ジーン・シモンズ (女優)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ジーン・シモンズ
Jean Simmons
Jean Simmons
本名 Jean Merilyn Simmons
生年月日 1929年1月31日
没年月日 2010年1月22日(満80歳没)
出生地 イングランドの旗 イングランドロンドン・ホロウェイ
死没地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国カリフォルニア州サンタモニカ
国籍 イギリスの旗 イギリス
職業 女優
活動期間 1944年 - 2009年
配偶者 スチュワート・グレンジャー1950 - 1960年
リチャード・ブルックス(1960 - 1977年

ジーン・シモンズJean Simmons, 本名: Jean Merilyn Simmons, 1929年1月31日 - 2010年1月22日)は、イギリスロンドン出身の女優である。

来歴[編集]

ロンドン出身。父親のチャールズ・シモンズ(Charles Simmons)は体操選手[1]

1948年の『ハムレット』のオフィーリア役(ヴェネツィア国際映画祭 女優賞を受賞)などで認められ、ハリウッドに招かれる。ハリウッドでは歴史映画『聖衣』、ミュージカル映画『野郎どもと女たち』、西部劇『大いなる西部』など幅広い分野で活躍した。『ハッピーエンド/幸せの彼方に』(原題:The Happy Ending)でアカデミー主演女優賞にもノミネートされた。

1950年に俳優のスチュワート・グレンジャーと結婚したが1960年に離婚。同年映画監督のリチャード・ブルックスと再婚したが、1977年に離婚している。

1970年代以降はテレビ映画への出演が多く、2004年には『ハウルの動く城』の英語版吹き替えなども行った。

2003年大英帝国勲章を授与された。

晩年は肺癌を患い2010年1月22日アメリカ合衆国カリフォルニア州サンタモニカにある自宅で死去した。

エピソード[編集]

アメリカヘヴィメタルバンド「キッス」でボーカルベースを務めるジーン・シモンズ(男性)と同姓同名(但し、Jean SimmonsとGene Simmonsでつづりは異なる)であることから、某新聞の彼の紹介記事に彼女の顔写真が誤って掲載されるというネタが「VOW」(宝島社)に掲載されている。

主な出演作品[編集]

公開年 邦題
原題
役名 備考
1945 シーザーとクレオパトラ
Caesar and Cleopatra
ハープ奏者
1946 大いなる遺産
Great Expectations
若いエステラ
1947 狂乱の狼火
Hungry Hill
ジェーン・ブロデリック
黒水仙
Black Narcissus
カンチ
1948 ハムレット
Hamlet
オフィーリア ヴェネチア国際映画祭 女優賞 受賞
青い珊瑚礁
The Blue Lagoon
1950 黄金の籠
Cage of Gold
ジュディス
1952 アンドロクレスと獅子(ライオン)
Androcles and the Lion
ラヴィニア
天使の顔
Angel Face
ダイアン
1953 悲恋の王女エリザベス
Young Bess
エリザベス1世
愛情作戦
Affair with a Stranger
キャロライン・パーカー
聖衣
The Robe
ダイアナ
1954 セラーズ先生今日は
She Couldn't Say No
エジプト人
The Egyptian
メリト
デジレ
Désirée
デジレ・クラリー
1955 デッドロック
Footsteps in the Fog
リリー・ワトキンス
野郎どもと女たち
Guys and Dolls
サラ・ブラウン ゴールデングローブ賞 主演女優賞 (ミュージカル・コメディ部門) 受賞
1956 激情の女
Hilda Crane
ヒルダ
1958 大いなる西部
The Big Country
ジュリー
黄昏に帰れ
Home Before Dark
シャーロット
1959 太陽の谷
This Earth Is Mine
エリザベス
1960 エルマー・ガントリー/魅せられた男
Elmer Gantry
シャロン・ファルコナー
スパルタカス
Spartacus
ヴァリニア
芝生は緑
The Grass Is Greener
ハティ
1967 ジェリコ
Rough Night in Jericho
モリー
1968 アルプスの少女ハイジ
Heidi
テレビ映画
1969 ハッピーエンド/幸せの彼方に
The Happy Ending
メアリー・ウィルソン
1971 昨日にさよなら
Say Hello to Yesterday
1978 デイン家の呪い
The Dain Curse
アーロニア テレビ・ミニシリーズ
1979 ドミニク
Dominique
ドミニク
1981 しとやかな追跡者
A Small Killing
マーガレット・ローレンス テレビ映画
1985 南北戦争物語 愛と自由への大地
North and South
クラリッサ・メイン テレビ・ミニシリーズ
1987 黄昏に咲いて
December Flower
エッタ・マーシュ テレビ映画
新・弁護士ペリー・メイスン/追憶の影
Perry Mason: The Case of the Lost Love
ローラ・ロバートソン テレビ映画
1988 マイ・ディア・ボディガード
Yellow Pages
マキシーン
青い夜明け
The Dawning
メアリー
1990 レッツゴー!恋のチアガール
Laker Girls
コニー・ハリソン テレビ映画
1991 大いなる遺産
Great Expectations
ハビシャム夫人 テレビ・ミニシリーズ
ミス・マープル 魔術の殺人
They Do It with Mirrors
テレビ映画
1995 キルトに綴る愛
How to Make an American Quilt
エム・リード
1998 ハー・オウン・ルールズ 母の祈り
Her Own Rules
キャサリン・ストラットン テレビ映画


受賞歴[編集]

アカデミー賞[編集]

ノミネート
1949年 アカデミー助演女優賞:『ハムレット
1970年 アカデミー主演女優賞:『ハッピーエンド/幸せの彼方に

英国アカデミー賞[編集]

ノミネート
1957年 最優秀外国女優賞:『野郎どもと女たち
1961年 最優秀外国女優賞:『エルマー・ガントリー/魅せられた男

ゴールデングローブ賞[編集]

受賞
1956年 主演女優賞 (ミュージカル・コメディ部門):『野郎どもと女たち』
1958年 最も活動的な女優賞
ノミネート
1958年 主演女優賞 (ミュージカル・コメディ部門):『This Could Be the Night
1959年 主演女優賞 (ドラマ部門):『黄昏に帰れ
1961年 主演女優賞 (ドラマ部門):『エルマー・ガントリー/魅せられた男』
1970年 主演女優賞 (ドラマ部門):『ハッピーエンド/幸せの彼方に』
1984年 助演女優賞 (ミニシリーズ・テレビ映画部門):『The Thorn Birds

脚注[編集]

  1. ^ as told to Gloria Hunniford in Sunday, Sunday television interview LWT, autumn 1985

外部リンク[編集]