アカデミー短編アニメ賞

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アカデミー賞 > アカデミー短編アニメ賞

アカデミー短編アニメ賞(アカデミーたんぺんアニメしょう、Academy Award for Animated Short Film)はアカデミー賞の部門の一つで、その年アメリカで上映されたもっとも優れた短編アニメーション映画にあたえられる。1932年の第5回アカデミー賞(1931年から1932年の作品が対象)から始まった。

呼称の変遷[編集]

  • 1932年から1970年は、"Short subjects, cartoons"
  • 1971年から1973年は、"Short subjects, animated films"
  • 1974年以降は、表題の"Academy Award for Animated Short Film"

受賞作とノミネート作の一覧[編集]

太字が受賞作、そのほかはノミネート作。

賞の名称 Short Subjects (Cartoons) の時のもの

1930年代[編集]

第5回アカデミー賞 (1931年-1932年)
第6回アカデミー賞 (1932年-1933年)
第7回アカデミー賞 (1934年)
第8回アカデミー賞 (1935年)
第9回アカデミー賞 (1936年)
第10回アカデミー賞 (1937年)
  • 風車小屋のシンフォニー (The Old Mill) - シリー・シンフォニーシリーズ、ウォルト・ディズニー・プロダクション/RKO Radio Pictures - プロデューサー ウォルト・ディズニー - 監督 ウィルフレッド・ジャクソン
  • Educated Fish - Color Classics シリーズ、フライシャー・スタジオ/パラマウント映画 - プロデューサー マックス・フライシャー - 監督 デイヴ・フライシャー
  • The Little Match Girl - Color Rhapsodies series、スクリーン・ジェムズ/コロムビア映画 - プロデューサー チャールズ・ミンツ - 監督 アーサー・デーヴィス & シド・マーカス
第11回アカデミー賞 (1938年)
第12回アカデミー賞 (1939年)
  • みにくいあひるの子 (The Ugly Duckling) - シリー・シンフォニーシリーズ、 ウォルト・ディズニー・プロダクション/RKO - プロデューサー ウォルト・ディズニー - 監督 ジャック・カッティング(Jack Cutting)
  • Detouring America -メリー・メロディーズシリーズ、レオン・シュレジンジャー・プロダクションズ/ワーナー・ブラザーズ - プロデューサー レオン・シュレジンジャー - 監督 テックス・アヴェリー
  • 動物たちの国づくり (Peace on Earth) - Metro-Goldwyn-Mayer、プロデューサー フレッド・クインビー & ヒュー・ハーマン - 監督 ヒュー・ハーマン
  • ミッキーの狩りは楽し (The Pointer) - ミッキーマウス・シリーズ、ウォルト・ディズニー・プロダクション/RKO - プロデューサー ウォルト・ディズニー - 監督 Clyde Geronimi

1940年代[編集]

第13回アカデミー賞 (1940年)
第14回アカデミー賞 (1941年)
  • プルートのなやみ (Lend a Paw) - ウォルト・ディズニー・ピクチャーズ - プロデューサー ウォルト・ディズニー - 監督 クライド・ジェロニミ
  • Boogie Woogie Bugle Boy of Company B - ウォルター・ランツ・プロダクションズ、プロデューサー・監督 ウォルター・ランツ(Walter Lantz)
  • Hiawatha's Rabbit Hunt - レオン・シュレジンジャー・スタジオ -プロデューサー レオン・シュレジンジャー - 監督 フリッツ・フレレング
  • How War Came (Raymond Gram Swing Series) - コロムビア映画配給 - 監督 ポール・フェンネル
  • メリー・クリスマス (The Night Before Christmas、トムとジェリー) - メトロ・ゴールドウィン・メイヤー、プロデューサー フレッド・クインビー - 監督 ジョセフ・バーベラ、ウィリアム・ハンナ
  • Rhapsody in Rivets - レオン・シュレジンジャー・スタジオ - プロデューサー レオン・シュレジンジャー - 監督 フリッツ・フレレング
  • The Rookie Bear - メトロ・ゴールドウィン・メイヤー - プロデューサー フレッド・クインビー - 監督 ルドルフ・アイジング
  • Rhythm in the Ranks - パラマウント映画 (George Pal Puppetoon Series) - プロデューサー・監督 ジョージ・パル
  • スーパーマン (Superman) - シュレジンジャー・スタジオ - プロデューサー マックス・フライシャー - 監督 デイブ・フライシャー
  • ドナルドのずる休み (Truant Officer Donald) - ウォルト・ディズニー・ピクチャーズ - プロデューサー ウォルト・ディズニー - 監督 ジャック・キング(Jack King)
第15回アカデミー賞 (1942年)
  • 総統の顔 (Der Fuehrer's Face) - ウォルト・ディズニー・ピクチャーズ - プロデューサー ウォルト・ディズニー - 監督 ジャック・キニー
  • All Out for 'V' - Terrytoons - プロデューサー ポール・テリー - 監督 マニー・デイヴィス
  • The Blitz Wolf - メトロ・ゴールドウィン・メイヤー -プロデューサー フレッド・クインビー - 監督 テックス・アヴェリー
  • Juke Box Jamboree - ウォルター・ランツ・プロダクションズ - プロデューサー ウォルター・ランツ - 監督 アレックス・ロヴィー
  • Pigs in a Polka - ワーナー・ブラザーズ - プロデューサー レオン・シュレジンジャー - 監督 フリッツ・フレレング
  • Tulips Shall Grow - パラマウント映画, ジョージ・パル・プロダクションズ - プロデューサー・ 監督 ジョージ・パル
第16回アカデミー賞 (1943年)
  • 勝利は我に (Yankee Doodle Mouse)、 トムとジェリー - メトロ・ゴールドウィン・メイヤー - プロデューサー フレッド・クインビー - 監督 ジョセフ・バーベラ、ウィリアム・ハンナ
  • The Dizzy Acrobat - ウォルター・ランツ・プロダクションズ - プロデューサー ウォルター・ランツ - 監督 アレックス・ロヴィー
  • Five Hundred Hats of Bartholomew Cubbins - パラマウント映画 - 監督 ジョージ・パル
  • Greetings, Bait - ワーナー・ブラザーズ -プロデューサー レオン・シュレジンジャー - 監督 フリッツ・フレレング
  • Imagination - コロムビア映画協力、スクリーン・ジェムズ -プロデューサー デイブ・フライシャー - 監督 ボブ・ウィッカーシャム
  • Reason and Emotion - ウォルト・ディズニー・ピクチャーズ - プロデューサー ウォルト・ディズニー - 監督 ビル・ロバーツ
第17回アカデミー賞 (1944年)
  • ネズミ取り必勝法 (Mouse Trouble)、トムとジェリー) - メトロ・ゴールドウィン・メイヤー - フレッド・クインビー プロデューサー - 監督 ジョセフ・バーベラ、ウィリアム・ハンナ
  • And to Think I Saw It on Mulberry Street - パラマウント映画 (Puppetoon) - 監督 ジョージ・パル
  • Dog, Cat and Canary - コロムビア映画、スクリーン・ジェムズ - プロデューサー レイモンド・カッツ - 監督 ハワード・スウィフト
  • Fish Fry - ウォルター・ランツ・プロダクションズ - プロデューサー ウォルター・ランツ - 監督 Shamus Culhane
  • グーフィーのアメリカンフットボール教室 (How to Play Football) - ウォルト・ディズニー・プロダクションズ - プロデューサー ウォルト・ディズニー - 監督 ジャック・キニー
  • My Boy, Johnny - Terrytoons、プロデューサー ポール・テリー - 監督 エディ・ドネリー
  • Swooner Crooner - レオン・シュレジンジャー・スタジオ, ワーナー・ブラザーズ - プロデューサー レオン・シュレジンジャー - 監督 フランク・タシュリン
第18回アカデミー賞 (1945年)
  • ただいまお昼寝中 (Quiet Please!)、トムとジェリー) - メトロ・ゴールドウィン・メイヤー - プロデューサー フレッド・クインビー - 監督 ジョセフ・バーベラ、ウィリアム・ハンナ
  • ドナルドの罪の償い (Donald's Crime) - ウォルト・ディズニー・プロダクションズ - プロデューサー ウォルト・ディズニー - 監督 ジャック・キング
  • Jasper and the Beanstalkパラマウント (Jasper Puppetoon) - プロデューサー、監督 ジョージ・パル
  • Life With Feathers - ワーナー・ブラザーズ (Merrie Melodies - Sylvester & Tweety) - プロデューサー エドワード・セルツァー - 監督 フリッツ・フレレング
  • Mighty Mouse in Gypsy Life - Terrytoon - プロデューサー ポール・テリー - 監督 コニー・ラジンスキー
  • Poet and Peasant - ウォルター・ランツ・プロダクションズ - プロデューサー ウォルター・ランツ - 監督 ディック・ランディー
  • Rippling Romance - コロムビア映画, Screen Gems Inc. (Color Rhapsodies) - プロデューサー レイモンド・カッツ - 監督 ボブ・ウィッカーシャム
第19回アカデミー賞 (1946年)
  • ピアノ・コンサート (The Cat Concerto)、トムとジェリー) - メトロ・ゴールドウィン・メイヤー- プロデューサー フレッド・クインビー - 監督 ジョセフ・バーベラ、ウィリアム・ハンナ
  • Musical Moments from Chopin - Universal Pictures, ウォルター・ランツ・プロダクションズ (Musical Miniatures) - プロデューサー ウォルター・ランツ - 監督 ディック・ランディ
  • John Henry and the Inky-Poo - ジョージ・パル・プロダクションズ, パラマウント映画 (Puppetoon) - 監督 ジョージ・パル
  • リスの山小屋合戦 (Squatter's Rights) - ウォルト・ディズニー・ピクチャーズ (ミッキーマウス) - プロデューサー ウォルト・ディズニー - 監督 ジャック・ハンナ
  • かわいい子には旅を (Walky Talky Hawky) - ワーナー・ブラザーズ (Merrie Melodies) - プロデューサー エドワード・セルツァー - 監督 ロバート・マッキンソン
第20回アカデミー賞 (1947年)
  • Tweetie Pie) - ワーナー・ブラザーズ (Merrie Melodies) - プロデューサー Edward Selzer - 監督 Friz Freleng
  • リスの住宅難 (Chip an' Dale) - ウォルト・ディズニー・ピクチャーズ (Donald Duck, Chip 'n Dale) - プロデューサー ウォルト・ディズニー - 監督 ジャック・ハンナ
  • あべこべ物語 (Dr. Jekyll and Mr. Mouse)、トムとジェリー) - メトロ・ゴールドウィン・メイヤー - プロデューサー フレッド・クインビー - 監督 ジョセフ・バーベラ, ウィリアム・ハンナ
  • プルートは歌がお好き (Pluto's Blue Note) - ウォルト・ディズニー・ピクチャーズ (Pluto) - プロデューサー ウォルト・ディズニー - 監督 チャールズ・A・ニコルズ
  • Tubby the Tuba - Paramount (Puppetoon) - プロデューサー、監督 ジョージ・パル
第21回アカデミー賞 (1948年)
  • 台所戦争 (The Little Orphan)、トムとジェリー) - メトロ・ゴールドウィン・メイヤー - プロデューサー フレッド・クインビー - 監督 ジョセフ・バーベラ、ウィリアム・ハンナ
  • ミッキーとあざらし (Mickey and the Seal) - ウォルト・ディズニー・ピクチャーズ (Pluto) - プロデューサー ウォルト・ディズニー、ジョン・サザーランド - 監督 チャールズ・A・ニコルズ
  • Mouse Wreckers - ワーナー・ブラザーズ (Looney Tunes) - プロデューサー エドワード・セルツァー - 監督 チャック・ジョーンズ
  • Robin Hoodlum - United Productions of America (Fox & Crow) - プロデューサー ジョン・ハブリー、レイモンド・カッツ - 監督 ジョン・ハブリー
  • ドナルドのアリの王国 (Tea for Two Hundred)、 ウォルト・ディズニー・ピクチャーズ (ドナルド・ダック) - プロデューサー ウォルト・ディズニー - 監督 ジャック・ハンナ
第22回アカデミー賞 (1949年)
  • スカンクの恋英語版 (For Scent-imental Reasons)、 ワーナー・ブラザーズ (Looney Tunes) - Edward Selzer
  • いたずらきつつき (Hatch Up Your Troubles)、トムとジェリー) - メトロ・ゴールドウィン・メイヤー - フレッド・クインビー
  • Magic Fluke - United Productions of America, Columbia (Fox & Crow) - スティーブン・ボサストー
  • Toy Tinkers - Disney-RKO Radio (Mickey Mouse) - ウォルト・ディズニー

1950年代[編集]

第23回アカデミー賞 (1950年)
第24回アカデミー賞 (1951年)
第25回アカデミー賞 (1952年)
第26回アカデミー賞 (1953年)
第27回アカデミー賞 (1954年)
第28回アカデミー賞 (1955年)
第29回アカデミー賞 (1956年)
  • Magoo's Puddle Jumper - ユナイテッド・プロダクションズ・オブ・アメリカ、コロムビア - スティーブン・ボサストー
  • Gerald McBoing-Boing on Planet Moo - ユナイテッド・プロダクションズ・オブ・アメリカ、コロムビア- スティーブン・ボサストー
  • The Jaywalker - ユナイテッド・プロダクションズ・オブ・アメリカ、コロムビア - スティーブン・ボサストー
第30回アカデミー賞 (1957年)
第31回アカデミー賞 (1958年)
第32回アカデミー賞 (1959年)

1960年代[編集]

第33回アカデミー賞 (1960年)
第34回アカデミー賞 (1961年)
  • Ersatz - ザグレブ・フィルム、Herts-Lion International Corp.
  • グーフィーの水上スキー (Aquamania) - ウォルト・ディズニー
  • 仕掛けは充分(Beep Prepared)- チャック・ジョーンズ
  • Nelly's Folly - チャック・ジョーンズ
  • グアダルーペの笛吹き男(The Pied Piper of Guadalupe) - フリッツ・フリーレング
第35回アカデミー賞 (1962年)
第36回アカデミー賞 (1963年)
  • The Critic -アーネスト・ピントフ
  • Automania 2000 - ジョン・ハラス
  • The Game - ドゥシャン・ブコティチ
  • My Financial Career - コリン・ロウ、トム・ダリー
  • Dynamics - カルメン・ダヴィノ
第37回アカデミー賞 (1964年)
  • ピンク騒動 (The Pink Phink) - デイヴィッド・H・デパティ、フリッツ・フリーレング
  • Christmas Cracker - National Film Board of Canada、Favorite Films of California
  • How to Avoid Friendship - ウィリアム・L・シンダー
  • Nudnik No. 2 - ウィリアム・L・シンダー
第38回アカデミー賞 (1965年)
  • 点と線 (The Dot and the Line)- チャック・ジョーンズ、レス・ゴールドマン
  • Clay or the Origin of Species - エリオット・ノイス・Jr.
  • The Thieving Magpie (La Gazza Ladra) - エマニュエーレ・ルザッティ
第39回アカデミー賞 (1966年)
  • Herb Alpert and the Tijuana Brass Double Feature - ジョン・ハブレー、フェイス・ハブレー
  • The Drag ウォルフ・コーニング、ロバート・ヴァレル
  • The Pink Blueprint - デイヴィッド・H・デパティ、フリッツ・フリーレング
第40回アカデミー賞 (1967年)
  • The Box - フレッド・ウォルフ
  • Hypothese Beta - ジャン=シャルル・ムーニエ
  • What on Earth! - ウォルフ・コーニング、ロバート・ヴァレル
第41回アカデミー賞 (1968年)
  • プーさんの大あらし (Winnie the Pooh and the Blustery Day) - ウォルト・ディズニー
  • The House That Jack Built - ウォルフ・コーニング、ジム・マッケイ
  • The Magic Pear Tree - ジミー・ムラカミ
  • Windy Day - ジョン・ハブレー、フェイス・ハブレー
第42回アカデミー賞 (1969年)
  • トリはタフなり (It's Tough to Be a Bird) - ワード・キンボール
  • Of Men and Demons - ジョン・ハブレー、フェイス・ハブレー
  • Walking - ライアン・ラーキン

1970年代[編集]

第43回アカデミー賞 (1970年)
  • Is It Always Right to Be Right? - Nick Bosustow
  • The Further Adventures of Uncle Sam: Part Two - ロバート・ミッチェル、デイル・ケース
  • The Shepherd - キャメロン・ゲス
第44回アカデミー賞 (1971年)
Short Subjects (Animated Films)に名称変更
  • The Crunch Bird - Ted Petok
  • Evolution - マイケル・ミルズ
  • The Selfish Giant - ピーター・サンダー、マリー・ショストック
第45回アカデミー賞 (1972年)
  • A Christmas Carol - リチャード・ウィリアムズ
  • Kama Sutra Rides Again - ボブ・ゴドフレイ
  • Tup Tup - ネデリコ・ドラギチ
第46回アカデミー賞 (1973年)
  • フランク・フィルム Frank Film - フランク・モーリス
  • The Legend of John Henry - Nick Bosustow、デイヴィッド・アダムス
  • Pulcinella - エマニュエーレ・ルザッティ、ジュリオ・ジャニーニ
第47回アカデミー賞 (1974年)
Short Films (Animated Films)に名称変更
  • 月曜休館 (Closed Mondays) - ウィル・ヴィントン、ジェームズ・ロビンス・ガードナー
  • The Family That Dwelt Apart - イヴォン・マレッテ、ロバート・ヴァレル
  • 飢餓(餓鬼) (Hunger) - ピーター・フォールズ、ルネ・ジョドワン
  • Voyage to Next - ジョン・ハブリー、フェイス・ハブリー
  • プーさんとティガー (Winnie the Pooh and Tigger Too!) - ウォルフガング・ライザーマン
第48回アカデミー賞 (1975年)
  • Great - ボブ・ゴドフレイ
  • Kick Me - ロバート・スワース
  • Monsieur Pointu - ルネ・ジョドワン、Bernard Longpré、アンドレ・レデュック
  • Sisyphus - Marcell Jankovics
第49回アカデミー賞 (1976年)
  • Leisure - スザンヌ・ベイカー
  • Dedalo - マンフレッド・マンフレディ
  • The Street - キャロライン・リーフ、ガイ・グローヴァー
第50回アカデミー賞 (1977年)
  • 砂の城英語版 (Le château de sable) - コ・ホードマン
  • ビーズ・ゲーム (The Bead Game) - イシュ・ペタル
  • The Doonesbury Special - ジョン・ハブリー、フェイス・ハブリー、ゲイリー・ハブリー
  • Jimmy the C - ジェームズ・ピッカー、ロバート・グロスマン、クレイグ・ウィテカー
第51回アカデミー賞 (1978年)
  • 特別な配達 (Special Delivery) - ユーニス・マコーー、ジョン・ウェルドン
  • Oh My Darling - ニコ・クラマ
  • Rip Van Winkle - ウィル・ヴィントン
第52回アカデミー賞 (1979年)
  • Every Child - デレク・ラム
  • Dream Doll - ボブ・ゴドフレイ、Zlatko Grgic
  • It's so Nice to Have a Wolf Around the House - Paul Fierlinger

1980年代[編集]

第53回アカデミー賞 (1980年)
  • ハエ (The Fly) - フレンツ・ロシェフ
  • トゥ・リエン (All Nothing) - フレデリック・バック
  • History of the World in Three Minutes Flat - マイケル・マイルズ
第54回アカデミー賞 (1981年)
  • クラック!英語版 (Crac) - フレデリック・バック
  • The Creation - ウィル・ヴィントン
  • The Tender Tale of Cinderella Penguin - ジャネット・パールマン
第55回アカデミー賞 (1982年)
第56回アカデミー賞 (1983年)
第57回アカデミー賞 (1984年)
  • Charade - ジョン・ミニス
  • Doctor Desoto - モートン・シンデル、マイケル・スポーン
  • パラダイス (Paradise) - イシュ・パテル
第58回アカデミー賞 (1981年)
  • Anna & Bella - ボルゲ・リング
  • The Big Snit - リチャード・コンディ、マイケル・スコット
  • Second Class Mail - アリソン・スノーデン
第59回アカデミー賞 (1986年)
  • A Greek Tragedy - リンダ・ヴァン・テュルデン、Willem Thijsen
  • The Frog, The Dog and The Devil - ヒュー・マクドナルド、マーティン・タウンゼント
  • ルクソーJr.英語版 (Luxo Jr.) - ジョン・ラセター、ウィリアム・リーヴス
第60回アカデミー賞 (1987年)
第61回アカデミー賞 (1988年)
第62回アカデミー賞 (1989年)

1990年代[編集]

第63回アカデミー賞 (1990年)
第64回アカデミー賞 (1991年)
  • Manipulation - Daniel Greaves
  • Blackfly - National Film Board of Canada、クリストファー・ヒントン
  • ストリングス (1991年の映画)英語版 (strings) - National Film Board of Canada、ウェンディ・ティルビー
第65回アカデミー賞 (1992年)
第66回アカデミー賞 (1993年)
  • ペンギンに気をつけろ!The Wrong Trousers) - ニック・パーク
  • Blindscape - スティーブン・パルマー
  • 大いなる河の流れ (The Mighty River) - フレデリック・ベック、ヒューバート・ティソン
  • Small Talk - ボブ・ゴドフレイ、ケヴィン・ボールドウィン
  • ヴィレッジ (The Village) - マーク・ベイカー
第67回アカデミー賞 (1994年)
第68回アカデミー賞 (1995年)
第69回アカデミー賞 (1996年)
第70回アカデミー賞 (1997年)
第71回アカデミー賞 (1998年)
  • バニー (1998年の映画)英語版 (Bunny - クリス・ウェッジ
  • The Canterbury Tales - クリストファー・グレイス、ジョナサン・マーソン
  • Jolly Roger - マーク・ベイカー
  • More - マーク・オズボーン、スティーヴィン・B・カラファ
  • When Life Departs - Karsten Kiilerich、Stefan Fjeldmark
第72回アカデミー賞 (1999年)

2000年代[編集]

第73回アカデミー賞 (2000年)
第74回アカデミー賞 (2001年)
  • フォー・ザ・バーズ英語版 (For the Birds) - ラルフ・エグルストン
  • Fifty Percent Grey - ルアイリ・ロビンソン、シーマス・バーンズ
  • Give Up Yer Aul Sins - キャサル・ギャフニ、ダラッグ・オコンネル
  • Strange Invaders - コーデル・バーカー - National Film Board of Canada
  • Stubble Trouble - ジョセフ・E・メリデス
第75回アカデミー賞 (2002年)
第76回アカデミー賞 (2003年)
第77回アカデミー賞 (2004年)
  • RYAN [ライアン]英語版 (Ryan) - クリス・ランドレス - National Film Board of Canada 共同制作
  • Birthday Boy - パク・セジョン、アンドリュー・グレゴリー
  • プレーリードッグは骨折り損 (Gopher Broke) - ジェフ・ファウラー、トム・ミラー
  • Guard Dog - ビル・プリンプトン
  • Lorenzo - マイク・ガブリエル、ベイカー・ブラッドワース
第78回アカデミー賞 (2005年)
第79回アカデミー賞 (2006年)
第80回アカデミー賞 (2007年)
第81回アカデミー賞 (2008年)
第82回アカデミー賞 (2009年)

2010年代[編集]

第83回アカデミー賞 (2010年)
第84回アカデミー賞 (2011年)
  • モリス・レスモアとふしぎな空とぶ絵本The Fantastic Flying Books of Mr. Morris Lessmore) - ウィリアム・ジョイス、ブランドン・オルデンブルク
  • Dimanche - パトリック・ドヨン
  • 月と少年英語版 (La Luna) - エンリコ・ カーサロッサ
  • A Morning Stroll - グラント・オーチャード、スー・ゴフ
  • Wild Life - Amanda Forbis, Wendy Tilby
第85回アカデミー賞 (2012年)
第86回アカデミー賞 (2013年)

出典および外部リンク[編集]