クロスカッティング

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

クロスカッティング(cross-cutting)は、異なる場面のシーンを交互に編集することにより、臨場感や緊張感などの演出効果を齎す映画の撮影技法である。同時に複数の場所で進行している出来事を交互に見せることが多い。映画史においては、1903年アメリカ映画大列車強盗』で、逃亡する強盗一味と彼らを追いかける保安官の場面などにおいて初めて用いられた。D・W・グリフィス1915年の『國民の創生』における戦闘シーンで効果的に用いたことにより、更に普及した。

カットバック(cutaway / cutback)は、クロスカッティングと殆ど同じで、やはり異なる場面のシーンを交互に編集する技法だが、通常、カットバックは場面Aから場面Bに短時間で戻る一回の動きを指す。

フラッシュバック(Flashback)は、クロスカッティングとカットバックのバリエーションの一つだが、次の二つの意味がある。
①進行しているストーリーの時間的な連続性を破って、過去の場面を提示すること。オーソン・ウェルズの『市民ケーン』などがこの手法を効果的に使用した作品である。
②主にサイレント映画に使われた技法で、瞬間的にいくつもの短いショットをつなげて視覚的効果をもたらす技法。アベル・ガンスの『鉄路の白薔薇』で初めてこの技法が使われ、日本映画界でも伊藤大輔らがこの技法を駆使した。

関連項目[編集]