キーラ・ナイトレイ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
キーラ・ナイトレイ
Keira Knightley
Keira Knightley
ヴェネツィア国際映画祭にて(2011年)
本名 Keira Christina Knightley
キーラ・クリスティーナ・ナイトレイ
生年月日 1985年3月26日(29歳)
出生地 イングランドの旗 イングランド ロンドン
国籍 イギリスの旗 イギリス
職業 女優
活動期間 1993年 -
主な作品
ラブ・アクチュアリー
パイレーツ・オブ・カリビアン』シリーズ
プライドと偏見
つぐない

キーラ・クリスティーナ・ナイトレイKeira Christina Knightley, 1985年3月26日 - )は、イギリス女優

正しい発音はナイトリー[kiːrəˈnaɪtlɪ][1]ケーラ・ナイトリーキーラ・ナイトレーなどと表記されていたこともある。

生い立ち[編集]

イングランドロンドンテディントンで生まれ、リッチモンドで育つ。父親は舞台役者のウィル・ナイトレイ(Will Knightley)、母親はウェールズ人の血を引くスコットランド人劇作家のシャーマン・マクドナルド(Sharman Macdonald)。1978年生まれの兄キャレブがいる。名前のキーラはゲール語で「黒い髪」という意味であり、元のつづりはKieraである。幼い頃から役者志望であり、また両親だけにエージェントがいることに不満を持ち、自分にもエージェントが欲しいと両親にせがんだ。6歳の時に、母親と「学校が休みの時だけ演技の仕事をしてもいいわよ」という約束をし、エージェントが付くようになる。

キーラは学習障害のひとつ、ディスレクシア(識字障害)のため、録音読書で学習したり、色付き眼鏡をかけて文章の文字が混じって見えないように工夫し読書している。現在は改善されつつある[2]

キャリア[編集]

『つぐない』のプレミアにて(2007年)

俳優活動[編集]

1993年にテレビドラマ『Ballykissangel』でデビュー。1995年に『A Village Affair』で映画初出演を果たす。1999年公開の『スター・ウォーズ エピソード1/ファントム・メナス』でナタリー・ポートマン演じるアミダラ女王の影武者役に抜擢され注目を集める(同作のエンドロールでは「KIERA KNIGHTLEY」と誤った表記がされている)。2001年に放送されたテレビ映画『レジェンド・オブ・アロー』で初主演を果たす。

2003年にイギリス映画ベッカムに恋して』がアメリカでヒットし、アメリカでの人気が急上昇する。また、同年公開のハリウッド大作『パイレーツ・オブ・カリビアン/呪われた海賊たち』のヒロインエリザベス・スワン役に抜擢され、同作品も記録的大ヒットを記録して、一気にハリウッド・トップスターの仲間入りを果たし、3作目『パイレーツ・オブ・カリビアン/ワールド・エンド』まで出演した[3]。この年の『Hello!』誌や『Entertainment Weekly』誌は「有望な10代のスター」、「今年最もブレイクしたムービー・スター」に選んだ。

2005年には3本の主演映画が公開されるが、『ジャケット』と『ドミノ』は期待されたほど興行収入・評価が得られなかった。しかし、ジェーン・オースティン原作の『プライドと偏見』では主役のエリザベス役で、史上3番目(20歳と311日)の若さでアカデミー主演女優賞にノミネートされ、映画芸術科学アカデミーの会員へ招待された[4]

2007年は『プライドと偏見』の監督ジョー・ライトと再びタッグを組んだイアン・マキューアン原作の『つぐない』でゴールデングローブ賞 主演女優賞(ドラマ部門)にノミネートされた。翌年公開の『ある公爵夫人の生涯』ではデヴォンシャー公爵夫人を演じた。

2009年12月にモリエール作の現代版『人間嫌い』で舞台デビューし、ローレンス・オリヴィエ賞助演女優賞にノミネートされた。

その他の活動[編集]

2003年から2年間ユニリーバ・ジャパンの「ラックス スーパーリッチ」のCMに出演。2007年からはシャネルの香水「ココ・マドモアゼル」の広告塔に起用されており、このCMでココ・シャネルを演じている。

2006年2月にスカーレット・ヨハンソンと共に表紙を飾った『ヴァニティ・フェア』誌でセミヌード姿を披露し、話題となった。また、同年の『FHM』誌では「世界で最もセクシーな女性100人」の1位となった(この時21歳で同ランキングの最年少1位)。2007年の「最も稼ぐ25歳以下の有名人」ランキングでは10位に[5]、「最も稼いだハリウッド女優トップ10」では7位にランクインした[6]

チャリティー活動も積極的に行っており、2006年4月に自身がアカデミー賞で着用したヴェラ・ウォンのドレスをオークションにかけ、落札金をオックスファムオックスフォード大学の飢餓救済委員会)を通じて東アフリカの救援活動に寄付した[7][8]。また、アムネスティ・インターナショナルの人権を支持するキャンペーンの一環として短編映画や[9]2009年4月にはウィメンズ・エイドによる家庭内暴力反対のCM(監督はジョー・ライト)に出演[10]

美貌・容姿 [編集]

キーラのクラシックな美貌はデビュー時から米ピープル誌などから注目され、「絶世の美女」とも呼ばれるなど、[11]女性人気も高い。米国の映画専門サイト「インディペンデント・クリティクス」が発表する「最も美しい顔100人」では初めて2002年に15位に選出されて以降、10年連続ランクイン。2005、2006年は同じく常連のナタリー・ポートマンを退け、連続1位の快挙を達成[12]、翌2007年は史上初の三連覇も期待されたが、同じく絶世の美女の異名を持つケイト・ベッキンセールに僅差で敗れ2位となる。

自他共に認める極度の貧乳であり、本人によると胸のサイズは10代から全く変わっておらず、現在でも当時のブラジャーを持っているほど[13]。『パイレーツ』シリーズでは胸を豊満に見せるために胸の谷間にハイライトを入れる、胴着でウエストを締めあげて胸を大きく見せるなどの工夫がなされている。シャネルの広告に起用されたときはシャネル側からCGで胸にふくらみを出したいという申し出があり、「好きにすれば?」と許可した。また、『キング・アーサー』でもポスターでは胸があるようにCG処理がなされている。映画でヌードになったことは何度もあり、初めて脱いだのは2001年公開の『穴』である。

極度の貧乳に加えて非常に細身の体型であることから拒食症摂食障害と噂されることが多いが、キーラ自身はこれを否定している[14]。2007年にデイリー・メールが「拒食症で死亡した少女の記事」と一緒にキーラの写真を掲載し、少女の死に責任があるように記事を書いたことを訴え、3000ポンド(約72万円)の賠償金を勝ち取り、摂食障害のための基金に寄付した[15]

人物・私生活[編集]

2003年12月にジェイミー・ドーナンと交際を始めた[16]。2005年から2010年まで『プライドと偏見』で共演したルパート・フレンドと交際していた[17]。2011年3月からイギリスのロックバンドクラクソンズのジェイムズ・ライトンと交際し、2013年5月に結婚。結婚式は南フランスのマザンの公民館で家族、友人など11人の前で、カジュアルな装いで行われた。

ウェストハム・ユナイテッドのサポーター[18]。愛読書はトルストイの『戦争と平和[19]。好きな映画は『ゴッドファーザー[20]イギリスソープオペラEmmerdale』のファン[21]

資産・金銭[編集]

2004年6月、『Hollywood News Wire』によれば、ロンドンに200万ドル(日本円で約1億8000万円)でアパートを購入した。

2010年11月、英『ヒート・マガジン』が「最もリッチな30歳以下のイギリス人スター」のランキングを発表し、推定総資産額が約3010万ポンド(日本円で約39億3300万円)で2位にランクインした[22]

2010年11月、『ザ・サン』紙によると、ロンドンにある自宅アパートが空き巣被害に遭っていたことが明らかになった。キーラ自身は映画のプロモーションでローマに行っていたために無事だったが、ノートパソコンと身の回りの品が盗まれたという。被害額は20万円程度だったそうだが、ノートパソコンに個人情報の他、プライベートな写真も保存されていたため、今後、これらがネット上に流れる可能性があるという[23][24]

2011年5月、BANG Media Internationalによると、イギリスの30歳未満の億万長者リストが発表され、総資産3,000万ポンド(日本円で約39億6,000万円)で10位にランクインしている[25]

主な出演作品[編集]

映画[編集]

公開年 邦題
原題
役名 備考
1995 イノセント・ライズ
Innocent Lies
少女時代のセリア
1999 スター・ウォーズ エピソード1/ファントム・メナス
Star Wars: Episode I - The Phantom Menace
侍女サーベ
2001 Deflation ジョガー

The Hole
フランシス・“フランキー”・オルモンド・スミス
2002 サンダーパンツ!
Thunderpants
音楽学校の生徒 クレジット表記なし
PURE ピュア
Pure
ルイーズ
ベッカムに恋して
Bend It Like Beckham
ジュリエット・“ジュールズ”・パクストン
New Year's Eve レア
The Seasons Alter ヘレナ
2003 パイレーツ・オブ・カリビアン/呪われた海賊たち
Pirates of the Caribbean: The Curse of the Black Pearl
エリザベス・スワン
ラブ・アクチュアリー
Love Actually
ジュリエット
2004 キング・アーサー
King Arthur
グウィネヴィア
2005 ジャケット
The Jacket
ジャッキー・プライス
ドミノ
Domino
ドミノ・ハーヴェイ
プライドと偏見
Pride & Prejudice
エリザベス・ベネット アカデミー主演女優賞ノミネート
ゴールデングローブ賞 主演女優賞(ミュージカル・コメディ部門)ノミネート
2006 パイレーツ・オブ・カリビアン/デッドマンズ・チェスト
Pirates of the Caribbean: Dead Man's Chest
エリザベス・スワン
2007 パイレーツ・オブ・カリビアン/ワールド・エンド
Pirates of the Caribbean: At World's End
シルク
Silk
エレーヌ・ジョンクール
つぐない
Atonement
セシーリア・タリス ゴールデングローブ賞 主演女優賞(ドラマ部門)ノミネート
英国アカデミー賞 主演女優賞ノミネート
2008 ザ・エッジ・オブ・ウォー 戦火の愛
The Edge of Love
ヴェラ・フィリップス
ある公爵夫人の生涯
The Duchess
デヴォンシャー公爵夫人ジョージアナ
2009 The Continuing and Lamentable Saga of the Suicide Brothers 妖精 短編映画
2010 ロンドン・ブルバード -LAST BODYGUARD-
London Boulevard
シャーロット
わたしを離さないで
Never Let Me Go
ルース
恋と愛の測り方
Last Night
ジョアンナ・リード
Steve 女性 短編映画
2011 危険なメソッド
A Dangerous Method
ザビーナ・シュピールライン
2012 エンド・オブ・ザ・ワールド
Seeking a Friend for the End of the World
ペニー
アンナ・カレーニナ
Anna Karenina
アンナ
2013 はじまりのうた
Bigin Again
グレッタ・ジェームス
Untouched エフィー・グレイ 
2014 エージェント:ライアン
Jack Ryan: Shadow Recruit
キャシー

テレビ[編集]

放送年 邦題
原題
役名 備考
1993 Screen One 少女
1995 A Village Affair ナターシャ・ジョーダン
The Bill シャーナ・ローズ
1996 The Treasure Seekers プリンセス
1998 Coming Home 少女時代のジュディス
1999 オリバー・ツイスト
Oliver Twist
ローズ・フレミング
2001 レジェンド・オブ・アロー
Princess of Thieves
グウィン
2002 ドクトル・ジバゴ
Doctor Zhibago
ララ・アンティポワ
2003 Gaijin ケイト 声の出演
2007 Robbie the Reindeer in Close Encounters of the Herd Kind エム 声の出演

舞台[編集]

公演年 邦題
原題
役名 備考
2009 - 2010 人間嫌い
The Misanthrope
ジェニファー (セリメンヌ)
2011 噂の二人
The Children's Hour
カレン・ライト

主な受賞[編集]

英国アカデミー賞にて(2008年)

日本語吹き替え[編集]

弓場沙織が吹き替えを担当することが多い。

関連書籍[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ Pronunciation of Keira Knightley
  2. ^ ZAKZAK (2003年8月12日). “キーラ・ナイトレイが読書障害を克服”. 2007年12月3日閲覧。
  3. ^ シリーズ4作目『パイレーツ・オブ・カリビアン/生命の泉』でもエリザベス役を打診されたが、降板している。同じくオーランドも降板している。
  4. ^ http://www.oscars.org/press/pressreleases/2006/06.07.01a.html
  5. ^ eiga.com (2007年12月10日). “「ハリポタ」ラドクリフ君のギャラは、キャメロン・ディアスと同等!”. 2007年12月25日閲覧。
  6. ^ eiga.com (2008年8月14日). “昨年最も稼いだ女優は、ソフトバンク携帯のあの女優!”. 2008年8月22日閲覧。
  7. ^ シネマトゥデイ (2006年4月12日). “キーラ・ナイトレイ、オスカーで着たドレスをチャリティへ”. 2008年5月2日閲覧。
  8. ^ BBC News (2006年5月1日). “Oxfam gets £4,300 for Oscar dress”. 2008年5月2日閲覧。
  9. ^ WENN (2008年12月10日). “Knightley Joins Human Rights Campaign”. 2008年12月13日閲覧。
  10. ^ シネマトゥデイ (2009年4月6日). “キーラ・ナイトレイボコボコに…家庭内暴力反対のCM映像が公開”. 2009年4月6日閲覧。
  11. ^ SCREEN2010年9月号
  12. ^ 二年連続1位はミシェル・ファイファー(92、93年)、ソフィー・マルソー(95、96年)に続き3人目。
  13. ^ 大人用のブラジャーはどれもサイズが合わないという。カップサイズはAAカップまたはAAAカップと推定される。
  14. ^ シネマトゥデイ (2006年7月7日). “キーラ・ナイトレイ、拒食症を否定”. 2007年8月3日閲覧。
  15. ^ シネマトゥデイ (2007年5月31日). “キーラ・ナイトレイ、大衆紙から賠償金を勝ち取る”. 2007年8月3日閲覧。
  16. ^ Belfast Telegraph (2006年2月27日). “Jamie felt 'second-rate' to former lover Keira”. 2008年9月14日閲覧。
  17. ^ Hello! Mgazine. “David joined by young co-stars and Dustin at 'Pyjamas' premiere”. 2008年10月1日閲覧。
  18. ^ The Daily Telegraph (2006年10月5日). “Every girl is looking for her Mr Darcy”. 2008年1月25日閲覧。
  19. ^ Los Angeles Times (2006年2月12日). “Transcript: Our Chat with Oscar nominee Keira Knightley”. 2008年1月25日閲覧。
  20. ^ Flare (2007年9月). “Shining Knightley”. 2008年1月25日閲覧。
  21. ^ Digital Spy. (2007年12月29日). “Keira Knightley praises 'Emmerdale'”. 2008年1月25日閲覧。
  22. ^ http://news.walkerplus.com/2010/1130/22/
  23. ^ http://news.walkerplus.com/2010/1105/7/
  24. ^ http://www.cinematoday.jp/page/N0028128
  25. ^ http://www.cinematoday.jp/page/N0032157

外部リンク[編集]