D・W・グリフィス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
D・W・グリフィス
D. W. Griffith
D・W・グリフィスD. W. Griffith
1916年頃のグリフィス
本名 David Llewelyn Wark Griffith
生年月日 1875年1月22日
没年月日 1948年7月23日(満73歳没)
出生地 ケンタッキー州ラグレーンジ
死没地 カリフォルニア州ロサンゼルス
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
職業 映画監督俳優脚本家
活動期間 1908年 - 1931年
配偶者 リンダ・アーヴィドソン(1906年 - 1936年)
イヴリン・ボールドウィン(1936年 - 1947年)
主な作品
國民の創生
イントレランス

D・W・グリフィスDavid Wark Griffith, 1875年1月22日 - 1948年7月23日)は、アメリカ合衆国映画監督。映画を独自の視覚的表現として確立させ、モンタージュの使用を始め様々な映像技術を生みだした。アメリカ映画初の長編映画『國民の創生』や『イントレランス』などの作品はそれらの技術の集大成であり、現在でもアメリカ映画の名作として数えられる。それらの功績から「映画の父」と呼ばれている。

生涯[編集]

1875年1月22日ケンタッキー州ラグレーンジに生まれる(クレスウッド生まれの説あり)。父親は南北戦争の英雄ジェイコブ・ウォーク・グリフィス大佐である。彼は大きな農場を経営しており、州議会議員も務めていたが、戦後に没落し、グリフィスが10歳のときに亡くなっている。そのため少年時代は困窮を極めていたが、両親から高い教育を受けていた。

その後グリフィスはエレベーターボーイやルイビルの本屋の店員など様々な職を転々としていたが、慈善公演の舞台に立ったことから地方劇団に参加し、俳優として活動しはじめた。31歳のときにはニューヨークに進出し、1906年に女優のリンダ・アーヴィドソンと結婚した。その一方で舞台の演出家を夢見ていたグリフィスは、戯曲や詩を書いて売りこんでいたが、金銭的に行き詰っていたため、1907年に自分の脚本をエジソン社エドウィン・S・ポーターに売り込んだ。脚本は不採用となったが、俳優として採用され、同年の『鷲の巣から救われて』の樵役で映画デビューを果たした。

このエジソン社で映画製作のノウハウを学んだが、自らの脚本が採用されないことに鬱々としていたため、1908年バイオグラフ社に自分の脚本を持ち込んだ。すると会社は彼の素質を認め、グリフィスは妻とともにバイオグラフ社に入社することとなった。始めは妻とともに俳優として活躍する傍ら、数十本のシナリオを執筆した。同年6月、バイオグラフ社の撮影技師G・W・ビリー・ビッツァーに誘われたことから、『ドリーの冒険』で監督デビューした。後に長編の大作を手がけさまざまな撮影技法を駆使していったが、デビュー作の『ドリーの冒険』は正味15分ほどの短編映画であり、映画はヒットした。以降バイオグラフ社の監督としてビッツァ―とのコンビで1913年までに450本以上の短編映画を手がけた。

デビュー作の『ドリーの冒険』は少女が誘拐され樽の中に入れられるが、その樽が川に落ちて流されていくというストーリーでまだワンシーンワンショット撮影による作品であった。1909年の『小麦の買い占め』は社会派劇で、金持ちの小麦の相場師と貧しい小麦農家を対比して描いている。同年の『インディアンの考え』はインディアンの目線で白人との対立を描いている。1910年の『境界州にて』『鎧戸の締まった家』は南北戦争もので、1911年の『老人たちをどうすべきか』では悲劇的な作品も作っている。1912年にはカルフォルニアでロケを行った2巻物の『大虐殺』を発表しており、群衆場面においてロングショットの効果的な使用がみられる。

東への道』(1920年)での撮影。右がグリフィス。左はグリフィス作品のカメラマン・ビリー・ビッツァー

1913年、自身初の長編作品『ベッスリアの女王』(別題:アッシリアの遠征)を製作するが、当時はまだ長編映画が普及しておらず、会社はこの作品をお蔵入りにさせた(長編映画も普及しだした翌1914年にこちらもお蔵入りにされていた『大虐殺』とともに公開された)。さらに会社はグリフィスに長編映画を製作させなかったため、グリフィスはバイオグラフ社を退社してハリウッドに渡り、ミューチュアル社と契約を結んだ。

1915年、ミューチュアル社のハリー・エイトケンとグリフィスが創設したエポック・プロデューシング・コーポレーションの出資で『國民の創生』を製作。KKKの誕生物語を南部白人の立場から描いた物語だったため、北部においては上映拒否されたり、黒人の差別描写で物議を醸したが、作品自体は大ヒットした。

同年7月、ミューチュアル社から追放されたエイトケンが配給会社トライアングル社を設立。マック・セネットトマス・H・インスとともに招かれたグリフィスは、トライアングル社傘下の製作会社ファイン・アーツ社の製作責任者となり、1916年に『イントレランス』を製作した。四時代の物語が同時並行的に描かれるという当時としては革新的な作品だったため、難解との評判を呼び、アメリカ本国では商業的に失敗した。しかし現在では映画史上最大の古典として語り継がれている。1917年、『イントレランス』の失敗などの影響で、トライアングル社は製作を中止した。

1919年チャールズ・チャップリンダグラス・フェアバンクスメアリー・ピックフォードユナイテッド・アーティスツ社を創設、自由な映画製作を目指して『散り行く花』『東への道』などを発表していった。しかし、完璧主義者で保守的な映画製作を行ってきたグリフィスは、時代の流れにはついていけず、人気も凋落していった。

1930年に初のトーキーとなる『世界の英雄』を発表するも、翌1931年の『苦闘』は興業的にも批評的にも大失敗した。そしてこの『苦闘』がグリフィス最後の監督作品となった。この頃からすでにグリフィスは忘れ去られた存在となっていた。

1936年アカデミー賞特別賞を受賞。同年、妻のリンダと離婚。女優のイヴリン・ボールドウィンと再婚したが、1947年に離婚している。1938年全米監督協会賞名誉終身会員賞を受賞。晩年は酒浸りの生活を送っていたという。

1948年7月23日ロサンゼルスのホテルで脳溢血のため亡くなった。ハリウッド・ウォーク・オブ・フェームの6535番地に星が刻まれている。

様々な技術の確立[編集]

クローズアップの手法(『イントレランス』)
イントレランス』のワンシーン。遠景からのフルショット、パンニング、接写(クローズアップ)による画期的モンタージュ技法
ポイントオブビューによる主観の切り替え(『國民の創生』)

グリフィスが登場する前の映画は、まだ「演劇の記録」という段階で、ワンシーンワンショット、固定されたカメラで撮影されていた。しかし、グリフィスはバイオグラフ社時代の作品から様々な映像技術の試みを行っていき、今日まで当たり前に使われている様々な映像技術を生み出していき、映画独自の視覚的表現を確立した。

グリフィスはこれまでのワンシーンワンショットによるシーン単位の撮影からショット単位の撮影を行い、視点のことなる複数のショットをつなぎ合わせて一つのシーンを作るモンタージュ編集とも)を生み出した。モンタージュはのちにソ連セルゲイ・エイゼンシュテインフセヴォロド・プドフキンらが異なるショットを組み合わせて一つの意味を持つシーンに組み立てる「モンタージュ理論」で確立されており、これらのモンタージュをエイゼンシュテイン・モンタージュと呼ぶのに対し、グリフィスのモンタージュは時間の連続性を失わせないように複数のカメラを使うマルチ・カヴァレッジという方法で撮影され、グリフィス・モンタージュと呼ばれた。グリフィス・モンタージュは、当初多大な撮影予算がかかるため敬遠されていたが、戦後に黒沢明が『七人の侍』の戦闘シーンを複数カメラで撮影したことをきっかけにハリウッドでも普及し、複数のカメラで同時撮影をするスタイルは一般的になった。

グリフィスが生み出した撮影技術にはカットバック(またはクロスカッティング)、フラッシュバックフェードイン・アウトアイリスイン・アウト移動撮影などがある。ほかにも一つのシーンをロングショットミドルショットクローズアップといった違うカメラアングルで撮影したり、主観を切り換えるポイントオブビューイマジナリーラインなどを生み出したのもグリフィスであった。
カットバックはグリフィスの登場以前からポーターの『大列車強盗』などで使われているが、グリフィスはこの技術を使用したことにより、一つのシーンに異なる二つの場面を交互に映し出すという、同時進行描写を確立させている[1]。クローズアップの使用もグリフィスの前から使われていたが、物語を語る上で初めて使ったのはグリフィスである。

撮影技師のG・W・ビリー・ビッツァーバイオグラフ社時代からグリフィス作品の撮影を担当し、彼の右腕として活躍した。『國民の創生』や『イントレランス』を撮ったのもビッツァーである。

俳優・監督の養成[編集]

『イントレランス』のリリアン・ギッシュ
『イントレランス』のメエ・マーシュ
『國民の創生』のラオール・ウォルシュ

グリフィスのもとからは後に大活躍する多くの俳優・監督らを輩出している。

  • リリアン・ギッシュ
    メアリー・ピックフォードの紹介で、妹のドロシー・ギッシュとともにバイオグラフ社に入り、グリフィスの『見えざる敵』で映画デビューしている。以降グリフィス作品に欠かせない女優として『國民の創生』『イントレランス』『散り行く花』などに出演。二人は生涯を通じて芸術家同士として尊敬し合う友情で結ばれていた。『嵐の孤児』が最後のグリフィス作品となったが、その後も大活躍し、サイレント時代を代表する名女優となった。
  • メアリー・ピックフォード
    16歳のときにグリフィス作品で映画デビューを果たし、バイオグラフ社の作品で活躍した。その後グリフィスのもとを離れ、「アメリカの恋人」と呼ばれる大女優にまで成長した。また、二人はUA創立者である。
  • ダグラス・フェアバンクス
    グリフィス主宰のファインアーツ社からデビュー(デビュー作がグリフィス脚本の『快男子』)。『イントレランス』に端役で出演している。その後冒険活劇スタートして活躍。また、二人はUA創立者である。
  • ライオネル・バリモア
    バイオグラフ社時代にグリフィスのもとで数本の脚本を書き、端役を演じていた。その後MGMに入社しスター俳優となった。
  • ドナルド・クリスプ
    グリフィスとは友人で、共にハリウッドに渡り、彼の助手を務めた後に映画監督となった。『國民の創生』『イントレランス』『散り行く花』に出演している。
  • エルマー・クリフトン
    『國民の創生』『イントレランス』で助監督を務め、ノンクレジットで出演もしている。『東への道』には協力監督として、B班の監督を務めるとともに、スタントも務めている。

ほか、フローレンス・ローレンスメエ・マーシュヘンリー・B・ウォルソールリチャード・バーセルメスなどの俳優がグリフィスのもとから巣立っている。またラオール・ウォルシュジャック・コンウェイトッド・ブラウニングヴィクター・フレミングアラン・ドワンらの監督もグリフィスのもとで助手を務めていた。

その他[編集]

1925年頃のグリフィス

『イントレランス』はアメリカでは興業的に失敗したものの、ヨーロッパ諸国では絶賛された。特にウラジーミル・レーニンは大変感銘を受け、ロシア全土での上映を命じ、1922年にグリフィスを招き、ソ連映画界のリーダーに任じようとしたエピソードは有名である[2]。また1927年にはグリフィスの弟子格であるダグラス・フェアバンクスメアリー・ピックフォードのソ連訪問が実現している。

1953年全米監督協会は長年にわたり映画界に功績を残した監督を称えるD・W・グリフィス賞を創設したが、『國民の創生』が人種差別的な描写であることから、「映画界の開拓者として評価するも、白人優越主義は人種差別を増長させる」と協会がグリフィスを批判。これにより1999年にグリフィス賞は廃止された。グリフィス賞にはジョン・フォードアルフレッド・ヒッチコック黒澤明フランシス・フォード・コッポラなど錚々たる監督たちが受賞した。

アニメ版『キテレツ大百科』の一話に『イントレランス』を観て感動したキテレツ、コロ助、みよ子、ブタゴリラ、トンガリの5人が航時機に乗って『イントレランス』を撮影中のD・W・グリフィスに会いに行くエピソードがある。

主な監督作品[編集]

1975年米国郵便公社からグリフィスの記念切手が発行された。

ギャラリー[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 『大列車強盗』は初めてカットバックが使われた作品となっているが、この作品はワンシーンワンショットのシーン単位による撮影であるため、厳密にはカットバックというより、二つの事柄を交互に映し出したことに成功した作品となる(あくまでもカットバックは異なるショットを映し出す技法である)。
  2. ^ リリアン・ギッシュ自伝,213頁

関連項目[編集]

外部リンク[編集]