スーザン・ヘイワード

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
スーザン・ヘイワード
Susan Hayward
Susan Hayward
1940年代初頭のヘイワード
本名 Edythe Marrenner
生年月日 1917年6月30日
没年月日 1975年3月14日(満57歳没)
出生地 ブルックリン
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
配偶者 ジェス・バーガー (1944-1953)
Eaton Chalkley (1957-1966)

スーザン・ヘイワードSusan Hayward, 本名: Edythe Marrenner, 1917年6月30日 - 1975年3月14日)は、アメリカ合衆国ニューヨーク州出身の女優である。

スマッシュ・アップ』(1947年)の一場面

生涯[編集]

祖父母はスウェーデンからの移民[1]。父はトラック運転手1917年(1918年または1919年説もある)にニューヨークブルックリンに生まれる。

1937年、商業高校を卒業後に女優を夢見てモデルを経て、ハリウッドに移る。この時期、『風と共に去りぬ』のオーディションも受け最終選考まで残っているが、役を得ることは出来なかった。しかし徐々に映画に出演しはじめ、1939年には『ボー・ジェスト』でゲイリー・クーパーの相手役にキャスティングされ、実質的なデビューを果たす。その後は、映画会社を渡り歩き、多くのB級映画に出演したが、いずれも男優の添え物扱いという不遇な時期を過ごす。だがその後は順調にキャリアを重ね、人気女優となった。赤毛の髪の毛がトレードマークで、美しさはハリウッド一と言われた。1952年にはハリウッドの外人記者協会が「世界で最も愛すべきスター」の女優部門に彼女を選んでいる。

1947年の『スマッシュ・アップ』で初めてアカデミー賞にノミネート。その後、『愚かなり我が心』、『我が心に歌えば』、『明日泣く』 でもノミネートされたが受賞にまでは至らなかった。 1955年の『明日泣く』でカンヌ国際映画祭 女優賞を受賞。1958年に『私は死にたくない』で実在した女囚を演じアカデミー主演女優賞を受賞し女優として認められた。受賞時のインタビューでは歓喜のあまり「私はこのまま死んでしまいたい」と言った。

プライベート[編集]

私生活では1944年にジェス・バーガーと結婚。双子を出産するが、1953年に離婚。1955年には睡眠薬自殺をはかったが命は取り留めている。1957年に弁護士のEaton Chalkleyと再婚するが、1966年に彼は病死した。

1971年に脳腫瘍の兆候が現れ入院する。その際複数のの病変も発見されたが、彼女は手術を拒否して投薬等での治療を続けた。しかし1974年には症状が悪化し、7月に脳腫瘍の手術を受けた。その後も容体は好転せず、1975年3月にカリフォルニア州で死去した。

主な出演作品[編集]

公開年 邦題
原題
役名 備考
1937 聖林(ハリウッド)ホテル
Hollywood Hotel
クレジットなし
1938 黄昏
The Sisters
クレジットなし
1939 ボー・ジェスト
Beau Geste
イザベル・リバース
1941 四人の息子
Adam Had Four Sons
ヘスター
地下室の狂人
Among the Living
ミリー
1942 絶海の嵐
Reap the Wild Wind
ドルシラ
森林警備隊
The Forest Rangers
タナ・メイソン(ブッチ)
奥様は魔女
I Married a Witch
エステル・マスターソン
1943 俳優志願
Young and Willing
ケイト・ベンソン
1944 血戦奇襲部隊
The Fighting Seabees
コンスタンス
愛のあけぼの
And Now Tomorrow
ジャニス・ブレア
1946 タイムリミット25時
Deadline at Dawn
ジューン
インディアン渓谷
Canyon Passage
ルーシー
1947 スマッシュ・アップ
Smash-Up, the Story of a Woman
アンジェリカ
私は殺さない
They Won't Believe Me
ヴェルマ・カールソン
ザ・ロスト・モーメント
The Lost Moment
ティナ
1948 愛と血の大地
Tap Roots
モーナ
1949 タルサ
Tulsa
チェロキー・ランシング
他人の家
House of Strangers
イレーナ・ベネット
愚かなり我が心
My Foolish Heart
エロイーズ・ウィンター
1951 栄光の彼方に
I'd Climb the Highest Mountain
メアリー・エリザベス・イーデン・トンプソン
狙われた駅馬車
Rawhide
ヴィニー・ホルト
愛欲の十字路
David and Bathsheba
バテシバ
1952 わが心に歌えば
With a Song in My Heart
ジェーン・フロマン ゴールデングローブ賞 受賞
キリマンジャロの雪
The Snows of Kilimanjaro
ヘレン
1953 真紅の女
The President's Lady
レイチェル・ジャクソン
蛮地の太陽
White Witch Doctor
エレン・バートン
1954 ディミトリアスと闘士
Demetrius and the Gladiators
メッサリナ
悪の花園
Garden of Evil
リア・フラー
1955 野性の女
Untamed
ケイティ・オニール
一攫千金を夢見る男
Soldier of Fortune
ジェーン・ホイト
明日泣く
I'll Cry Tomorrow
リリアン・ロス カンヌ国際映画祭 女優賞受賞
1956 征服者
The Conqueror
1957 将軍ベッドに死す
Top Secret Affair
ドロシー・ピール
1958 私は死にたくない
I Want to Live!
バーバラ・グレアム アカデミー主演女優賞受賞
1959 バスク決死隊
Thunder in the Sun
ガブリエレ
愛は憎しみの彼方に
Woman Obsessed
メアリー・シャロン
1961 裏街
Back Street
ラエ・スミス
1963 愛の勝利
Stolen Hours
ローラ・ベンバー
1964 愛よいずこへ
Where Love Has Gone
ヴァレリー・ヘイドン・ミラー
1966 三人の女性への招待状
The Honey Pot
シェリダン夫人
1967 哀愁の花びら
Valley of the Dolls
ヘレン・ローソン
1972 復讐の荒野
The Revengers
エリザベス
女弁護士ジェシー/逆転の最終弁論
Heat of Anger
ジェシー・フィッツジェラルド テレビ映画
さよならコール先生
Say Goodbye Maggie Cole
マギー・コール テレビ映画

関連書籍[編集]

脚注[編集]

  1. ^ TMSI Research Database RootsWeb.

外部リンク[編集]