ペネロペ・クルス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ペネロピ・クルス
Penélope Cruz
Penélope Cruz
2012年トロント国際映画祭にて
本名 Penélope Cruz Sánchez
生年月日 1974年4月28日(40歳)
出生地 スペインの旗 スペイン アルコベンダス
職業 女優
ジャンル 映画
活動期間 1988年 -
配偶者 ハビエル・バルデム(2010年 - )
主な作品
オール・アバウト・マイ・マザー
バニラ・スカイ
ボルベール〈帰郷〉
それでも恋するバルセロナ

ペネロピ・クルス・サンチェスPenélope Cruz Sánchez, 1974年4月28日 - )は、スペイン女優。夫は俳優のハビエル・バルデム。身長168cm。

生い立ち[編集]

マドリード州アルコベンダスにて生まれる。父エドゥアルド・クルスは商人、母エンカルナ・サンチェスは美容師[1][2]。妹は元ダンサー現女優のモニカ・クルス、弟は歌手のエドゥアルド・クルス・ジュニア[3]。 高校を中退し、国立芸術院で9年間[4]ニューヨークで4年間クラシックバレエやスペイン舞踊を学ぶ[5][6]。 15歳の時に約300人の中からタレント・エージェンシーのオーディションで選ばれる[4]

キャリア[編集]

1991年にフランスのテレビシリーズに出演後、1992年にスペイン映画ハモンハモン』で映画デビュー。

1998年公開の『美しき虜』でゴヤ賞主演女優賞を受賞。同年公開のペドロ・アルモドバル監督の『オール・アバウト・マイ・マザー』で国際的に知られるようになる。その後、ハリウッドに招かれ、アメリカ映画にも出演するようになるが、典型的なラテン系の役ばかりで良い評価は得られなかった。

2006年公開のスペイン映画『ボルベール〈帰郷〉』でカンヌ国際映画祭女優賞、ヨーロッパ映画賞最優秀女優賞などを受賞。また、スペイン人女優として初めてアカデミー主演女優賞にもノミネートされた。

2007年には弟エドゥアルドのシングル「Cosas que contar」のミュージックビデオに妹のモニカやミア・マエストロと共に出演。同年10月、出演しているロレアルのマスカラのCMでイギリスの広告基準局ASAから監査が入った。同CMでは「まつげを60%長くする」と宣伝しているが、CM撮影ではペネロペが付けまつげをしていることから、誤解を招くと指摘された[7]

2008年公開のウディ・アレン監督の『それでも恋するバルセロナ』でアカデミー助演女優賞を受賞した。これはラテン系女優として二人目、スペイン人俳優として二人目、スペイン人女優として初めての受賞者となった。また、英国アカデミー賞 助演女優賞ゴヤ賞助演女優賞なども受賞した。

私生活[編集]

スペイン語英語の他にイタリア語フランス語に堪能で、イタリア映画(『赤いアモーレ』)やフランス映画(『花咲ける騎士道』)にも出演。

2000年、『すべての美しい馬』を撮影終了後、ベジタリアンに転向。 インドの少女たちを救うサベラ基金を支援し、他の著名人とともに、カルカッタのホームレスや結核の少女たちに学校や家、クリニックを建設した[8]

女優のサルマ・ハエック、歌手のシャキーラと仲が良い。

過去に俳優のマット・デイモントム・クルーズ[9][10]ニコラス・ケイジマシュー・マコノヒー[11]などとの交際歴がある。

2010年7月、度々共演し、旧知の仲であったスペイン人俳優のハビエル・バルデムと結婚[12][13]。同年9月半ば、妊娠4か月半であることを代理人を通して発表した。 2011年1月21日、ロサンゼルスの病院にて第一子となる男の子(レオナルド)を出産した[12]。2013年2月には、第二子を妊娠していることが分かった[14]

主な出演作品[編集]

公開年 邦題
原題
役名 備考
1992 ハモンハモン
Jamon, jamon
シルヴィア
ベルエポック
Belle epoque
ルズ
1994 捕らわれた唇
Entre rojas
ルシア
1996 17歳
Brujas
パトリシア
フレネシ-愛じゃない、それは熱-
Más que amor, frenesí
ローラ
ペネロペ・クルスの 抱きしめたい!
Amor perjudica seriamente la salud, El
ディアナ
ペネロペ・クルス/情熱の処女 ~スペインの宝石~
Celestina, La
メリベア
1997 ライブ・フレッシュ
Carne tremula
イザベル
オープン・ユア・アイズ
Abre los ojos
ソフィア
1998 ドン・ジュアン
Don Juan
マチュリーヌ
美しき虜
Niña de tus ojos, La
マカレナ ゴヤ賞主演女優賞受賞
イフ・オンリー
The Man with Rain in His Shoes
ルイーズ
ハイロー・カントリー
The Hi-Lo Country
ホセファ・オニール
オール・アバウト・マイ・マザー
Todo sobre mi madre
シスター・ロサ
1999 裸のマハ
Volaverunt
ペピータ・トゥドー
2000 ウーマン・オン・トップ
Woman on Top
イザベラ
すべての美しい馬
All the Pretty Horses
アレハンドラ
2001 ブロウ
Blow
マーサ・ユング
コレリ大尉のマンドリン
Captain Corelli's Mandolin
ペラギア
ウェルカム!ヘヴン
Sin noticias de Dios
カルメン・ラモス
バニラ・スカイ
Vanilla Sky
ソフィア
2003 ボブ・ディランの頭のなか
Masked and Anonymous
ペイガン・レース
花咲ける騎士道
Fanfan la tulipe
アドリーヌ
ゴシカ
Gothika
クロエ・サバ
2004 赤いアモーレ
Non ti muovere
イタリア
トリコロールに燃えて
Head in the Clouds
ミア
NOEL ノエル
Noel
イタリア
2005 サハラ 死の砂漠を脱出せよ
Sahara
エヴァ・ロハス
2006 ボルベール〈帰郷〉
Volver
ライムンダ ゴヤ賞主演女優賞受賞
アカデミー主演女優賞ノミネート
ゴールデングローブ賞 主演女優賞 (ドラマ部門)ノミネート
英国アカデミー賞 主演女優賞ノミネート
バンディダス
Bandidas
マリア・アルバレス
2007 恋愛上手になるために
The Good Night
アンナ/メロディア
マノレテ 情熱のマタドール
Manolete
アントニア・“ルーペ”・シノ
2008 エレジー
Elegy
コンスエラ・ カスティーリョ
それでも恋するバルセロナ
Vicky Cristina Barcelona
マリア・エレーナ アカデミー助演女優賞受賞
英国アカデミー賞 助演女優賞受賞
ゴヤ賞助演女優賞受賞
ゴールデングローブ賞 助演女優賞ノミネート
2009 スパイアニマル・Gフォース
G-Force
フアレス 声の出演
抱擁のかけら
Los abrazos rotos
マグダレーナ ゴヤ賞主演女優賞ノミネート
NINE
Nine
カルラ・アルバネーゼ アカデミー助演女優賞ノミネート
ゴールデングローブ賞 助演女優賞ノミネート
2010 セックス・アンド・ザ・シティ2
Sex and the City 2
カルメン カメオ出演
2011 パイレーツ・オブ・カリビアン/生命の泉
Pirates of the Caribbean: On Stranger Tides
アンジェリカ
2012 ローマでアモーレ
To Rome with Love
アンナ
ある愛へと続く旅
Venuto al mondo
ジェンマ
2013 アイム・ソー・エキサイテッド!
Los amantes pasajeros
カメオ出演
悪の法則
The Counselor
ローラ

主な受賞[編集]

関連書籍[編集]

  • 『オールアバウト ペネロペ・クルス』(ブランドン・ハースト著、 奥 めぐみ 訳、ACクリエイト 2010年3月)

脚注[編集]

  1. ^ Penelope Cruz Biography (1974–)”. Film Reference. 2010年4月18日閲覧。
  2. ^ Rose, Charlie (2010年1月17日). “The Rising Star of Penelope Cruz (Page 2)”. CBS News. CBS Interactive Inc. 2010年4月25日閲覧。
  3. ^ De Vries, Hilary (2004年2月). “Penelope Cruz: Will She Say I Do, or I Don't (Page 3)”. Marie Claire. Hearst Communication, Inc. 2010年3月14日閲覧。
  4. ^ a b Penélope Cruz Biography”. People. Time Warner Inc. 2010年3月14日閲覧。
  5. ^ Gilchrist, Todd. “10 Questions With Penelope Cruz”. Ask Men. IGN Entertainment. 2010年3月14日閲覧。
  6. ^ Últimas noticias y biografía de Penélope Cruz” (Spanish). Hola. 2010年5月3日閲覧。
  7. ^ “ペネロペ・クルス、つけまつげCMが問題に”. シネマトゥデイ. (2007年7月31日). http://cinematoday.jp/page/N0011094 2013年3月22日閲覧。 
  8. ^ Penelope Cruz, Award Winner - MovieActors.com
  9. ^ De Vries, Hilary (2004年2月). “Penelope Cruz: Will She Say I Do, or I Don't (Page 1)”. Marie Claire. Hearst Communication, Inc. 2010年3月14日閲覧。
  10. ^ Cagle, Jess (2004年4月25日). “Tom & Penelope Split After 3 Years”. People. Time Warner Inc. 2010年3月14日閲覧。
  11. ^ Matthew McConaughey & Penelope Cruz Are 'Separating'”. People. Time Warner Inc (2006年6月2日). 2010年3月14日閲覧。
  12. ^ a b Penelope Cruz and Javier Bardem welcome a baby boy”. Marie Claire (2011年1月26日). 2011年1月26日閲覧。
  13. ^ Actors Penelope Cruz and Javier Bardem marry in the Bahamas”. The Daily Telegraph (2010年7月14日). 2011年1月17日閲覧。
  14. ^ “ペネロペ・クルス、第2子妊娠を認める!”. シネマトゥデイ. (2013年2月13日). http://www.cinematoday.jp/page/N0050200 2013年3月22日閲覧。 

外部リンク[編集]