腹膜炎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

腹膜炎(ふくまくえん、: Peritonitis)は、腹膜炎症を指す。

原因[編集]

症状[編集]

急性
  • 腹部の疼痛。時間の経過と共にだんだんと痛む部分が広がっていく。
  • ブルンベルグ徴候(腹部を圧迫した手を急に離すことで周囲に痛みが響く)のような現象を生じる。
  • 筋性防御(腹筋部分が板のように硬くなる)という現象が生じる。
  • 発熱悪寒嘔吐頻脈などが起こる。
  • 症状が重くなると意識を失い死亡する事もある。
慢性
  • 症状は緩やかに経過するが、放置するとの腹のようにふくれることがある。

診断[編集]

治療[編集]

早期治療が基本とされている。


関連項目[編集]