W・S・ヴァン・ダイク

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
W・S・ヴァン・ダイク
W. S. Van Dyke
本名 ウッドブリッジ・ストロング・ヴァン・ダイク
Woodbridge Strong Van Dyke
生年月日 1889年3月21日
没年月日 1943年2月5日(満53歳没)
出生地 カリフォルニア州サンディエゴ
死没地 カリフォルニア州ブレントウッド
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
職業 映画監督
活動期間 1915-1943
配偶者 ルース・マニックス(1935-1943)
主な作品
類猿人ターザン
影なき男
桑港

W・S・ヴァン・ダイクW. S. Van Dyke, 1889年3月21日 - 1943年2月5日)は、アメリカ合衆国で活動した映画監督である。作品によってはW. S. Van Dyke Jr.ともクレジットされたことがある。愛称はウッディ(Woody)。

人物・来歴[編集]

映画界入りして間もない『国民の創生』(1915)・『イントレランス』(1916)ではD・W・グリフィス監督の下で助監督を務めている。

1917年に監督デビュー。1926年よりメトロ・ゴールドウィン・メイヤー(MGM)専属となる。その後30年代を通して主要スターの主演する、多彩なジャンルの映画を世に送り出した。

極端な早撮りスタイルから「ワン・テイク・ウッディ」の愛称で呼ばれ、職人監督としてルイス・B・メイヤーに厚遇された。自身オスカーに2度ノミネートされた他、自身の映画からオスカー候補俳優を4人生み出した。

1943年、病を苦に自殺。53歳没。

主な監督作品[編集]

外部リンク[編集]