アラン・ドワン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Allan Dwan
アラン・ドワン
本名 Joseph Aloysius Dwan
生年月日 1885年4月3日
没年月日 1981年12月28日(満96歳没)
出生地 カナダの旗 カナダ オンタリオ州トロント
死没地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 カリフォルニア州ロサンゼルス
国籍 カナダの旗 カナダ ⇒ 帰化
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
職業 映画監督脚本家映画プロデューサー
ジャンル 映画
活動期間 1911年 - 1961年
活動内容 1911年 映画監督デビュー
1913年 プロデューサー業に進出
1915年 アメリカ映画監督協会設立に参加
配偶者 ポーリン・ブッシュ 1915年 – 1921年
マリー・シェルトン 1922年 - 1954年
主な作品
硫黄島の砂
Nuvola apps kview.svg 画像外部リンク
肖像写真
Searchtool.svg en:File:AllanDwan.jpg - en.wikipedia.org (サイレント期の青年ドワン)

アラン・ドワンAllan Dwan1885年4月3日 - 1981年12月28日)は、アメリカ合衆国映画監督脚本家映画プロデューサーである。サイレント映画からの430本を超える作家的キャリアをもつ、パイオニアのひとりである。

人物・来歴[編集]

1885年(明治18年)4月3日カナダオンタリオ州トロントに生まれる。11歳のときに、家族とともにアメリカ合衆国のミシガン州デトロイトに移住した。

インディアナ州サウスベンド近郊のカトリック系大学ノートルダム大学で工学を学び、イリノイ州シカゴの電器会社にエンジニアとして入社した。

その後、シカゴの映画会社エサネイ・スタジオに入社し、脚本を書く。1911年(明治45年)、26歳のときに、シカゴのアメリカン・フィルム・マニュファクチャリング・カンパニーカリフォルニア州サンディエゴのラメーサに撮影所を建設、同撮影所で、J・ウォーレン・ケリガン主演の『策略』で映画監督としてデビューする。同社において、1913年(大正2年)、プロデューサー業に進出する。メアリー・ピックフォードダグラス・フェアバンクス主演作を多く手がけた。

1914年(大正13年)、同州サンタモニカのビゾン・スタジオで初の長篇映画『リシュリュー』を監督、同年、フェイマス・プレイヤーズ・フィルム・カンパニー(のちのフェイマス・プレイヤーズ=ラスキー)に移籍し、『ワイルドフラワー』等を監督した。

1915年(大正4年)、ファイン・アーツ・フィルム・カンパニーに移籍、ドロシー・ギッシュ主演作『邪道』を監督、ドロシー主演作を多く手がける。同年6月18日アメリカ映画監督協会設立に参加する。同年、監督デビュー作『策略』に出演した女優のポーリン・ブッシュと結婚する。1921年(大正10年)、離婚し、翌1922年(大正11年)、女優のマリー・シェルトンと結婚する。1928年(昭和3年)の『怪我騒動』までのサイレント映画の時代は、ドワンの全盛期であり[1]、実に360本を超える映画を監督した。

1929年(昭和4年)、ユナイテッド・アーティスツ配給の『鉄仮面』からはトーキーにとりくみ、同年、フォックス・フィルム(現在の20世紀フォックス)に移籍し、 『南海の薔薇』等を手がけた。1930年(昭和5年)には、女優グロリア・スワンソンのハウスプロダクション、グロリア・プロダクションズでスワンソン主演の『陽気な後家さん』を監督した。1937年(昭和12年)には、シャーリー・テンプル主演の『ハイデイ』、翌1938年(昭和13年)には『農園の寵児』を手がけ、天才子役の黄金時代に貢献した。45歳から55歳にかけての1930年代には、大幅に本数が減ったが、26本を監督している。

1941(昭和16年)以降、第二次世界大戦中は、RKOエドワード・スモールエドワード・スモール・プロダクションズでコメディを多く手がけた。戦後、1946年(昭和21年)にマイナー映画会社リパブリック・ピクチャーズに入社、同年の『アニーとのランデヴー』を手始めに、同社で『アリゾナの嵐』(1948年)、俳優ジョン・ウェインアカデミー賞にノミネートされた『硫黄島の砂』(1949年)等を手がける。55歳から65歳にかけての1940年代には、19本を手がけた。

1954年(昭和29年)、69歳になってからの4年間、ベネディクト・ボジャースの製作会社ベネディクト・ボジャース・プロダクションで映画界最後の日々を過ごすことになる。同年の『逮捕命令』や『バファロウ平原』等、12本を手がけた。1957年(昭和32年)、『地上で最も危険な男』を撮影するが、1961年(昭和36年)まで公開されなかった。同作は、のちにヴィム・ヴェンダースが監督した映画『ことの次第』(1981年)の劇中でリメイクされる。

1976年(昭和51年)、91歳のとき、ロサンゼルス映画批評家協会賞永年功労賞を受賞する。

1981年(昭和56年)12月28日カリフォルニア州ロサンゼルスで死去した。満96歳没。映画における功績により、ハリウッド・ウォーク・オブ・フェーム(6263 Hollywood Blvd.)に名を残す。

おもなフィルモグラフィ[編集]

特筆以外は監督作

en:Category:Films directed by Allan Dwanも参照のこと。

1910年代[編集]

1920年代[編集]

1930年代[編集]

1940年代[編集]

1950年代[編集]

1960年代[編集]

関連事項[編集]

[編集]

  1. ^ #外部リンク欄、「アラン・ドワン」リンク先の記述を参照。

外部リンク[編集]