グロリア・スワンソン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
グロリア・スワンソン
Gloria Swanson
Gloria Swanson
宣材写真
本名 Gloria May Josephine Swanson
別名義 Gloria Mae[1]
生年月日 1899年3月27日
没年月日 1983年4月4日(満84歳没)
出生地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国イリノイ州シカゴ
死没地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国ニューヨーク州ニューヨーク市
身長 155 cm[2]
職業 女優
ジャンル 映画
活動期間 1914年 - 1974年
配偶者 ウォーレス・ビアリー (1916-1919)
ハーバート・K・ソンボーン (1919-1922)
アンリ・ド・ラ・ファレーズ (1925-1931)
マイケル・ファーマー (1931-1934)
ジョージ・ウィリアム・デイヴィ (1945-1948)
ウィリアム・ダフティ (1976-1983)
主な作品
サンセット大通り』(1950年)

グロリア・スワンソンGloria Swanson, 1899年3月27日 - 1983年4月4日)は、アメリカ合衆国女優である。サイレント時代に活躍した。

生涯[編集]

イリノイ州シカゴにて、スウェーデン系の父親 (Joseph Theodore Swanson) とポーランド系の母親 (Adeline Klanowsky Woodruff) の間に生まれる[3][4]。出生名はGloria Mae (or May) Josephine Swanson (or Svensson)プエルトリコシカゴキー・ウエストなどで育つ。学校を終えた後はデパートで販売員として働くようになる。

特にショービジネスに興味はなかったが、1914年からエキストラとして映画に出演するようになる[5] 。1916年にロサンゼルスに移り、マック・セネットのコメディなどに出演。1919年にパラマウント映画と契約。セシル・B・デミルに見いだされる。身長約150センチと小柄ながら、豪華なセット、衣装を用いたゴージャスな作品で、人気を博す。

週に100万ドル稼ぎ、100万ドル使うスターと呼ばれた。1916年に俳優のウォーレス・ビアリーと結婚するが3年後に離婚。2度目の夫、実業家ソンボーン(Herbert K. Somborn)との間に娘グロリア(Gloria)を出産。出産後もスターとしての人気は衰えず、初めての子持ちのスターでもあった。3度目の夫は、『在りし日のナポレオン』撮影中、フランスで通訳を務めたド・ラ・ファレーズ侯爵(Henry de La Falaise)。貴族と結婚した初めてのハリウッド女優だった(貴族と結婚したポーラ・ネグリと張り合ったと言われる)。この結婚と同時期に、ケネディ大統領の父親であるジョセフ・P・ケネディと不倫の関係にあったことを、50年後に出版した自伝で初めて明かした[6]。関係は3年続き、カトリックであるため離婚のできない彼のため、身を引いたという。4度目にはマイケル・ファーマーという男性と結婚し、2人目の娘ミシェル(Michele)をもうけるが3年で離婚。5番目の夫ジョージ・ウィリアム・デイヴィとは45日間しか共に生活しなかったという。最後の夫となったウィリアム・ダフティ(William Dufty)は作家・脚本家で、彼女の死まで共に暮らした。

1950年のビリー・ワイルダー監督作品『サンセット大通り』において、サイレント時代に活躍し忘れ去られた女優という、彼女自身を投影した役でカムバックした。この作品でゴールデングローブ賞 主演女優賞 (ドラマ部門)を受賞、アカデミー主演女優賞にもノミネートされた。

その後は主にテレビを中心に活動を続けた。遺作は本人(をモデルとした同姓同名の女優)役で出演した映画『エアポート'75』(1974年)。

1983年に心臓病により死去[7]

主な出演作品[編集]

公開年 邦題
原題
役名 備考
1915 チャップリンの役者
His New Job
短編、クレジットなし
1919 夫を変へる勿れ
Don't Change Your Husband
レイラ・ポーター
連理の枝
For Better, for Worse
シルヴィア・ノークロス
男性と女性
Male and Female
レディ・メアリー・ラセンビー
1920 何故妻を換へる?
Why Change Your Wife?
ベス・ゴードン
人間苦
Something to Think About
ルース・アンダーソン
1921 大事な時
The Great Moment
ナダ/ナディーン
アナトール
The Affairs of Anatol
ヴィヴィアン・スペンサー
銃口に立つ女
Under the Lash
デボラ
言はぬが花
Don't Tell Everything
マリアン
1922 夫の商標
Her Husband's Trademark
ロイス・ミラー
黄金の籠
Her Gilded Cage
スザンヌ
巨巖の彼方
Beyond the Rocks
テオドラ・フィッツジェラルド
白絹の女
The Impossible Mrs. Bellew
ベティ
大陸に鳴る女
My American Wife
ナタリー・チェスター
1923 放埓娘
Prodigal Daughters
スィフティ・フォーブス
幸福の扉
Bluebeard's Eighth Wife
モナ
舞姫ザザ
Zaza
ザザ
1924 蜂雀
The Humming Bird
トワネット
焔の女
A Society Scandal
マージョリー・コーベット
嬲られ者
Manhandled
テッシー
ありし日のナポレオン
Madame Sans-Gêne
カトリーヌ
1925 女心
The Coast of Folly
ナディーン
当り狂言
Stage Struck
ジェニー
1926 女王蜂
The Untamed Lady
セントクレア・ヴァン・タッセル
野薔薇
Five Manners
オーキッド・マーフィー
1927 五つの魂を持つ女
The Love of Sunya
サンヤ・アシュリング
1928 港の女
Sadie Thompson
サディ・トンプソン
1929 クィーン・ケリー
Queen Kelly
キティ・ケリー
トレスパッサー
The Trespasser
マリオン・ドネル
1930 陽気な後家さん
What a Widow!
タマリンド・ブルック
1931 恋愛即興詩
Indiscreet
ジェラルディン・トレント
今宵ひととき
Tonight or Never
ネラ・ヴァゴ
1933 完全な諒解
Perfect Understanding
ジュディ・ロジャース
1934 空飛ぶ音楽
Music in the Air
フリーダ
1950 サンセット大通り
Sunset Boulevard
ノーマ・デズモンド ゴールデングローブ賞 受賞
1956 わが息子暴君ネロ
Mio figlio Nerone
アグリッピナ
1960 喜劇の王様たち
When Comedy Was King
- ドキュメンタリー
1974 恐怖の殺人蜜蜂
Killer Bees
Madame Maria von Bohlen テレビ映画
エアポート'75
Airport 1975
グロリア・スワンソン

受賞歴[編集]

アカデミー賞[編集]

ノミネート
1929年 アカデミー主演女優賞:『港の女
1930年 アカデミー主演女優賞:『トレスパッサー
1951年 アカデミー主演女優賞:『サンセット大通り

ゴールデングローブ賞[編集]

受賞
1951年 主演女優賞 (ドラマ部門):『サンセット大通り』

日本での伝記関連[編集]

  • サイレント・コメディ全史(新野敏也著、1992年、喜劇映画研究会 ISBN-13: 978-4906409013)
  • 〈喜劇映画〉を発明した男 帝王マック・セネット、自らを語る(マック・セネット著、石野たき子訳/新野敏也監訳、2014年、作品社 ISBN-10: 4861824729)

参考文献[編集]

  1. ^ Gloria Swanson” (英語). AllMovie. 2013年12月14日閲覧。
  2. ^ Gloria Swanson - Biography” (英語). IMDb. 2013年12月14日閲覧。
  3. ^ Quirk, Lawrence J. (1984). The Films of Gloria Swanson. Citadel Press. p. 256. ISBN 0-8065-0874-4. 
  4. ^ Harzig, Christiane (1996). Peasant Maids, City Women. Cornell University Press. p. 283. ISBN 0-8014-8395-6. 
  5. ^ Swanson, Gloria (1981). Swanson on Swanson. Chapter 2: Random House. ISBN 0-394-50662-6. 
  6. ^ See, for example, Gloria and Joe: The Star-Crossed Love Affair of Gloria Swanson and Joe Kennedy by Axel Madsen, 1988 (ISBN 0877959463) or Joseph P. Kennedy Presents: His Hollywood Years by Cari Beauchamp, 2009 (ISBN 1400040000)
  7. ^ Peter B. Flint (1983年4月5日). “GLORIA SWANSON DIES; 20's FILM IDOL” (英語). ニューヨーク・タイムズ. http://www.nytimes.com/1983/04/05/obituaries/gloria-swanson-dies-20-s-film-idol.html 2013年12月14日閲覧。 

外部リンク[編集]