シーク (映画)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
シーク
The Sheik
監督 ジョージ・メルフォード
脚本 モント・カッタージョン
原作 エディス・ハル
出演者 ルドルフ・ヴァレンティノ
アグネス・エイヤース
アドルフ・マンジュー
ワルター・ロング
撮影 ウィリアム・マーシャル
配給 パラマウント映画
公開 アメリカ合衆国の旗 1921年10月30日
日本の旗 1922年8月23日
上映時間 80分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
次作 熱砂の舞
テンプレートを表示

シーク』(英語: The Sheik)は、1921年パラマウント映画が公開したルドルフ・ヴァレンティノ主演のアメリカ映画サイレント映画・ロマンス=アクション映画である。

概要[編集]

同年、『黙示録の四騎士』で人気スターに躍り上がったヴァレンティノがパラマウントへ移籍しての第一作。彼の代表作の一つ。日本では、翌1922年(大正11年)8月23日帝国劇場で公開された。

シーク(sheik)とは、アラビア語で族長などを意味するシャイフ(شيخ)の英語読み。同じく名前のアーメッド(Ahmed)も、アラビア語のアハマド(أحمد)の英語風読み方である。

近代的な白人女性がアラブ部族の首長と恋に落ちるという典型的なエキゾティズム(異国趣味)・オリエンタリズムのストーリーである。また、ヴァレンティノが扮するシークは一見アラブ人の族長という設定になっているが、この作品の底流には「正しい白人が悪いアラブ人をやっつける」という意識が潜んでいると思われる[要出典]

ヴァレンティノの人気を決定づけた本作の続編として、1926年に『熱砂の舞』(The Son of the Sheik)が公開され、彼の遺作となった。

スタッフ[編集]

キャスト[編集]

  • ルドルフ・ヴァレンティノ - シーク=アーメッド・ベン・ハッサン(Sheik Ahmed Ben Hassan, الشيخ أحمد بن حسن);アラブの族長(シーク
  • アグネス・エイヤースAgnes Ayres) - ダイアナ・メイヨ;イギリス女性
  • アドルフ・マンジュー - ラウール・ド・サン・ユベール;アーメッドの友人
  • フランク・バトラー - オーブレイ・メイヨ卿
  • ルース・ミラー - ジラー;結婚市場の客
  • ジョージ・ワグナー - ユーセフ;部族の族長
  • ルシアン・リトルフィールド - ガストン;シークのフランス人従者
  • ワルター・ロングWalter Long) - ウマイル;山賊
  • チャールズ・ブリンドレイ - ムスタファー・アリ;ダイアナのガイド

ストーリー[編集]

自由を束縛される結婚を嫌ってサハラ砂漠へ旅に出たイギリス女性ダイアナは、砂漠の中の町ビスクラでアラブの族長アーメッドに出逢う。はじめ、ダイアナはアーメッドを「野蛮人」と嫌うが、彼はフランスで教育を受けた洗練された人物だという。ある日、砂漠へ出たダイアナは、通りかかったアーメッドによって彼の天幕へと連れ去られて自由を奪われる。数日後、彼女はアーメッドの従者ガストンを振り切って逃亡を謀るが、山賊オマイルに襲われそうになり、アーメッド一行により助けられる。アーメッドの友人でフランス人のラウールは、彼女が嫌がっているので、帰してやるべきだとアーメッドを説得する。

アーメッドは、案内役ムスタファーをつけてダイアナを送り返す。ダイアナは途上の砂の上に「Ahmed I love you(アーメッド、愛しています)」と記すが、オマイル一派に襲われて砦に連れ去られてしまう。ダイアナが襲われたことを知り、砂の上の言葉で彼女の愛を理解したアーメッドは部族を引き連れて、オマイルの砦を襲撃する。ダイアナを助け、オマイルを倒すが、自らも重傷を負うアーメッド。ラウールの看病により目覚めるアーメッド。ダイアナは、アーメッドの実の父親がイギリス人、母親がスペイン人で、アラブ部族に拾われたのだと知る。出自が同じと知って、ついに二人は結ばれる。

外部リンク[編集]