第27回アカデミー賞

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
第27回アカデミー賞
開催日 1955年3月30日
会場 カリフォルニア州 ロサンゼルス ハリウッド RKOパンテージズ・シアター
ニューヨーク NBCセンチュリー・シアター
司会 ボブ・ホープ(ハリウッド)
セルマ・リッター(ニューヨーク)
ハイライト
作品賞 波止場
最多部門受賞 『波止場』(8)
最多部門
ノミネート
『波止場』(12)
TV放映
放送局 NBC
 < 第26回 アカデミー賞 第28回 > 

第27回アカデミー賞は、1954年の映画を対象としており、授賞式は1955年3月30日にハリウッドのRKOパンテージズ・シアターとニューヨークのNBCセンチュリー・シアターで行われた。

第24回から4回連続でノミネートされていたマーロン・ブランドが初受賞を果たした[1]

受賞とノミネート一覧[編集]

太文字のものが受賞である。

作品賞 監督賞
主演男優賞 主演女優賞
助演男優賞 助演女優賞
脚色賞 脚本賞
原案賞 短編アニメ賞
長編ドキュメンタリー映画賞 短編ドキュメンタリー映画賞
短編実写映画賞(一巻) 短編実写映画賞(二巻)
ドラマ・コメディ音楽賞 ミュージカル音楽賞
歌曲賞 録音賞
美術監督賞(白黒) 美術監督賞(カラー)
撮影賞(白黒) 撮影賞(カラー)
衣裳デザイン賞(白黒) 衣裳デザイン賞(カラー)
編集賞 特殊効果賞

アカデミー名誉賞[編集]

外国語映画賞[編集]

統計[編集]

複数候補
  • 12候補: 『波止場』
  • 7候補: 『ケイン号の叛乱』、『喝采』
  • 6候補: 『紅の翼』、『麗しのサブリナ』、『スタア誕生』
  • 5候補: 『掠奪された七人の花嫁』
  • 4候補: 『重役室』、『裏窓』
  • 3候補: 『海底二万哩』、『ブリガドーン』、『グレン・ミラー物語』、『ショウほど素敵な商売はない』、『愛の泉』
  • 2候補: 『裸足の伯爵夫人』、『折れた槍』、『カルメン』、『デジレ』、『おかしなおかしな自動車競争』、Jet Carrier、『銀の盃』、『奥様は芳紀十七才』
  • 8受賞: 『波止場』
  • 2受賞: 『海底二万哩』、『喝采』、『愛の泉』


参考文献[編集]

  1. ^ Premiere. “100 Greatest Performances of All Time: 24-1”. 2008年12月23日閲覧。

外部リンク[編集]