ビビ・アンデショーン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ビビ・アンデショーン
Bibi Andersson
本名 Birgitta Andersson
生年月日 1935年11月11日(79歳)
出生地 ストックホルム
国籍 スウェーデンの旗 スウェーデン
職業 俳優
活動期間 1951年 -
主な作品
野いちご
女はそれを待っている
仮面/ペルソナ
ある結婚の風景

ビビ・アンデショーンBirgitta "Bibi" Andersson1935年11月11日 - )は、スウェーデン女優ビビ・アンデルソンの表記もある。イングマール・ベルイマン監督作品に数多く出演し、スウェーデンを代表する世界的女優として知られる。

経歴[編集]

ビビ・アンデショーンは1935年11月11日スウェーデンストックホルムで生まれた。父親はビジネスマン、母親は福祉関係の仕事をしていたという。1954年にスウェーデンの王立演劇学校(スウェーデン語:Dramatens elevskola)に入学し、そこで演技を学んだ。在学中にイングマール・ベルイマンに実力を見込まれ学校を中退する。1955年の『夏の夜は三たび微笑む』で小さな役を演じたのを皮切りに、『第七の封印』、『野いちご』など1950年代後半からベルイマン作品の常連になる。

1958年の『女はそれを待っている』で共演したイングリッド・チューリンらと共にカンヌ国際映画祭女優賞を受賞する。1966年の『仮面/ペルソナ』で看護婦アルマを演じたビビは批評家の絶賛を受け、翌年の全米映画批評家協会賞主演女優賞を受賞、これ以降海外の映画に出演することも多くなる。だがこちらはあまり出演作に恵まれず、1980年代後半から1990年代前半にかけて主にテレビドラマや舞台に活動の場を移した。

2009年現在もスウェーデン国内の映画を中心に、女優として活躍を続けている。

主な出演作品[編集]

外部リンク[編集]