シャーリー・マクレーン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
シャーリー・マクレーン
Shirley MacLaine
Shirley MacLaine
(2005年、トロント国際映画祭にて)
本名 Shirley MacLean Beaty
生年月日 1934年4月24日(79歳)
出生地 バージニア州リッチモンド
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
職業 女優
配偶者 スティーブ・パーカー (1954-1982)
家族 弟 ウォーレン・ベイティ
娘 サチ・パーカー
公式サイト shirleymaclaine.com
主な作品
愛と追憶の日々
アパートの鍵貸します

シャーリー・マクレーンShirley MacLaine、本名:Shirley MacLean Beaty1934年4月24日-)はアメリカ合衆国出身の俳優である。バージニア州リッチモンド出身。俳優のウォーレン・ベイティは弟、サチ・パーカーは娘。

来歴・人物[編集]

バレエ学校で学び、16歳でブロードウェイにダンサーとしてデビュー。映画デビューは1955年アルフレッド・ヒッチコック作品『ハリーの災難』。コケティッシュな魅力で人気を博した。

1983年には『愛と追憶の日々』でアカデミー主演女優賞を受賞。ヴェネツィア国際映画祭ベルリン国際映画祭でもそれぞれ2回、女優賞を受賞している。

仏教思想を初めとする東洋文化に傾倒している。娘の名前は小森和子によって"blessed child"を意味する日本名「幸子」にちなんで名づけた。

輪廻転生説をとなえ、自身の前生を一休宗純の最愛の伴侶であったと言う。彼女は盲目の三味線弾きで、70代後半の一休よりも40歳も若かったとのこと。

1983年に刊行され世界的なベストセラーとなった『アウト・オン・ア・リム』をはじめ、多くの精神世界に関する著作がある。

主な出演作品[編集]

公開年 邦題
原題
役名 備考
1955 ハリーの災難
The Trouble With Harry
ジェニファー・ロジャース
画家とモデル
Artists and Models
ベッシー
1956 八十日間世界一周
Around the World in Eighty Days
アウダ姫
1958 縄張り
The Sheepman
デル・ペイトン
花嫁売り込み作戦
The Matchmaker
イレーネ
走り来る人々
Some Came Running
ジニー・ムーアヘッド
1959 恋の売込み作戦
Ask Any Girl
メグ ベルリン国際映画祭 銀熊賞 (女優賞) 受賞
英国アカデミー賞 女優賞(国外) 受賞
果てしなき夢
Career
シャロン・ケンジントン
1960 カンカン
Can-Can
シモーヌ
アパートの鍵貸します
The Apartment
フラン ヴェネチア国際映画祭 女優賞 受賞
ゴールデングローブ賞 主演女優賞 (ミュージカル・コメディ部門) 受賞
英国アカデミー賞 女優賞(国外) 受賞
オーシャンと十一人の仲間
Ocean's Eleven
酔った女性 クレジットなし
1961 凡ては夜に始まる
All in a Night's Work
ケイティ・ロビンズ
噂の二人
The Children's Hour
マーサ・ドビー
1962 青い目の蝶々さん
My Geisha
ルーシー・デル/ヨーコ・モリ
すれちがいの街角
Two for the Seesaw
1963 あなただけ今晩は
Irma la Douce
イルマ ゴールデングローブ賞 主演女優賞 (ミュージカル・コメディ部門) 受賞
1964 何という生き方!
What a Way to Go!
ルイーザ・メイ・フォスター
黄色いロールス・ロイス
The Yellow Rolls-Royce
メエ・ジェンキンス
1966 泥棒貴族
Gambit
ニコール
1967 女と女と女たち
Woman Times Seven
Paulette/Maria Teresa/Linda/Edith/Eve Minou/Marie/Jeanne
1968 おかしな夫婦・大逆転!?
The Bliss of Mrs. Blossom
ハリエット
スイート・チャリティ
Sweet Charity
チャリティ・ホープ・ヴァレンタイン
1970 真昼の死闘
Two Mules for Sister Sara
サラ
1971 Desperate Characters ソフィー・ベントウッド ベルリン国際映画祭 銀熊賞 (女優賞) 受賞
1977 愛と喝采の日々
The Turning Point
ディーディー
1979 チャンス
Being There
イブ・ランド
1980 ラヴィング・カップル
Loving Couples
イヴリン・ルーカス・カービー
LOVEシーズン
A Change of Seasons
Karyn Evans
1983 愛と追憶の日々
Terms of Endearment
オーロラ・グリーンウェイ アカデミー主演女優賞 受賞
ゴールデングローブ賞 主演女優賞 (ドラマ部門) 受賞
1984 キャノンボール2
The Cannonball RunⅡ
ヴェロニカ
1988 マダム・スザーツカ
Madame Sousatzka
マダム・スザーツカ ヴェネチア国際映画祭 女優賞 受賞
ゴールデングローブ賞 主演女優賞 (ドラマ部門) 受賞
1989 マグノリアの花たち
Steel Magnolias
ウィザー
1990 ミラクル/バックリーの魔女たち
Waiting for the Light
ゼナ
ハリウッドにくちづけ
Postcards from the Edge
ドリス・マン
1992 迷子の大人たち
Used People
パール
1993 潮風とベーコンサンドとヘミングウェイ
Wrestling Ernest Hemingway
ヘレン
1994 不機嫌な赤いバラ
Guarding Tess
テス
1995 セルロイド・クローゼット
The Celluloid Closet
ドキュメンタリー
1996 くちづけはタンゴの後で
Mrs. Winterbourne
グレース・ウィンターボーン
夕べの星
The Evening Star
オーロラ・グリーンウェイ
1999 ヴァージン・ブレイド
Joan of Arc
Madame de Beaurevoir テレビ映画
ぼくが天使になった日
Bruno
ヘレン 監督/出演
2001 だって女優ですもの!
These Old Broads
ケイト・ウエストボーン テレビ映画
2005 奥さまは魔女
Bewitched
アイリス
イン・ハー・シューズ
In Her Shoes
エラ・ハーシュ
迷い婚 -全ての迷える女性たちへ-
Rumor has it…
キャサリン・リシュリュー
2007 あの日の指輪を待つきみへ
Closing the Ring
エセル・アン
2008 ココ・シャネル
Coco Chanel
ココ・シャネル テレビ映画
赤毛のアン 新たな始まり
Anne of Green Gables: A New Beginning
アメリア・トーマス
2010 バレンタインデー
Valentine's Day
エステル
2011 バーニー/みんなが愛した殺人者
Bernie
マージョリー・"マージ"・ニュージェント
2013 LIFE!
The Secret Life of Walter Mitty
ミティーの母親

書籍[編集]

  • アウト・オン・ア・リム―愛さえも越えて
  • ダンシング・イン・ザ・ライト―永遠の私をさがして
  • オール・イン・ザ・ブレイング―私への目覚め
  • 風を追いかけて
  • ゴーイング・ウィズイン―チャクラと瞑想
  • ダンス・ホワイル・ユー・キャン―いまを輝かせて
  • マイ・ラッキー・スターズ―わがハリウッド人生の共演者たち
  • カミーノ ― 魂の旅路
  • 愛犬テリーに教わったこと―シャーリーと小さな先生の物語

受賞歴[編集]

アカデミー賞[編集]

受賞
1984年 アカデミー主演女優賞:『愛と追憶の日々
ノミネート
1959年 アカデミー主演女優賞:『走り来る人々
1961年 アカデミー主演女優賞:『アパートの鍵貸します
1964年 アカデミー主演女優賞:『あなただけ今晩は
1976年 アカデミー長編ドキュメンタリー映画賞:『The Other Half of the Sky: A China Memoir
1978年 アカデミー主演女優賞:『愛と喝采の日々

ゴールデングローブ賞[編集]

受賞
1955年 有望若手女優賞
1959年 最も活動的な女優賞
1961年 主演女優賞 (ミュージカル・コメディ部門):『アパートの鍵貸します』
1964年 主演女優賞 (ミュージカル・コメディ部門):『あなただけ今晩は』
1984年 主演女優賞 (ドラマ部門):『愛と追憶の日々』
1989年 主演女優賞 (ドラマ部門)『マダム・スザーツカ
1998年 セシル・B・デミル賞
ノミネート
1959年 主演女優賞 (ドラマ部門):『走り来る人々
1960年 主演女優賞 (ミュージカル・コメディ部門):『恋の売込み作戦
1962年 主演女優賞 (ドラマ部門):『噂の二人
1967年 主演女優賞 (ミュージカル・コメディ部門):『泥棒貴族
1968年 主演女優賞 (ミュージカル・コメディ部門):『女と女と女たち
1970年 主演女優賞 (ミュージカル・コメディ部門):『スイート・チャリティ
1980年 主演女優賞 (ミュージカル・コメディ部門):『チャンス
1988年 女優賞 (ミニシリーズ・テレビ映画部門):『Out on a Limb
1991年 助演女優賞:『ハリウッドにくちづけ
1993年 主演女優賞 (ミュージカル・コメディ部門):『迷子の大人たち
1995年 主演女優賞 (ミュージカル・コメディ部門):『不機嫌な赤いバラ
2003年 女優賞 (ミニシリーズ・テレビ映画部門):『Hell on Heels: The Battle of Mary Kay
2006年 助演女優賞:『イン・ハー・シューズ
2009年 女優賞 (ミニシリーズ・テレビ映画部門):『ココ・チャンネル

ニューヨーク映画批評家協会賞[編集]

受賞
1984年 主演女優賞:『愛と追憶の日々』

関連項目[編集]

外部リンク[編集]