ルドルフ・ヴァレンティノ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ルドルフ・ヴァレンティノ
Rudolph Valentino
ルドルフ・ヴァレンティノRudolph Valentino
本名 Rodolfo Alfonso Raffaello Piero Filiberto Guglielmi di Valentina d'Antoguolla
生年月日 1895年5月6日
没年月日 1926年8月23日(満31歳没)
出生地 イタリア王国の旗 イタリア王国プッリャ州カステッラネータ
死没地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国ニューヨーク州ニューヨーク
国籍 イタリアの旗 イタリア
配偶者 ジーン・アッカー(1919-1923)
ナターシャ・ランボバ(1923-1926)

ルドルフ・ヴァレンティノRudolph Valentino、本名:Rodolfo Alfonso Raffaello Piero Filiberto Guglielmi di Valentina d'Antoguolla、1895年5月6日 - 1926年8月23日)は、サイレント映画時代ハリウッドで活躍したイタリア出身の俳優である。

生涯[編集]

イタリア南部のプッリャ州カステッラネータで生まれた。父親はイタリア人、母親はフランス人。父親は彼が11歳の時にマラリアで亡くなった。[1][2][3]15歳で軍隊に入ろうとするが、胸囲が1インチ足りず、身体検査で不合格となる。結果的にジェノヴァで農学を学んだ[4]が、後にフランスに渡りパリでダンサーとして働くようになった。

1913年に、友人の勧めによってアメリカニューヨークに渡る。[5][6]はじめは生活のために様々な仕事をしていたが、ボールルーム・ダンサーとしての仕事を得て[7]アルゼンチン・タンゴの名手として有名になった。のちに発砲事件に巻き込まれ、ニューヨークを離れる。これは、ルドルフのダンス・パートナーと不倫関係にあった男性が、彼自身の妻に撃たれるというものだった。[8]

1917年にハリウッドに移り、映画『Alimony』にダンサーとして出演。その後数多くのサイレント映画に端役で出演。1919年には女優のジーン・アッカーと結婚するも、彼女はレズビアンであり関係は長く続かなかった。[2]

そんなある日、脚本家のジューン・マシスの目に留まり、彼女の推挙によりレックス・イングラム監督の『黙示録の四騎士』にアルゼンチン人役で出演、一躍スターとなる。[9][10]それを見たアラ・ナジモヴァに気に入られ、彼女の主演作『椿姫』に相手役として出演。

彼の魅力はそのエキゾチックな容姿で、『シーク』ではアラブ系の族長を、『血と砂』ではスペイン人の闘牛士を、『荒鷲』ではロシア人の貴族を演じ、同時代のセックス・シンボルとして絶大な人気を誇った。当時、劇場に出かける女性のほとんどが「彼がスクリーンから見つめる」という理由で綺麗に化粧をしていったという。

1922年に『椿姫』の美術監督だったナターシャ・ランボヴァと再婚する。前妻との離婚が成立していなかったため重婚罪に問われ拘留されるが[11]、翌年に正式に結婚した。[12] しかし彼女は次第にルドルフの仕事に口出しをするようになり[13]、それが元でパラマウントと揉めて映画出演を2年間止められてしまう。その間、彼は化粧品会社に名前を貸したり、ダンスツアーを行なった。ルドルフはナターシャと1925年に離婚し、ドイツ人女優ポーラ・ネグリと婚約した。

1926年、胃潰瘍の手術後の経過が悪く、わずか31歳の若さで亡くなる。[9][14]葬儀の際には10万人のファンがあつまり、後追い自殺するものまで出たという。彼がスターであったのは実質5年間であった。

葬儀に参列した女性ファンは手記にこう残している。

「群衆は余りにも大きく膨れ上がって、葬儀場の前のビルのガラスを割ってしまったほどです。柩に横たわっているヴァレンティーノはすぐそこに見えました。私達は、彼をただひと目でも見たかったのです。でも、今思えば殆どの人が『ただの好奇心』に過ぎなかったのだと思います。」(NHKスペシャル「映像の世紀~それはマンハッタンから始まった~から「葬儀に参列した女性の手記」より)

彼の死後も毎年、命日になると花をささげに来る黒衣の美女が目撃されている。当初はプレス・エージェントが宣伝のために行ったようだが、以後はそれを模倣するものが行っている[15]

主な出演作品[編集]

公開年 邦題
原題
役名 備考
1919 可愛い小悪魔
The Delicious Little Devil
ジミー
黎明
Big Little Person
アーサー
1920 情熱の楽園
Passion's Playground
Prince Angelo Della Robbia
凡ての女に一度
Once to Every Woman
ジュリアンティーモ
1921 黙示録の四騎士
The Four Horsemen of the Apocalypse
Julio Desnoyers
征服の力
The Conquering Power
チャールズ
椿姫
Cammile
Armand Duval
シーク
The Sheik
シーク=アーメッド・ベン・ハッサン
1922 海のモーラン
Moran of the Lady Letty
ラモン・ラレド
巨巌の彼方
Beyond the Rocks
ヘクター・ブラコンデール
血と砂
Blood and Sand
フアン・ガラード
ヤング・ラジャー
The Young Rajah
エイモス・ジャッド
1924 ボーケール
Monsieur Beaucaire
ボーケール
情熱の悪鬼
A Sainted Devil
ドン・アロンゾ・カストロ
1925 荒鷲
The Eagle
ウラジミール・ドブロブスキー
コブラ
Cobra
ロドリゴ・トリアーニ伯爵
1926 熱砂の舞
The Son of the Sheik
シーク


その他[編集]

その美貌を買われて、日本では丹頂(今のマンダム)が当時発売していた「丹頂ポマード」の広告モデルに起用したことがある。

伝記作品[編集]

1977年ケン・ラッセル監督により彼の伝記映画『バレンチノ』(DVD題は『ヴァレンティノ』に変更され2009年9月に発売)が製作されている。

1986年宝塚歌劇団が「ヴァレンチノ」を上演。大幅な脚色がなされており、ヒロインは彼の妻ナターシャではなくシナリオライターのジューンである。1992年2011年に再演されている。[16]

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Walker, Alexander. Rudolph Valentino. Stein and Day, 1976. ISBN 0-8128-2098-3.
  2. ^ a b Gregg, Jill A. (2002年). “St. James Encyclopedia of Pop Culture: Rudolph Valentino”. St. James Encyclopedia of Pop Culture. http://findarticles.com/p/articles/mi_g1epc/is_bio/ai_2419201243 2008年4月7日閲覧。 
  3. ^ [1]
  4. ^ Leider, Emily Leider. Dark Lover: The Life and Death of Rudolph Valentino. Farrar, Straus and Giroux, 2003. ISBN 0-374-28239-0.
  5. ^ Leider, Emily W., Dark Lover. p. 41-60
  6. ^ The Statue of Liberty – Ellis Island Foundation, Inc”. Ellisisland.org. 2010年5月15日閲覧。
  7. ^ Robinson, David (2004年6月). “Embezzler Of Hearts”. Sight & Sound. 2008年4月7日閲覧。
  8. ^ Parish, James Robert (2004). The Hollywood Book of Scandals: The Shocking, Often Disgraceful Deeds. McGraw-Hill Professional. ISBN 0-07-142189-0. 
  9. ^ a b Botham, Noel (2002). Valentino: The First Superstar. Metro Publishing Ltd.. ISBN 1-84358-013-6. 
  10. ^ Biggest Money Pictures. CinemaWeb.com.
  11. ^ Wallace, David. Lost Hollywood. Macmillan. p. 48. ISBN 0-312-26195-0. 
  12. ^ Morris, Michael. Madam Valentino. Abbeville Press. p. 133. ISBN 1-55859-136-2. 
  13. ^ Leider, Emily W., Dark Lover. pp. 326–350.
  14. ^ “Valentino Loses Battle With Death: Greatest of Screen Lovers Fought Valiantly For Life” (PDF). The Plattsburgh Sentinel. Associated Press: p. 1. (1926年8月24日). http://news2.nnyln.net/plattsburgh-sentinel/1926/plattsburgh-sentinel-1926-july-september%20-%200091.pdf 2010年5月15日閲覧。 
  15. ^ Time Magazine Article on Woman in Black
  16. ^ 名作の再演、タンゴで堪能 宝塚「ヴァレンチノ」(asahi.com 2011年3月9日)

外部リンク[編集]