アリシア・ヴィキャンデル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アリシア・ヴィキャンデル
Alicia Vikander
Alicia Vikander
2012年
本名 Alicia Amanda Vikander
生年月日 1988年10月3日(25歳)
出生地 スウェーデンの旗 スウェーデンヨーテボリ
国籍 スウェーデンの旗 スウェーデン
職業 女優
ダンサー

アリシア・ヴィキャンデル(Alicia Vikander[1]1988年10月3日[1] - )は、スウェーデン女優

バイオグラフィ[編集]

精神科医である父親スヴァンテ・ヴィキャンデルと女優マリア・ファール・ヴィキャンデルの間でスウェーデンヴェストラ・イェータランド県ヨーテボリにて出生、同地で育った。5人の兄弟姉妹がいる[2]。もともとバレリーナになる夢を持っていた[3]。7歳の時から数多くのミュージカルに参加。2004年から2007年まで首都ストックホルムにあるスウェーデン王立バレエ学校(Kungliga Svenska Balettskolan)で学んだ。

いくつかの短編映画や様々なテレビ作品に出演。2007年から2008年にかけてスウェーデン・テレビのメロテレビドラマ『Andra Avenyn』に出演して、多くのスウェーデンの人々にその名を知られることとなる。2010年にスウェーデンで公開された長編映画『Till det som är vackert』でカタリナ役を演じ、同映画でスウェーデン映画協会による2011年度グルドバッゲ賞主演女優賞を授与された。また、スウェーデン版『ELLE』誌によりスウェーデン女性におけるベストドレッサーに選ばれた[4]

2012年には映画『アンナ・カレーニナ』、『ロイヤル・アフェア 愛と欲望の王宮』に出演している。

フィルモグラフィ[編集]

映画[編集]

邦題
原題
役名 備考
2010 Till det som är vackert Katarina グルドバッゲ賞主演女優賞受賞
2011 Kronjuvelerna Fragancia Fernandez
2012 ロイヤル・アフェア 愛と欲望の王宮
En kongelig affære
カロリーネ・マティルデ
アンナ・カレーニナ
Anna Karenina
キティ
2013 Hotell
The Fifth Estate
2014 The Seventh Son
Son of a Gun
Ex Machina
The Man from U.N.C.L.E

テレビ[編集]

原題 役名 備考
2002 Min balsamerade mor Ebba Du Rietz テレビ映画
2005 En decemberdröm Toni/Tony テレビシリーズ
2007 Levande föda Linda テレビミニシリーズ
2007 - 2008 Andra Avenyn Jossan Tegebrandt Björn テレビシリーズ
2008 Höök Katarina テレビシリーズ

脚注・出典[編集]

  1. ^ a b Svensk Filmdatabas Alicia Vikander”. Svenska Filminstitutet. 2013年1月11日閲覧。
  2. ^ Golden Girl: Alicia Vikander”. Hungertv. 2013年6月16日閲覧。
  3. ^ Alicia Vikander - Make room for a new Swedish sensation”. The Independent. 2013年1月11日閲覧。
  4. ^ Årets bäst klädda kvinna: Alicia Vikander”. ELLE. 2013年1月11日閲覧。

外部リンク[編集]