アベル・ガンス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Albert Gance

アベル・ガンスAbel Gance,1889年10月25日 - 1981年11月10日)は、フランス映画監督脚本家

パリに生まれる。若い頃から演劇に魅了され、19歳のときに俳優としてブリュッセルで初舞台を踏む。1909年に映画デビュー。1911年に自分のプロダクション会社を設立し、監督業にも乗り出していった。

1920年代に『鉄路の白薔薇』、『ナポレオン』といったサイレント映画の歴史的大作を製作して名声を確立したが、その後も1970年代に至るまで息の長い活動を続けた。

監督・脚本作品[編集]

  • La folie du docteur Tube (1916年)
  • Barberousse (1917年)
  • La Dixième symphonie (1918年)
  • Mater Dolorosa (1918年)
  • 戦争と平和 - J'accuse (1919年)
  • 鉄路の白薔薇 - La Roue (1923年)
  • Au secours ! (1924年)
  • ナポレオン - Napoléon (1927年)
  • 世界の終り - La fin du monde (1931年)
  • 椿姫 - La Dame aux camélias (1934年)
  • Le Roman d'un jeune homme pauvre (1935年)
  • Lucrèce Borgia (1935年)
  • Jérôme Perreau, héros des barricades (1935年)
  • ナポレオン - Napoléon (version remaniée du film de 1927)(1935年)
  • Le Voleur de femmes (1936年)
  • 楽聖ベートーベン - Un grand amour de Beethoven (1936年)
  • J'accuse (1938年)
  • Louise (1939年)
  • Paradis perdu (1940年)
  • Vénus aveugle (1941年)
  • Le Capitaine Fracasse (1943年)
  • Quatorze juillet (court métrage)(1953年)
  • Lumière et l'invention du cinématographe (1953年)
  • Lumière (TV) (1953年)
  • バルテルミーの大虐殺 - La Reine Margot (1954年)
  • 悪の塔 - La Tour de Nesle (1955年)
  • Austerlitz (1960年)
  • Cyrano et d'Artagnan (1963年)
  • Marie Tudor (TV)(1966年)
  • Valmy (TV)(1967年)
  • Bonaparte et la révolution (version remaniée du Napoléon de 1927 et 1935)(1971年)

外部リンク[編集]