アドルフ・マンジュー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アドルフ・マンジュー
Adolphe Menjou
Adolphe Menjou
スタア誕生』(1937)より
本名 Adolphe Jean Menjou
生年月日 1890年2月18日
没年月日 1963年10月29日(満73歳没)
出生地 アメリカ合衆国の旗 ペンシルベニア州ピッツバーグ
死没地 アメリカ合衆国の旗 カリフォルニア州ビバリーヒルズ
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
職業 俳優
活動期間 1916年 – 1961年
配偶者 Kathryn Conn Tinsley (? - ?)
Kathryn Carver (1928–1934)
Verree Teasdale (1934–1963)

アドルフ・マンジュー(Adolphe Jean Menjou、1890年2月18日1963年10月29日) はアメリカ合衆国の俳優。サイレント映画からトーキーの移り変わりから活躍を開始し 『シーク』、『巴里の女性』、『モロッコ』、『スタア誕生』と言った作品に出演した。また、1931年に『犯罪都市』に出演したことでアカデミー賞にノミネートされた。

略歴[編集]

フランス人アイルランド人の血を引いて、ペンシルベニア州ピッツバーグに生まれた彼は[1]カトリック教会を信仰する一家に育てられ、Culver Military Academyを出て、コーネル大学でエンジニアリングの学位を取得して卒業。ヴォードヴィルの魅力に引き付けられ、1916年The Blue Envelope Mysteryで俳優デビューを果たす。第一次世界大戦のさなか、彼は救護班のリーダーとして活躍した。

1947年、マンジューはハリウッドで赤狩りが猛威を振るった時、下院非米活動委員会と手を組み、Motion Picture Alliance for the Preservation of American Idealsという、ハリウッドにおける共産主義対策の自己流パトリオティズム団体の主要メンバーを務めていた。この団体には1939年に『ゴールデン・ボーイ』で共演した バーバラ・スタンウィックとその夫 ロバート・テイラーもいた。

政治的信念のためにキャサリン・ヘプバーンとは対立していた。マンジューは『ステージ・ドア』と『愛の立候補宣言』に、スペンサー・トレイシーと共に出演したが、へプバーンが共産主義者と疑われた際、彼女はアメリカ人の告げ口に反対した。ウィリアム・マンが著したヘプバーンの伝記 Kateによれば、『愛の立候補宣言』で脚本上やむを得ずしゃべらなければいけない時だけしか2人は口を利かなかったとされる。

1948年、自伝 It Took Nine Tailorsを出版。

1961年に放送されたCBSの The DuPont Show with June Allyson というテレビ番組のアメリカ合衆国の漫画家ジェームズ・サーバーの作品を基にした The Secret Life of James Thurber という回ではオーソン・ビーン(ジョン・モンロー役)とスー・ランドール(エレン・モンロー役)と共演した。

1963年10月29日肝炎のため死亡。Hollywood Forever Cemeteryに埋葬された。 ハリウッド・ウォーク・オブ・フェーム 6822 Hollywood Blvdに星がある。

主な出演作品[編集]

ステージ・ドア』(1937年)
  • The Blue Envelope Mystery (1916)
  • シーク The Sheik (1921), (ルドルフ・ヴァレンティノ主演)
  • 三銃士 The Three Musketeers (1921)
  • 向ふ見ずの女 Head Over Heels (1922)
  • 巴里の女性 A Woman of Paris (1923)
  • 結婚哲学 The Marriage Circle (1924)
  • 禁断の楽園 Forbidden Paradise (1924)
  • 三日伯爵 A Social Celebrity (1926)
  • サタンの嘆き The Sorrows of Satan (1926)
  • A Gentleman of Paris (1927)
  • Mysterious Mr. Parkes (1930)
  • モロッコ Morocco (1930)
  • The Easiest Way (1931)
  • 犯罪都市 The Front Page (1931)
  • たそがれの女 Forbidden (1932)
  • 戦場よさらば A Farewell to Arms (1932)
  • 勝利の朝 Morning Glory (1933)
  • Convention City (1933)
  • 喇叭は響く The Trumpet Blows (1934)
  • 可愛いマーカちゃん Little Miss Marker (1934)(共演:シャーリー・テンプル
  • 曲芸団 The Mighty Barnum (1934)
  • ゴールド・ディガース36年 Gold Diggers of 1935 (1935)
  • ロイドの牛乳屋 The Milky Way (1936)
  • スタア誕生 A Star Is Born (1937)
  • オーケストラの少女 One Hundred Men and a Girl (1937)
  • ステージ・ドア Stage Door (1937)
  • 華麗なるミュージカル The Goldwyn Follies (1938)
  • ゴールデン・ボーイ Golden Boy (1939)
  • The Housekeeper's Daughter (1939)
  • That's Right You're Wrong (1939)
  • Roxie Hart (1942)
  • 晴れて今宵は You Were Never Lovelier (1942)
  • Hi Diddle Diddle (1943)
  • 芸人ホテル Step Lively (1944)
  • 自信売ります The Hucksters (1947)
  • 愛の立候補宣言 State of the Union (1948),(共演: スペンサー・トレイシーキャサリン・ヘップバーン
  • 夢はあなたに My Dream Is Yours (1949)
  • ミズーリ横断 Across the Wide Missouri (1951)
  • The Sniper (1952)
  • 恋は巴里で The Ambassador's Daughter (1956)
  • 歓びの街角 Bundle of Joy (1956)
  • さらわれた花嫁 The Fuzzy Pink Nightgown (1957)
  • 突撃 Paths of Glory (1957),(主演:カーク・ダグラス
  • I Married a Woman (1958)
  • ポリアンナ Pollyanna (1960)

脚注[編集]

  1. ^ IMDbのバイオグラフィによると、"His Irish mother was a distant cousin of novelist/poet James Joyce ("Ulysses") (1882-1941). His Frenczfather, an émigré, eventually moved the family to Cleveland, Ohio, where he operated a chain of restaurants."(訳:彼のアイルランド人の母親は、ジェームズ・ジョイスの遠いいとこである。彼のフランス人の父はフランス革命時の亡命貴族で、最終的に家族でオハイオ州クリーヴランドに移り住んだ際、レストランチェーンを開いた)とある。

外部リンク[編集]