和田三造

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

和田 三造(わだ さんぞう、1883年明治16年)3月3日 - 1967年昭和42年)8月22日)は、明治・大正・昭和期の日本の洋画家版画家帝国美術院会員。1953年(昭和28年)、大映映画『地獄門』で、色彩デザイン及び衣裳デザインを担当し、この作品で、1954年(昭和29年)の第27回アカデミー賞衣裳デザイン賞を受賞。

経歴[編集]

朽木藩御典医であり、その後生野銀山鉱業所の勤務医や校医を勤めた和田文碩と秀の四男として、兵庫県朝来郡生野町(現・朝来市)に生まれる。兄・宗英が大牟田市の鉱山業に従事したため、1896年(明治29年)、13歳の時に一家をあげて福岡市に転居する。大名尋常小学校を経て、翌1897年(明治30年)、福岡県立尋常中学修猷館に進学するが、1899年(明治32年)、画家を志し、父や教師の反対を押し切って修猷館を退学後、上京して、長尾建吉の斡旋で黒田清輝邸の住み込み書生となり、白馬会洋画研究所に入所して黒田清輝に師事する。

1901年(明治34年)、東京美術学校(現・東京芸術大学)西洋画科選科に入学する。東京美術学校では、青木繁熊谷守一児島虎次郎山下新太郎らと同期であった。1902年(明治35年)、八丈島への渡航途上、暴風雨に会い漂流ののち伊豆大島へ漂着しており、これが後の『南風』制作の契機となった。

1904年(明治37年)、東京美術学校を卒業し、1905年(明治38年)、白馬会10周年記念展で『牧場の晩帰』、『伊豆大島風景』を出品して、前者で白馬会賞を受賞し注目される。1907年(明治40年)、第1回文部省美術展覧会(文展)に出品した『南風』が2等賞(最高賞)を受賞する[1]。『南風』は、明治浪漫主義の風潮下で生まれた記念碑的な作品とされる。この絵の中で小船の上に立つ逞しい男のモデルは、和田が中学時代に通っていた玄洋社が運営する柔道場「明道館」の2代目館長河野半次郎といわれる。更に、翌1908年(明治41年)の第2回文展においても、『煒燻』で2等賞(最高賞)を連続受賞し、無鑑査(鑑査なしで出品できる資格)となる。

1909年(明治42年)、文部省美術留学生として渡欧し、フランスを中心にヨーロッパ各国を巡歴し、洋画とあわせて工芸図案の研究も行う。その帰途、1914年(大正3年)、インドやビルマ(現・ミャンマー)で東洋美術を研究し、1915年(大正4年)に帰国する。1917年(大正6年)、文展審査員となる。以後、文展や、文展が改称した帝国美術院展覧会(帝展)に出品する一方で、装飾工芸や色彩研究にも力を入れ、1920年(大正9年)、染色芸術研究所、1925年(大正14年)、日本染色工芸協会をそれぞれ設立している。

この頃、1923年(大正12年)からは、本格的に日本画の制作に取り組んでいる。翌1924年(大正13年)、朝鮮総督府の大壁画『羽衣』を制作している。

1927年(昭和2年)、帝国美術院(現・日本芸術院)会員となる。同年、わが国における色彩の標準化の必要性に着目し、日本標準色協会を創立する。ここでの和田の色彩研究の成果は、『色名総鑑』(1931年)などに表れている。その後、1938年(昭和13年)には西宮にあった品川清臣による京都版画院という版元から『昭和職業絵尽』シリーズの第1作として「洋楽師」と「巡礼」という木版画を発表、この『昭和職業絵尽』は第1集、第2集各24枚(合計48枚)を版行しており、以降、戦後に入って1956年(昭和31年)、続編として『続昭和職業絵尽』シリーズ24枚を発表した。なお、これらの作品は新版画に分類されている。

1932年(昭和7年)には東京美術学校図案科教授に就任し、1944年(昭和19年)まで務めている。1945年(昭和20年)、日本標準色協会を日本色彩研究所に改組し、理事長に就任する。1951年(昭和26年)には、ここで日本初の綜合標準色票『色の標準』を完成する。

1953年(昭和28年)、大映映画『地獄門』で、色彩デザイン及び衣裳デザインを担当し、この作品で、1954年(昭和29年)の第27回アカデミー賞衣裳デザイン賞を受賞する。なお、『地獄門』は、同年の第7回カンヌ国際映画祭においても、その色彩の美しさを高く評価され、パルム・ドールグランプリ)を受賞している。晩年は、油彩画の他、工芸や水墨画にも活躍し、1958年(昭和33年)、文化功労者に選ばれている。

1967年(昭和42年)8月22日、誤嚥性肺炎のため東京逓信病院で死去。享年84。

娘は1939年6月23日有馬大五郎と結婚した。

代表作品[編集]

  • 『大島を望む』(1907年)東京国立近代美術館
  • 『南風』(1907年)東京国立近代美術館
  • 『大葬』(1933年)聖徳記念絵画館
  • 『按摩さん』(1936年)京都市美術館
  • 『雨の隅田川』(1937年)東京国立近代美術館
  • 『興亜曼荼羅』(1940年)東京国立近代美術館
  • 『けしの花』(1960年)福岡市美術館
  • 『神将』 東京都現代美術館
  • 『古城の羅稜』 東京国立近代美術館
  • 『雪景色』 『静物(菊)』 但陽美術館
  • 『鶴渡る』(年代不明)紙本著色 六曲一双 姫路市立美術館

個人美術館[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]