エドワード・スモール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Edward Small
エドワード・スモール
生年月日 1891年2月1日
没年月日 1977年1月25日(満85歳没)
出生地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 ニューヨーク市ブルックリン
死没地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 カリフォルニア州ロサンゼルス
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
職業 映画プロデューサープレゼンタータレント・エージェント実業家
ジャンル 映画
活動期間 1906年 - 1970年
活動内容 1906年 タレント・エージェント「エドワード・スモール・エージェンシー」を開業[1]
1924年 映画プロデューサーとなる
1926年 映画のプレゼンターとなる
1932年 リライアンス・ピクチャーズ設立
1936年 - 1937年 RKOのプロデューサーとなる[2]
1952年 テレヴィジョン・プログラムズ・オヴ・アメリカの設立に参加
配偶者 エドナ・スモール 離婚
著名な家族 ロバート・スモール
バーナード・スモール
主な作品
霧笛の波止場
頓間パルーカ
『巌窟王』
モヒカン族の最後
コルシカの兄弟
百万長者ブリュースター
情婦

エドワード・スモールEdward Small1891年2月1日 - 1977年1月25日)は、アメリカ合衆国映画プロデューサープレゼンタータレント・エージェント実業家である。

人物・来歴[編集]

ニューヨーク市ブルックリンに生まれる。

1906年、15歳のときにニーヨークで、「エドワード・スモール・エージェンシー」としてタレント・エージェントを開業する[1]。1917年、26歳のときにカリフォルニア州ロサンゼルスハリウッドに進出・移転する[1]

1924年、33歳のときに初めて映画をプロデュースする[1]。以来、映画プロデューサーがスモールの本業となる[1]。1926年、映画のプレゼンター(現在ではエグゼクティブプロデューサーと呼ばれる職能)としてクレジットされる。1929年、エドワード・スモール・プロダクションズを設立、同社の第1作は、アール・C・ケントン監督、イヴ・アーデンのデビュー作のトーキー映画『愛の歌』で[1]コロンビア映画が配給した。

1932年、41歳のときに、ユナイテッド・アーティスツの元上席執行役員だったジョセフ・M・シェンクらとリライアンス・ピクチャーズを設立する[1]。エドワード・スモール・プロダクションズ名義でユナイテッド・アーティスツに作品を供給した[1]

1936年、45歳のときにRKOのプロデューサーとなり、1937年まで務める[2]

1940年代、50歳代を迎え、第二次世界大戦中に、アラン・ドワンゴードン・ダグラスの監督作品を量産する。戦後の1950年代には、フィル・カールソンレイ・ナザロの監督作品を量産した。この時期の作品は、『仲の良い敵同志』、『ゲッティング・ガーティズ・ガーター』、『百万長者ブリュースター』といったサイレント映画時代のヒット作のリメイクを多く手がけた。当時のヨーロッパでの代理人は、のちに映画プロデューサー・映画監督となるラウール・レヴィであった。

1952年、テレヴィジョン・プログラムズ・オヴ・アメリカの設立に参加、テレビ映画の製作にも関わり、この功績により、ハリウッド・ウォーク・オブ・フェームに名を残す(1501 Vine Street)。

1970年、79歳のとき、世界初の性別適合手術を受けたクリスティーン・ジョーゲンセンの伝記映画『華麗なる変身』を、アーヴィング・ラパー監督でプロデュースしたのを最後に映画界からは引退する。

1977年1月25日、カリフォルニア州ロサンゼルスで癌により死去した。満85歳没。

ジャン=リュック・ゴダールは『カルメンという名の女』(1983年)の末尾に「スモール・ムーヴィーズを悼んで」(In Memoriam Small Movies)と記している。「スモール・ムーヴィーズ」とは、インディペンデントでアラン・ドワンらのBムーヴィを量産したエドワード・スモールの映画群を指す。

おもなフィルモグラフィ[編集]

1920年代[編集]

1930年代[編集]

1940年代[編集]

1950年代[編集]

1960年代[編集]

1970年代[編集]

関連項目[編集]

[編集]

  1. ^ a b c d e f g h #外部リンク欄、Internet Movie Databaseの本項リンク先「Biography」の記述を参照。二重リンクを省く。
  2. ^ a b #外部リンク欄、The New York Times公式サイト内の本項リンク先の記述を参照。二重リンクを省く。

外部リンク[編集]