden: The Musical はマサチューセッツで2004年に上演された[10]
  • Jill Dalton による Lizzie Borden Live は2007年10月に上演された[11]
  • ドラマアンソロジー "Sepia and Song" の中の一編 "A Memory of Lizzie" は、法廷での証言を元にリジーの少女時代を再現している[12]

脚注[編集]

  1. ^ a b c Inquest Testimony of Lizzie Borden. University of Missouri, Kansas City: Famous Trials. 閲覧: 2007年11月15日
  2. ^ Testimony of Bridget Sullivan in the Trial of Lizzie Borden. University of Missouri, Kansas City: Famous Trials. 閲覧: 2007年11月15日
  3. ^ Historical Investigation into the Past: The Lizzie Borden / Fall River Case Study. (Source documents). University of Massachusetts at Amherst. 閲覧: 2007年11月15日
  4. ^ “Prussic Acid In The Case.”. New York Times. (1893年6月15日). http://query.nytimes.com/gst/abstract.html?res=9E03E6D91431E033A25756C1A9609C94629ED7CF 2008年4月14日閲覧。 
  5. ^ a b c d e "Did Lizzie Borden kill her parents with an ax because she was discovered having a lesbian affair?" from The Straight Dope
  6. ^ a b The San Francisco Call. 7 June 1905, Page 4. Library of Congress Chronicling America project. 閲覧: 2007年11月24日
  7. ^ "Lizzie Borden Took An Ax" from Crime Library
  8. ^ Dates in the Borden Case. Fall River Historical Society. 2008年4月12日閲覧
  9. ^ Lizzie Borden Bed & Breakfast. 閲覧: 2007年11月15日
  10. ^ Lizzie Borden: The Musical Web Page
  11. ^ Lizziebordenlive.com
  12. ^ Foxton, David. Sepia and Song: A Collection of Historical Documentaries. Nelson Thornes, 1987. ISBN 017432409X.

参考文献[編集]

  • Asher, Robert, Lawrence B. Goodheart and Alan Rogers. Murder on Trial: 1620-2002 New York: State University of New York Press, 2005年, ISBN 978-0791463772.
  • Brown, Arnold R. Lizzie Borden: The Legend, the Truth, the Final Chapter. Nashville, TN: Rutledge Hill Press, 1991年, ISBN 1-55853-099-1.
  • de Mille, Agnes. Lizzie Borden: A Dance of Death. Boston: Little, Brown and Co., 1968.
  • Kent, David Forty Whacks: New Evidence in the Life and Legend of Lizzie Borden. Yankee Books, 1992年, ISBN 0-89909-351-5.
  • Kent, David The Lizzie Borden Sourcebook. Boston: Branden Publishing Company, 1992, ISBN 0-8283-1950-2.
  • King, Florence. WASP, Where is Thy Sting? Chapter 15, "One WASP's Family, or the Ties That Bind." Stein & Day, 1977年, ISBN 0-552-99377-8 (1990 Reprint Edition).
  • Lincoln, Victoria. A Private Disgrace: Lizzie Borden by Daylight. NY: G.P. Putnam’s Sons, 1967年, ISBN 0-930330-35-8.
  • Masterton, William L. Lizzie Didn’t Do It! Boston: Branden Publishing Company, 2000年, ISBN 0-8283-2052-7.
  • Pearson, Edmund Lester. Studies in Murder Ohio State University Press, 1924年.
  • Radin, Edward D. Lizzie Borden: The Untold Story Simon and Schuster, 1961年.
  • Spiering, Frank. Lizzie: The Story of Lizzie Borden. Dorset Press, 1991年, ISBN 0-88029-685-2.
  • Sullivan, Robert. Goodbye Lizzie Borden. Brattleboro, VT: Stephen Greene Press, 1974年, ISBN 0-14-011416-5.
  • エド・マクベイン の出演するビデオ作品 Case Reopened: Lizzie Borden with Ed McBain では、何人かの歴史家が推理を披露し、最後にエド・マクベインが自作小説 Lizzie に基づく推理を披露している。

外部リンク[編集]