D・W・グリフィス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
D・W・グリフィス
D. W. Griffith
D・W・グリフィスD. W. Griffith
'D・W・グリフィス 1916年
本名 David Llewelyn Wark Griffith
生年月日 1875年1月22日
没年月日 1948年7月23日(満73歳没)
出生地 ケンタッキー州ラグレーンジ
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
職業 映画監督
配偶者 リンダ・アーヴィドソン(1906年 - 1936年)
イヴリン・ボールドウィン(1936年 - 1947年)

D・W・グリフィスDavid Wark Griffith, 1875年1月22日 - 1948年7月23日)は、アメリカ合衆国映画監督ケンタッキー州出身。

生涯[編集]

父親は南北戦争の英雄ジェイコブ・ウォーク・グリフィス大佐。幼少時には黒人の乳母がいた。

若い頃から旅役者脚本家として活動するが、金銭的な逼迫から逃れるために脚本を映画のエジソン社へ売り込む。そこで、役者としてスカウトされて、エドウィン・S・ポーター監督の『鷲の巣から救われて』でシネマデビューをする。ここで映画製作のノウハウを学んだ。しかし、自らの脚本が採用されないことに鬱々としていたところを、バイオグラフ社の映画カメラマンG・W・ビリー・ビッツァに誘われたところから映画監督としての一歩がはじまる。

イントレランス』での、遠景からのフルショット、パンニング、接写による画期的モンタージュ技法
「白人を襲う凶暴な黒人」が、カットバックの手法で強調される(『國民の創生』)
クローズアップの手法(『イントレランス』)

アメリカの映画草創期に東海岸のバイオグラフ社で『ドリーの冒険』(1908年)を皮切りに、ビッツァとのコンビで400本以上のショートフィルムを制作した後、新天地を求めて、形を成しつつあったハリウッドに渡り、1915年にアメリカ映画最初の超大作『國民の創生』を制作した。KKKの誕生秘話を南部白人の立場から描いた物語だったため、北部においては上映拒否されたこともあったが、作品自体は大ヒットする。

しかし、同時期にイタリアで制作されたジョヴァンニ・パストローネの『カビリア』のスケールの大きさに打ちのめされ、これに対抗すべく翌年『イントレランス』を制作した。四時代の物語が同時並行的に描かれる当時としては革新的な作品だったため、難解との評判を呼び、アメリカ本国では商業的に失敗したが、ヨーロッパ諸国では絶賛され、特にウラジーミル・レーニンは大変感銘を受け、ロシア全土での上映を命じ、1922年にグリフィスを招き、ソ連映画界のリーダーに任じようとしたエピソードは有名である[1]

1927年にはグリフィスの弟子格であるダグラス・フェアバンクスメアリー・ピックフォードのソ連訪問が実現した。

その後、1919年チャールズ・チャップリンダグラス・フェアバンクスらとユナイテッド・アーティスツ社を創設して、自由な映画製作を目指したり、『散り行く花』(1919年)や『東への道』(1920年)など、サイレントトーキーを問わず映画史に残る数々の傑作を残すなど積極的な活躍を行うが、1920年代後半から始まったトーキーへの適応は十分にできず、1930年代以降は忘れ去られてしまった。

クローズアップクロスカッティング等の様々な映画技法を生み出すと共に、大々的で系統的な編集をしたので、「映画の父」と呼ばれており、カール・テオドア・ドライヤーなどグリフィスを敬愛する映画作家は少なくない。

サイレント時代を代表する名女優リリアン・ギッシュ(『國民の創生』、『散り行く花』」、『東への道』および『嵐の孤児』に主演)や、アメリカの恋人と呼ばれたメアリー・ピックフォードを育てたことでも、功績がある。特にリリアン・ギッシュとは、生涯を通じて芸術家同士として尊敬し合う友情で、結ばれていた。

アニメ版『キテレツ大百科』の一話に『イントレランス』を観て感動したキテレツ、コロ助、みよ子、ブタゴリラ、トンガリの5人が航時機に乗って『イントレランス』を撮影中のD・W・グリフィスに会いに行くエピソードがある。

1936年、アカデミー特別賞を受賞。

主な監督作品[編集]

ギャラリー[編集]

脚注[編集]

  1. ^ リリアン・ギッシュ自伝,213頁

関連項目[編集]

外部リンク[編集]