キス・ミー・ケイト

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

キス・ミー・ケイト』(Kiss Me, Kate)は、コール・ポーター作詞・作曲のブロードウェイミュージカル

概説[編集]

ウィリアム・シェイクスピア戯曲じゃじゃ馬ならし』上演の裏側に、離婚後の男女関係を織り込んで仕上がったミュージカルコメディー。1948年に初演され、トニー賞を受賞した。ケイトというのはじゃじゃ馬・キャサリンの愛称。

1953年にはメトロ・ゴールドウィン・メイヤー3D作品として映画化され、日本では1987年になって劇場公開された。

登場人物[編集]

  • フレッド・グレアム(舞台俳優。離婚したばかり)/ペトルーキオ
  • リリー(フレッドの元妻)/ケイト
  • ビル・カルホーン/ルーセンシオー
  • ロイス・レーン/ビアンカ

映画[編集]

ジャック・カミングス製作。ジョージ・シドニー監督。ドロシー・キングスレイ脚本、アンドレ・プレヴインソール・チャップリン音楽、作曲はコール・ポーター作曲、ハーメス・パン振付。

ストーリー[編集]

フレッド(ハワード・キール)の自宅に作曲家のコール・ポーター(Ron Randell)が新作をもってやってくる。喜劇『じゃじゃ馬ならし』をベースにした「キス・ミー・ケイト」。そこへ元妻で相手役を務めるリリー(キャスリン・グレイソン)もやって来て、2人は出来あがったばかりの曲を早速デュエットする。ロイス・レーン(アン・ミラー)も加わり、一気に盛りあがる。

初日の開幕を前にフレッドとリリーは昔話に花が咲く。リリーはフレッドから花束をもらって上機嫌なのだが、若いロイスに贈ったものが手違いで渡ったのだ。劇中劇『じゃじゃ馬ならし』が始まる[1]。第1幕の途中でリリーが間違って花束を渡されたことを知るが、波乱のうちになんとか終了。幕間でもリリーの怒りはおさまらず、舞台を降りるとダダをこね、第2幕の途中で本当に出ていく。終幕、ロイスを中心にした男女3組のダンス・ナンバー。この後はリリーの代役でしのぐ手はずだったが、舞台を見ると何とリリーが戻っていた。まるで『じゃじゃ馬ならし』そのもので、ハッピー・エンドを迎え、フィナーレで賑やかにテーマ曲「キス・ミー・ケイト」を歌いあげる。

日本版[編集]

日本では、1966年に東宝ミュージカルで宝田明江利チエミのコンビで初演され、その後1985年、シアターアプルでも立川光貴倍賞千恵子のコンビで上演された。2002年には再び東宝ミュージカルで一路真輝今井清隆のコンビで、2003年には一路・鈴木綜馬のコンビで上演された。

宝塚版[編集]

演出家・岡田敬二大浦みずきひびき美都の新トップコンビに相応しいと判断し、1988年、コンビ御披露目公演として上演。又、74期生麻乃佳世汐風幸白城あやか渚あき初風緑美郷真也森奈みはる和央ようかなど)の初舞台公演でもあった。 この宝塚版は、その年の月刊「ミュージカル」の作品・アーチスト・タレント部門ベスト10にそれぞれランクインした。

脚注[編集]

  1. ^ シェイクスピアの原作も劇中劇になっている。