ジェニファー・コネリー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ジェニファー・コネリー
Jennifer Connelly
Jennifer Connelly
本名 Jennifer Lynn Connelly
生年月日 1970年12月12日(43歳)
出生地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 ニューヨーク州ニューヨーク
職業 女優
活動期間 1984年 -
配偶者 ポール・ベタニー(2002年 - )
主な作品
フェノミナ
ビューティフル・マインド

ジェニファー・リン・コネリーJennifer Lynn Connelly, 1970年12月12日 - )は、アメリカ合衆国女優

来歴[編集]

生い立ち[編集]

ニューヨーク州ニューヨーク市出身。当時、父親のジェラルド・コネリーはジュニア向けのファッションデザイナー、母親のアイリーン・コネリーはアンティーク製品のディーラーをしていた。母方の祖父母からはロシア人ユダヤ人及びポーランド人の、父方の祖父母からはアイルランド人及びノルウェー人の血を引いている。 英語の他に仏語・伊語に堪能。

学業と仕事のバランスを取りながらイェール大学で2年間にわたって英語学と演劇学を学んだ後、スタンフォード大学に転入学して古典演劇と即興演劇を学んだが、卒業するには至らなかった。

キャリア[編集]

両親の友人の勧めでモデルになる。コマーシャルや雑誌の仕事を経て、1982年にテレビドラマ『Tales of the Unexpected』の「The Girl」の回に出演して女優デビュー。 そして1984年に『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・アメリカ』でヒロインの子供時代役を得て映画デビューを飾った。 1985年の『フェノミナ』で特に日本ではポストブルック・シールズとして注目され、数社のコマーシャルに起用、日本語でのレコード発売、映画雑誌の表紙を飾るなどしてアイドル的な人気を得た。その後はやや低迷し、『ホット・スポット』を皮切りに計7つの映画でヌードを披露した。

2000年の『レクイエム・フォー・ドリーム』の演技が評判を呼び、インディペンデント・スピリット賞助演女優賞にノミネートされた。ついで2001年公開の『ビューティフル・マインド』でアカデミー助演女優賞ゴールデングローブ賞 助演女優賞英国アカデミー賞 助演女優賞第7回放送映画批評家協会賞 助演女優賞・アメリカ映画協会賞年間最優秀女優賞を獲得し、演技派女優として認められるようになる。2005年には『仄暗い水の底から』のリメイク『ダーク・ウォーター』に主演。

俳優以外の活動では、バレンシアガレブロンの広告塔を務めている。2005年にアムネスティ・インターナショナルUSAの人権教育大使に任命される。 ピープル誌などの「世界で最も美しい50人」に選ばれたこともある。

私生活[編集]

1991年に『ロケッティア』で共演したビル・キャンベル(ビリー・キャンベル)と婚約したが、1995年に解消。 1997年7月に写真家のデイビッド・ドゥガンとの間に長男(カイ)を未婚の母として出産。 その後ジョシュ・チャールズとの交際を経て、2003年に『ビューティフル・マインド』で共演したポール・ベタニーと結婚。2003年8月5日に次男(ステラン)を出産。「ステラン」という名ははベタニーと親交のある俳優のステラン・スカルスガルドに由来する[1]。 2011年5月31日に長女(アグネス・ラーク)を出産。

過去に厳格なベジタリアンであったが長男の妊娠中には肉を食べていたと語っている[2]

備考[編集]

姓を日本語表記すると同じになるので誤解されやすいが、俳優ショーン・コネリーとは無関係である。ジェニファー・コネリーの Connelly と、ショーン・コネリーの Connery とは、綴りも発音も違う別の姓である。

主な出演作品[編集]

映画[編集]

公開年 邦題
原題
役名 備考
1984 ワンス・アポン・ア・タイム・イン・アメリカ
Once Upon a Time in America
少女時代のデボラ
1985 フェノミナ
Phenomena
ジェニファー・コルビノ イタリア映画
ジェニファーの恋愛同盟
(当初の仮邦題「サプライズ」→「天国での7分間」)
Seven Minutes in Heaven
ナタリー・ベッカー
1986 ラビリンス/魔王の迷宮
Labyrinth
サラ・ウィリアムズ
1987 聖女外伝
製作中止
1988 ダルク家の三姉妹
(当初の仮邦題「サム・ガールズ」)
Some Girls
ガブリエラ・ダルク
(愛称は「ギャビー」)
エトワール
(当初の仮邦題「バレリーナ」)
Etoile
クレア・ハミルトン/ナタリー・ホルヴァスの2役 イタリア映画
1990 ホット・スポット
The Hot Spot
グロリア・ハーパー
1991 恋の時給は4ドル44セント
Career Opportunities
ジョシー・マクレーン
ロケッティア
The Rocketeer
ジェニー・ブレイク
1992 ハート・オブ・ジャスティス
The Heart of Justice
エマ・バージェス テレビ映画
1994 愛の奴隷
Of Love and Shadows
イレーネ
1995 ハイヤー・ラーニング
Higher Learning
タリン
1996 狼たちの街
Mulholland Falls
アリソン・ポンド
誘惑の恋人たち
Far Harbor
エリー
1997 秘密の絆
Inventing the Abbotts
エレノア・アボット
1998 ダークシティ
Dark City
エマ・マードック/アンナ
2000 ウェイキング・デッド
Waking the Dead
サラ・ウィリアムズ 日本未公開
レクイエム・フォー・ドリーム
Requiem for a Dream
マリオン・シルヴァー インディペンデント・スピリット賞助演女優賞ノミネート
ポロック 2人だけのアトリエ
Pollock
ルース・クリグマン
2001 ビューティフル・マインド
A Beautiful Mind
アリシア・ナッシュ アカデミー助演女優賞受賞
英国アカデミー賞 助演女優賞受賞
ゴールデングローブ賞 助演女優賞受賞
第7回放送映画批評家協会賞 助演女優賞受賞
2003 ハルク
Hulk
ベティ・ロス
砂と霧の家
House of Sand and Fog
キャシー・ニコロ 第9回放送映画批評家協会賞主演女優賞ノミネート
ゴールデン・サテライト賞ノミネート
2005 ダーク・ウォーター
Dark Water
ダリア・ウィリアムズ
2006 リトル・チルドレン
Little Children
キャシー・アダムソン
ブラッド・ダイヤモンド
The Blood Diamond
マディー・ボウエン
2007 帰らない日々
Reservation Road
グレース・ラーナー
2008 地球が静止する日
The Day the Earth Stood Still
ヘレン・ベンソン
インクハート/魔法の声
Inkheart
ロクサヌ カメオ出演
日本公開未定
2009 そんな彼なら捨てちゃえば?
He's Just Not That Into You
ジャニーン
9 〜9番目の奇妙な人形〜
9
7
2011 僕が結婚を決めたワケ
The Dilemma
ベス
サルベーション
Salvation Boulevard
グウェン・ヴァンダーヴィア
2014 ニューヨーク 冬物語
Winter's Tale
バージニア・ゲームリー
ノア 約束の舟
Noah
ナーム

CM[編集]

PV[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

外部リンク[編集]