キム・ベイシンガー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
キム・ベイシンガー
Kim Basinger
Kim Basinger
本名 Kimila Ann Basinger
生年月日 1953年12月8日(60歳)
出生地 ジョージア州
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
配偶者 Ron Snyder (1980 - 1988)
アレック・ボールドウィン(1993年 - 2002年)
主な作品
ネバーセイ・ネバーアゲイン
ナインハーフ
L.A.コンフィデンシャル

キム・ベイシンガーKimila Ann “Kim” Basinger, 1953年12月8日 - )は、アメリカ合衆国ジョージア州出身の女優

経歴[編集]

父親はジャズバンドに所属し[1]、母親はモデル・女優だった[2]ドイツスウェーデンチェロキー族の血統である[3]。5人兄弟の3番目[2]。子供の頃はバレエを習っていた。16歳の時にミスコンに出場し、ジョージア州の代表に選ばれ[4]ニューヨークに行く。その時モデル・エージェンシーに見出され[2]、20歳の時にはトップモデルとなっていた。その後ネイバーフッド・プレイハウスで演技を学び、ハリウッドに移って俳優としての道を模索しはじめた。

1970年代中頃から『チャーリーズ・エンジェル』等のテレビ番組に端役で出演するようになり、1983年、『ネバーセイ・ネバーアゲイン』のボンドガールに抜擢される。

1985年、『ナインハーフ』で大胆な演技が話題を呼び、スターの仲間入りを果たした。1989年には、『バットマン』のヒロイン役に抜擢される。

1997年、往年の女優ヴェロニカ・レイクを彷彿とさせる役柄で『L.A.コンフィデンシャル』でゴールデングローブ賞 助演女優賞アカデミー助演女優賞を受賞。

私生活[編集]

1980年、メイクアップ・アーティストの男性と結婚したが、1988年には離婚した。1993年、『あなたに恋のリフレイン』で共演したアレック・ボールドウィンと結婚した(両者は、翌年の『ゲッタウェイ』でも共演、更にアニメ『ザ・シンプソンズ』でも本人役で共演している)。二人の間には娘が一人いるが、2002年に離婚している。

経済面では、1989年、家族に勧められてジョージア州に1691エーカーの土地をUS$20 millionで購入し、映画スタジオ等を作って観光地にしようとするが、失敗する[5][6]1992年、『ボクシング・ヘレナ』への出演を止めたことで訴えられ、740万ドルの損害賠償金を支払い、破産した[7][5]

主な出演作品[編集]

公開年 邦題
原題
役名 備考
1978 エア・サスペリア/401便の幽霊
The Ghost of Flight 401
プリシー テレビ映画
1979 地上(ここ)より永遠に
From Here to Eternity
ロレーン テレビ・ミニシリーズ
1981 キルジョイ
Killjoy
ローリー・メドフォード
1982 大金塊
Mother Lode
アンドレア
1983 ネバーセイ・ネバーアゲイン
Never Say Never Again
ドミノ
グッバイ、デイビッド
The Man Who Loved Women
ルイーズ・カー
1984 ナチュラル
The Natural
メモ・パリス
1985 フール・フォア・ラブ
Fool for Love
メイ
1986 ナインハーフ
Nine 1/2 Weeks
エリザベス
ノー・マーシイ/非情の愛
No Mercy
ミシェル・デュヴァル
1987 ブラインド・デート
Blind Date
ナディア・ゲイツ
消えたセクシー・ショット
Nadine
ナディーン・ハイタワー
1988 花嫁はエイリアン
My Stepmother Is an Alien
セレステ・マーティン
1989 バットマン
Batman
ヴィッキー・ベール
1991 あなたに恋のリフレイン
The Marrying Man
ヴィッキー・アンダーソン
1992 愛という名の疑惑
Final Analysis
ヘザー・エヴァンス
1993 ブロンディー/女銀行強盗
The Real McCoy
カレン・マッコイ
ウェインズ・ワールド2
Wayne's World 2
ハニー・ホーン
1994 ゲッタウェイ
The Getaway
キャロル・マッコイ
プレタポルテ
Prêt-à-Porter
キティ・ポッター
1997 L.A.コンフィデンシャル
L.A. Confidential
リン・ブラッケン アカデミー助演女優賞 受賞
ゴールデングローブ賞 助演女優賞 受賞
2000 永遠のアフリカ
I Dreamed of Africa
クーキー
ブレス・ザ・チャイルド
Bless the Child
マギー・オコナー
2002 8 Mile
8 Mile
ステファニー・スミス
ニューヨーク 最後の日々
People I Know
ヴィクトリア・グレイ
2004 ドア・イン・ザ・フロア
The Door in the Floor
マリアン・コール
トラブル IN ベガス
Elvis Has Left the Building
ハーモニー・ジョーンズ
セルラー
Cellular
ジェシカ・マーティン
2006 ザ・センチネル/陰謀の星条旗
The Sentinel
サラ・バランタイン
マーメイドの祈り
The Mermaid Chair
ジェシー
ザ・ゲーム
Even Money
キャロル
2008 インフォーマーズ セックスと偽りの日々
The Informers
ローラ・スローン
あの日、欲望の大地で
The Burning Plain
ジーナ
2010 きみがくれた未来
Charlie St. Cloud
クレア・セント・クラウド
2013 リベンジ・マッチ
Grudge Match
サリー・ローズ
サード・パーソン
Third Person
エレイン

脚注[編集]

  1. ^ Kim Basinger biography. Film Reference.com.
  2. ^ a b c Parish, James Robert (24 August 2007). The Hollywood Book of Extravagance: The Totally Infamous, Mostly Disastrous, and Always Compelling Excesses of America's Film and TV Idols. John Wiley & Sons. p. 66. ISBN 978-0-470-05205-1. http://books.google.com/books?id=CJS5RL7eqdsC&pg=PA66 2012年8月11日閲覧。. 
  3. ^ Baltake, Joe (1983年12月22日). “Kim Basinger - Information on the Academy Award Winning Actress and former fashion model.”. Philadelphia Daily News. http://nl.newsbank.com/nl-search/we/Archives?p_product=DN&s_site=philly&p_multi=PI 2007年12月10日閲覧。 
  4. ^ Denisoff, R. Serge; Romanowski, William D. (1991). Risky Business: Rock in Film. Transaction Publishers. p. 547. ISBN 978-0-88738-843-9. http://books.google.com/books?id=kT0fKUCTUC4C&pg=PA547 2012年8月11日閲覧。. 
  5. ^ a b For Kim Basinger, the "fire ball" is out – and Veronica Lake is in
  6. ^ New York Magazine. New York Media, LLC. (23 September 1996). p. 24. ISSN 00287369. http://books.google.com/books?id=TuECAAAAMBAJ&pg=PA24 2012年8月11日閲覧。. 
  7. ^ O'Steen, Kathleen (1993年5月26日). “Basinger files Chapter 11”. Variety. http://www.variety.com/article/VR107245.html?categoryid=18&cs=1&query=basinger+bankruptcy 

外部リンク[編集]