終着駅 (映画)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
終着駅
Stazione Termini
監督 ヴィットリオ・デ・シーカ
脚本 チェザーレ・ザヴァッティーニ
ルイジ・キアリーニ
ジョルジオ・プロスペリ
ベン・ヘクト(タイトル)[1]
トルーマン・カポーティ(英語の台詞)
原案 チェザーレ・ザヴァッティーニ
製作 ヴィットリオ・デ・シーカ
製作総指揮 デヴィッド・O・セルズニック[1]
出演者 ジェニファー・ジョーンズ
モンゴメリー・クリフト
音楽 アレッサンドロ・チコニーニ
撮影 G・R・アルド
編集 ジーン・ベイカー
エラルド・デ・ロマ
製作会社 コロンビア映画
Produzioni De Sica
配給 アメリカ合衆国の旗 コロンビア映画
日本の旗 松竹洋画部
公開 イタリアの旗 1953年4月2日
アメリカ合衆国の旗 1954年5月10日
日本の旗 1953年9月15日
上映時間 89分
製作国 イタリアの旗 イタリア
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
イタリア語
フランス語
テンプレートを表示

終着駅』(しゅうちゃくえき、原題:Stazione Termini)は、ハリウッドの映画プロデューサー、デヴィッド・O・セルズニックが映画「逢びき」に匹敵するメロドラマを作ろうと、イタリアネオレアリズモ」の巨匠ヴィットリオ・デ・シーカ監督を招いて作りあげた恋愛映画の名作。日本でも大ヒットした。キネマ旬報ベストテン第5位。

日本で初公開される前は、題名と同じ意味を表す言葉は「終点」ぐらいしかなかったが、この映画の邦題から「終着駅」という新しい言葉が生まれた[要出典]。そして、今ではこの映画の題名のみならず、日常でも使われている。このような、外国映画の邦題から日常語になった同じ例として、戦前のフランス映画『巴里祭』がある(「パリ祭」参照)。イタリア語での原題は物語の舞台となったローマテルミニ駅(イタリアのターミナル駅の一つ)。ジェニファー・ジョーンズの衣裳デザインはクリスチャン・ディオール(Christian Dior)が担当した。

那智わたる&市川染五郎(現・松本幸四郎 (9代目))、佐久間良子&役所広司で舞台化もされている。

ストーリー[編集]

キャスト[編集]

※日本語吹替:1974年10月30日、日本テレビ水曜ロードショー

参考文献[編集]

  1. ^ a b クレジットなし。Stazione Termini (1953) - Full cast and crew” (英語). IMDb. 2013年3月27日閲覧。

外部リンク[編集]