第85回アカデミー賞

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
第85回アカデミー賞
開催日 2013年2月24日 (2013-2-24)
会場 カリフォルニア州ロサンゼルス市ハリウッド
ドルビー・シアター
プレショー クリスティン・チェノウェス
ケリー・ローランド
ララ・スペンサー英語版
ロビン・ロバーツ英語版
ジェス・ケイグル[1]
司会 セス・マクファーレン[2]
プロデューサー クレイグ・ゼイダン英語版
ニール・メロン英語版[3]
ディレクター ドン・ミッシャー英語版
ハイライト
作品賞 アルゴ
最多部門受賞 ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日』(4)
最多部門
ノミネート
リンカーン』(12)
TV放映
放送局 ABC
開催時間 3時間35分(コマーシャル含む)[4]
2時間54分(コマーシャル無し)
視聴率 4030万人
26.6%(ニールセン調査)[5][6]
 < 第84回 アカデミー賞 第86回 > 

第85回アカデミー賞The Oscars[7])は、映画芸術科学アカデミー(AMPAS)が主催する賞であり、2012年の映画を対象とし、2013年2月24日にカリフォルニア州ロサンゼルス市ハリウッドドルビー・シアターで授賞式が行われた[8]。司会は声優・アニメーターとして知られるセス・マクファーレンである[2][9]。授賞式は第76回以来最高となる4240万人の視聴者を獲得した[10]

ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日』が監督賞を含む最多4部門を受賞し[11]、次いで作品賞を受賞した『アルゴ[11]と『レ・ミゼラブル』がそれぞれ3部門で受賞を果たした。さらに続いて『ジャンゴ 繋がれざる者』、『リンカーン』、『007 スカイフォール』がそれぞれ2部門で受賞を果たした。『世界にひとつのプレイブック』のジェニファー・ローレンスは史上2番目の若さで主演女優賞を獲得した[11]。『リンカーン』のダニエル・デイ=ルイスは史上最多となる3度目の主演男優賞受賞を果たした[12][13][14]

受賞とノミネート[編集]

ノミネートは2013年1月10日のPST午前5時30分(UTC13時30分 / EST午前8時30分)にカリフォルニア州ビバリーヒルズサミュエル・ゴールドウィン・シアター英語版で、授賞式の司会も務めるセス・マクファーレンと女優のエマ・ストーンにより発表された。司会者がノミネートの発表も兼任するのは第45回チャールトン・ヘストン以来である[15]

最多ノミネートは『リンカーン』の12部門である。次いで『ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日』が11部門でノミネートされた[16][17]

一覧[編集]

太字が受賞者及び受賞作である[18]

作品賞 監督賞
主演男優賞 主演女優賞
助演男優賞 助演女優賞
脚本賞 脚色賞
アニメ映画賞 外国語映画賞
長編ドキュメンタリー映画賞 短編ドキュメンタリー映画賞
短編実写映画賞 短編アニメ賞
作曲賞 歌曲賞
音響編集賞 録音賞
美術賞 撮影賞
メイクアップ&ヘアスタイリング賞 衣裳デザイン賞
編集賞 視覚効果賞

統計[編集]

以下15作品が複数の部門でノミネートされた[19]

以下6作品が複数の部門を受賞した[18]

プレゼンターとパフォーマー[編集]

セス・マクファーレンは第85回アカデミー賞授賞式の司会を務めた。

プレゼンター[編集]

パフォーマー[編集]

『イン・メモリアル』[編集]

今回の『イン・メモリアル』セグメントは俳優のジョージ・クルーニーが紹介し、作曲家のマーヴィン・ハムリッシュへの追悼としてバーブラ・ストライサンドが「追憶を歌った。ここでは2012年に亡くなった映画産業に重大な影響を与えた以下の人物に敬意が払われた[21]

2012年に亡くなった映画専門家は1000以上におよび、アカデミーは放送できなかった人物たちのために補助的なオンライン・ギャラリーを設置した[22]。それにはアンディ・グリフィスラリー・ハグマンハリー・ケリー・ジュニアアン・ラザフォード英語版デヴィッド・エリス大島渚ドナ・サマーアレックス・カラス英語版メル・スチュアート英語版スーザン・ティレルジョイス・レッドマンゴア・ヴィダルが含まれた。

記録[編集]

第85回アカデミー賞は様々なレアケースに見舞われた。『アルゴ』は監督賞で候補に挙がらずに作品賞を受賞したが、これは第62回の『ドライビング Miss デイジー』以来23年ぶりのことである。『愛、アムール』(フランス語)は作品賞と外国語映画賞の両方にノミネートされたが、これは第73回の『グリーン・デスティニー』(北京官話)以来12年ぶりのことである。また、外国語映画が作品賞にノミネートされるのは第79回の『硫黄島からの手紙』(日本語)以来6年ぶりのことである。

ダニエル・デイ=ルイスは、史上初めて主演男優賞を3回受賞した俳優となった(第62回、第80回、第85回)。

年齢関連の記録も複数更新された。85歳のエマニュエル・リヴァは、史上最年長英語版の主演女優賞候補である[23][24]。これは第62回で『ドライビング Miss デイジー』によりノミネートされたジェシカ・タンディを5歳上回っている(ダンディは受賞も果たした)。9歳のクヮヴェンジャネ・ウォレスは史上最年少の主演女優賞候補者である[24][25]。これは第76回で『クジラの島の少女』により候補に挙がったケイシャ・キャッスル=ヒューズを4歳下回っている。また2003年生まれであるウォレスは、21世紀生まれとしては史上初となるアカデミー賞候補者である。22歳のジェニファー・ローレンスは第83回の『ウィンターズ・ボーン』続いての主演女優賞候補であるが、2回目の候補年齢としては同部門史上最年少である[26]

世界にひとつのプレイブック』は、演技4部門全て英語版で候補となったが、これは第54回の『レッズ』以来31年ぶりのことである[27][28]。また同作は主要5部門全てで候補となったが、これは第77回の『ミリオンダラー・ベイビー以来8年ぶりのことである。

マーク・アンドリュースと共に長編アニメ映画賞を受賞したブレンダ・チャップマンは、同部門としては史上初の女性受賞者である。

助演男優賞の候補者は全員受賞経験者であった。アラン・アーキントミー・リー・ジョーンズクリストフ・ヴァルツは助演男優賞、フィリップ・シーモア・ホフマンは主演男優賞、ロバート・デニーロは主演と助演男優賞それぞれを受賞済である。また、演技4部門の全候補者20人のうち今回が初ノミネートであったのはブラッドレイ・クーパーヒュー・ジャックマンエマニュエル・リヴァクヮヴェンジャネ・ウォレスの4人のみであった。

ウォルト・ディズニー・スタジオ英語版は、第37回の『メリー・ポピンズ』で13個の候補を獲得したが、第85回では同スタジオの全作品で17個の候補を獲得し、記録を塗り替えた。その内訳は、『リンカーン』が12個、『アベンジャーズ』と『メリダとおそろしの森』と『フランケンウィニー』と『紙ひこうき』と『シュガー・ラッシュ』がそれぞれ1個ずつである[29]。また、『紙ひこうき』は第42回の『トリはタフなり』以来43年ぶりのウォルト・ディズニー・スタジオ作品の短編アニメ賞受賞作となった。

クリストフ・ヴァルツは同じ監督による作品、同じ部門で2回受賞を果たした。これはウォルター・ブレナンダイアン・ウィーストに続いて史上3例目である。

クリストフ・ヴァルツは2回目、ダニエル・デイ=ルイスは3回目の受賞であるが、一度に2人以上の再受賞者が出現するのは第72回以来13年ぶりである。

音響編集賞は『007 スカイフォール』と『ゼロ・ダーク・サーティ』が共同受賞した。1つの部門を2つの作品が同時に受賞するのは史上6例目である。『007 スカイフォール』ではパー・ハルバーグとカレン・ベイカー・ランダース、『ゼロ・ダーク・サーティ』ではポール・N・J・オットソンへオスカー像が贈られた[30]。これ以前に同時受賞をしたケースは、第5回で主演男優賞を受賞したフレドリック・マーチウォーレス・ビアリー[31]第22回で短編ドキュメンタリー映画賞を受賞した『A Chance to Live』と『So Much for So Little』、第41回で主演女優賞を受賞したキャサリン・ヘプバーンバーブラ・ストライサンド[32]第59回で長編ドキュメンタリー映画賞を受賞した『Artie Shaw: Time Is All You've Got』と『Down and Out in America』、第67回で短編実写映画賞を受賞した『Franz Kafka's It's A Wonderful Life』と『Trevor』である[33]

新たな規則変更[編集]

第85回アカデミー賞より、以下の点が変更された。

  • 長編ドキュメンタリー映画賞、短編アニメ賞、短編実写映画賞はスクリーニング出席者だけでなく、全ての会員に投票権が与えられた。これによりスクリーニング出席者のみが投票可能な部門は短篇ドキュメンタリー映画賞と外国語映画賞のみとなった[37]

授賞式情報[編集]

第85回アカデミー賞のテーマは映画における音楽であり、『シカゴ』、『ドリームガールズ』、『レ・ミゼラブル』といったミュージカルのトリビュート、『サウンド・オブ・ミュージック』と『美女と野獣』からの引用が含まれた[38][39]。加えて様々な映画音楽が使用された。受賞者のスピーチが長引いた際には退場を促すためにジョン・ウィリアムズによる『ジョーズ』のテーマ曲が流された[40]

投票の動向[編集]

近年では珍しく、作品賞候補作はアメリカの六大メジャー映画スタジオ英語版の作品が大半を占めた。ワーナー・ブラザーズからは『アルゴ』、コロンビア映画からは『ゼロ・ダーク・サーティ』、20世紀フォックスからは『ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日』、『リンカーン』、ユニバーサル・ピクチャーズからは『レ・ミゼラブル』がノミネートされた[41][42]。六大スタジオのうち、唯一パラマウント映画のみが作品賞候補作を出せなかった。

作品賞候補作9本のうち、北米興行収入が1億ドルを超えていたのは『リンカーン』(1億7860万ドル)、『ジャンゴ 繋がれざる者』(1億5880万ドル)、『レ・ミゼラブル』(1億4670万ドル)、『アルゴ』(1億2980万ドル)、『ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日』(1億1350万ドル)、『世界にひとつのプレイブック』(1億710万ドル)の6本である[43]。作品賞候補作9本の北米興行収入の合計は約9億4400万ドルである[44]

批評家の反応[編集]

授賞式はメディアや紙面媒体から賛否両論となり、特にセス・マクファーレンの演出、物腰、ユーモアが話題となった[45][46]。一部の批判者からは、今回の授賞式は性差別人種差別反ユダヤ主義同性愛差別を助長すると指摘された[47][48]。授賞式の放送時間について、他の賞と比べても短いにもかかわらず長すぎると批判された[49]。『シカゴ・トリビューン』はマクファーレンに好意的であったが[50]、一方で『ナショナル・パブリック・ラジオ』は「オスカー史上最悪の司会のひとつ」と評した[51]

授賞式から2日後、マクファーレンはTwitterで、今回楽しい時間を過ごせたが、もう2度とオスカーの司会はしないだろうと述べた[52]

レイティング[編集]

ABCによるアメリカの合衆国での放送では平均4030万人の視聴者を獲得し、前回より3%上昇した。ニールセン・レイティング英語版では18-49歳の範囲で11%増、18-34歳で20%増であり、過去6年で最高値となった[6]

参考文献[編集]

  1. ^ Yahr, Emily (2013年2月22日). “Oscars TV: Where to watch the show, the pre-shows, the fashion”. The Washington Psot. http://www.washingtonpost.com/blogs/tv-column/post/oscars-tv-where-to-watch-the-show-the-pre-shows-the-fashion/2013/02/22/4c2e468a-7d3a-11e2-9a75-dab0201670da_blog.html 2013年2月26日閲覧。 
  2. ^ a b SETH MACFARLANE TO HOST 85TH OSCARS®, AIRING LIVE ON ABC, SUNDAY, FEBRUARY 24, 2013”. ABC Media Net. American Broadcasting Company (2012年10月11日). 2012年10月11日閲覧。
  3. ^ Schou, Solvej. “Don Mischer to direct 2013 Academy Awards telecast”. 2012年10月11日閲覧。
  4. ^ TV Review: 85th Academy Awards”. Variety (2013年2月24日). 2013年3月12日閲覧。
  5. ^ McMullen, Randy (2013年2月26日). “Oscars 2013: TV ratings up from last year”. San Jose Mercury News. http://www.mercurynews.com/entertainment/ci_22664493/oscars-2013-tv-ratings-up-from-last-year 2013年2月26日閲覧。 
  6. ^ a b Oscars top 40 million, surge in demos: Show draws best score among adults 18-34 since 2005”. Variety (2013年2月25日). 2013年2月27日閲覧。
  7. ^ Pond, Steve (2013年2月19日). “AMPAS Drops '85th Academy Awards' – Now It's Just 'The Oscars'”. The Wrap. http://www.thewrap.com/awards/column-post/ampas-drops-85th-academy-awards-now-its-just-oscars-78211 2013年2月22日閲覧。 
  8. ^ Wang, Yamei. “85th Academy Awards to be held at former Kodak Theater: AMPAS”. 2012年10月11日閲覧。
  9. ^ “Seth MacFarlane to Host 85th Oscars” (プレスリリース), AMPAS, (2012年10月1日), http://www.oscars.org/press/pressreleases/2012/20121001.html 2012年10月17日閲覧。 
  10. ^ Porter, Rick (2013年2月25日). “TV ratings: Oscars rise with Seth MacFarlane and 'Argo'”. 2013年2月25日閲覧。
  11. ^ a b c Oscar winners at the 85th annual Academy Awards”. Fox News. 2013年2月25日閲覧。
  12. ^ Oscars 2013 awards ceremony - as it happened”. Guardian UK (2013年2月25日). 2013年2月25日閲覧。
  13. ^ Oscars presenter Seth MacFarlane hits a bum note with jokes about Adele's weight, actresses boobs, and 'Chris and Rihanna's date movie'... Django Unchained”. Daily Mail (2013年2月25日). 2013年2月25日閲覧。
  14. ^ Oscars 2013: As it happened”. Daily Telegraph UK (2013年2月25日). 2013年2月25日閲覧。
  15. ^ Fleming Jr, Mike. “Seth MacFarlane, Emma Stone To Announce Oscar Nominations Thursday”. Deadline. 2013年3月12日閲覧。
  16. ^ 85th OSCAR® NOMINATIONS ANNOUNCED
  17. ^ Oscar nominations 2013: Lincoln campaign pays off”. Guardian UK (2013年1月10日). 2013年1月14日閲覧。
  18. ^ a b Oscars: Winners List”. The Hollywood Reporter. 2013年2月25日閲覧。
  19. ^ Hollywood announces 85th Academy Award nominations”. BBC News (2013年1月10日). 2013年1月14日閲覧。
  20. ^ Barnes, Brooks; Cieply, Michael (2013年2月25日). “Best Picture for ‘Argo’ in Varied Oscar Field”. The New York Times. http://www.nytimes.com/2013/02/25/movies/awardsseason/best-picture-for-argo-in-varied-oscar-field.html?pagewanted=all&_r=0 2013年2月26日閲覧. "Seth MacFarlane, this year’s host, opened the 85th annual Academy Awards with a round of risky humor more akin to the Golden Globes, delivering a monologue that mocked himself as “the worst Oscar host ever” and joining with the Gay Men’s Chorus of Los Angeles to perform a song-and-dance homage to topless scenes by female stars." 
  21. ^ “Oscars 'In Memoriam' 2013: Full list”. MSN News. (2013年2月25日). http://news.msn.com/obits/oscars-in-memoriam-2013 2013年2月26日閲覧。 
  22. ^ Yamato, Jen. “Oscars 2013 in Memoriam Snubs – List”. Deadline.com. 2013年3月12日閲覧。
  23. ^ “Emmanuelle Riva’s Very Good Morning”. The New York Times. (2013年1月10日). http://carpetbagger.blogs.nytimes.com/2013/01/10/emmanuelle-rivas-very-good-morning/ 
  24. ^ a b Sperling, Nicole (2013年1月10日). “Oscars 2013: Best actress race features oldest and youngest nominees”. Los Angeles Times. http://www.latimes.com/entertainment/envelope/moviesnow/la-et-mn-oscars-2013-best-actress-race-features-oldest-and-youngest-nominees-20130109,0,7222283.story 
  25. ^ Boardman, Madeline (01/10/2013). “Quvenzhané Wallis & Oscars: 9-Year-Old Is Youngest Best Actress Nominee Ever”. Huffington Post. http://www.huffingtonpost.com/2013/01/10/quvenzhane-wallis-oscars-best-actress_n_2446855.html 
  26. ^ 'The Hunger Games': Can Jennifer Lawrence score a second Oscar nomination?”. Entertainment Weekly (2012年3月26日). 2013年2月27日閲覧。
  27. ^ Lang, Brent (2013年1月11日). “Oscars: 'Silver Linings Playbook' First Film in 31 Years Nominated in All 4 Acting Categories”. Yahoo!. 2013年3月12日閲覧。
  28. ^ Awards. “Oscars: 'Silver Linings Playbook' First Film in 31 Years Nominated in All 4 Acting Categories”. Thewrap.com. 2013年3月12日閲覧。
  29. ^ Tipton, Janelle (2013年1月10日). “17 Oscar Nominations for Walt Disney Studios Releases”. The Disney Psot. https://thewaltdisneycompany.com/blog/17-oscar-nominations-walt-disney-studios-releases 2013年2月22日閲覧。 
  30. ^ 2013 Oscar Nominees | 85th Academy Awards Nominees”. Oscar.go.com. 2013年3月12日閲覧。
  31. ^ Oscars Lists: Records And Curiosities”. Eudesign.com (2001年9月11日). 2013年3月12日閲覧。
  32. ^ Weekly Trivia Update: Oscar Ties”. Weeklytrivia.blogspot.com (2004年9月22日). 2013年3月12日閲覧。
  33. ^ Ties in Academy Awards Voting (PDF)”. 2013年3月12日閲覧。
  34. ^ Music Rules Approved for 85th Academy Awards”. oscars.org. 2012年8月31日閲覧。
  35. ^ Kilday, Greg (2012年6月28日). “New Oscar Rules Allow Multiple Songwriters, Incorporate Hair Styling”. The Hollywood Reporter. http://www.hollywoodreporter.com/race/academy-changes-visual-effects-music-foreign-language-rules-343162 2012年6月29日閲覧。 
  36. ^ “Film academy approves new rules for 85th Academy Awards, makes hairstyling eligible for Oscar”. The Washington Post. (2012年6月28日). http://www.washingtonpost.com/entertainment/film-academy-approves-new-rules-for-85th-academy-awards-makes-hairstyling-eligible-for-oscar/2012/06/28/gJQALW8r9V_story.html 2012年6月29日閲覧。 
  37. ^ “Academy opens three more categories up to entire membership”. hitfix.com. http://www.hitfix.com/in-contention/academy-opens-three-more-categories-up-to-entire-membership 
  38. ^ Serjeant, Jill (2013年2月23日). “Oscar show promises music, megastars and James Bond”. Reuters. http://www.reuters.com/article/2013/02/23/entertainment-us-oscars-idUSBRE91M07X20130223 2013年2月25日閲覧。 
  39. ^ Gallo, Phil (2013年2月25日). “Oscars 2013 Music Review: Ceremony, Seth MacFarlane Off Key and Out of Tune”. Billboard. http://www.billboard.com/biz/articles/news/1549848/oscars-2013-music-review-ceremony-seth-macfarlane-off-key-and-out-of-tune 2013年2月25日閲覧。 
  40. ^ Halperin, Shirley (2013年2月24日). “Oscars 2013: 'Jaws' Theme as Play-Out Music Proves Divisive”. The Hollywood Reporter. http://www.hollywoodreporter.com/earshot/oscars-2013-jaws-theme-as-424037 2013年2月25日閲覧。 
  41. ^ Nakashima, Ryan (2013年2月24日). “Big studios behind swag-fueled Oscar push”. Associated Press. http://bigstory.ap.org/article/big-studios-behind-swag-fueled-oscar-push-0 2013年2月26日閲覧. "This year, the majors are back in the game in a big way. In addition to Warner's Argo and Disney's Lincoln, Sony Pictures is behind Zero Dark Thirty, 20th Century Fox is backing Life of Pi and Universal is the force behind Les Miserables." 
  42. ^ Richwine, Lisa (2013年2月25日). “Warner Bros. takes home Oscar gold, sales boost for "Argo"”. Reuters. http://www.reuters.com/article/2013/02/25/entertainment-us-oscars-studios-idUSBRE91O09A20130225 2013年2月26日閲覧。 
  43. ^ Miller, Daniel (2013年2月24日). “Oscars 2013: A box-office milestone for best picture nominees”. The Los Angeles Times. http://www.latimes.com/entertainment/envelope/moviesnow/la-et-mn-academy-award-best-picture-nominees-record-box-office-20130224,0,2743070.story 2013年2月26日閲覧。 
  44. ^ Complete List of Oscar winners”. IMDb.com. Box Office Mojo. 2013年2月26日閲覧。
  45. ^ Collins, Scott (2013年2月25日). “Oscars 2013: TV ratings rise with Seth MacFarlane as host”. The Los Angles Times. http://www.latimes.com/entertainment/envelope/tv/la-et-st-oscars-2013-tv-ratings-rise-with-seth-macfarlane-as-host-20130225,0,6794036.story 2013年2月25日閲覧。 
  46. ^ Crupi, Anthony (2013年2月25日). “Mixed Reviews of Seth MacFarlane's Oscar debut balanced by nigher preliminary ratings”. AdWeek. http://www.adweek.com/news/advertising-branding/slight-bump-early-oscars-ratings-147535 2013年2月26日閲覧。 
  47. ^ Kornhaber, Spencer (2013年2月25日). “The Banality of Seth MacFarlane's Sexism and Racism at the Oscars”. The Atlantic Wire. http://www.theatlantic.com/entertainment/archive/2013/02/the-banality-of-seth-macfarlanes-sexism-and-racism-at-the-oscars/273460/ 2013年2月25日閲覧。 
  48. ^ Dreier, Peter (2013年2月25日). “Sunday's Oscar Show Wins Awards for Sexism, Homophobia, Anti-Semitism, and Racism”. The Huffington Post. http://www.huffingtonpost.com/peter-dreier/oscars-2013-seth-macfarlane_b_2758567.html 2013年2月25日閲覧。 
  49. ^ Whipp, Glenn (2013年2月25日). “Oscars 2013: Telecast length padded, but not historically so”. The Los Angeles Times. http://www.latimes.com/entertainment/envelope/moviesnow/la-et-mn-oscar-telecast-length-padded-but-not-historically-so-20130224,0,5741735.story 2013年2月25日閲覧。 
  50. ^ Metz, Nina (2013年2月25日). “MacFarlane relaxed, confident as Oscars host”. The Chicago Tribune. http://www.chicagotribune.com/entertainment/movies/oscars/chi-oscars-live-20130224,0,961348.story 2013年2月25日閲覧。 
  51. ^ Holmes, Linda (2013年2月25日). “The Oscars Broadcast, Zooming Way Past Cheeky To Land Squarely On Crass”. National Public Radio. http://www.npr.org/blogs/monkeysee/2013/02/25/172846842/the-oscars-broadcast-zooming-way-past-cheeky-to-land-squarely-on-crass 2013年2月25日閲覧。 
  52. ^ Seth MacFarlane tweet”. Twitter.com (2013年2月26日). 2013年2月27日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]