ニック・パーク

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ニック・パーク

ニック・パークNick ParkNicholas Wulstan Park、CBE1958年12月6日 - )はイギリスのストップモーション・アニメーター。人気シリーズ「ひつじのショーン」「ウォレスとグルミット」の作者として著名。

経歴[編集]

ランカシャープレストンに生まれたニックは幼い頃からアニメーションに強い興味を持っていた。13歳の時には自宅の屋根裏部屋で親のベル&ハウエル社製8mmフィルムカメラを使いアニメ制作を始め、1975年に制作した『Archie's Concrete Nightmare』がBBCで放映され、注目を浴びた。

1980年にシェフィールド工芸学校(現在のシェフィールド・ハラム大学)でコミュニケーション・アーツの学位を修得。同年世界的に有名な映画・放送学校の1つである国立映画テレビ学校(National Film and Television School)に入学し、「ウォレスとグルミット」シリーズの記念すべき第一作『チーズ・ホリデー(A Grand Day Out)』の制作を開始する。ニックの連絡を受けたアードマン・アニメーションズのピーター・ロードとデイビッド・スプロクストンは彼の作品に感銘を受け、制作中盤の1985年には二人の招きでアードマンに参画、『チーズ・ホリデー』を完成させる。

1989年には「リップ・シンク(Lip Synch)」シリーズ『快適な生活(Creature Comforts)』を監督する。1990年には『チーズ・ホリデー』と『快適な生活』がアカデミー賞短編アニメーション部門に同時ノミネートされ、このうち『快適な生活』が同賞を受賞する。また両作品は英国アカデミー賞(現在のオレンジ英国アカデミー映画賞)にもノミネートされ、こちらは『チーズ・ホリデー』が受賞している。

「ウォレスとグルミット」シリーズは着実にファンを増やしていき、第二作『ペンギンに気をつけろ!(The Wrong Trousers)』(1993年)、第三作『ウォレスとグルミット、危機一髪(A Close Shave)』(1995年)は両作品ともアカデミー短編アニメ賞に輝き大成功を収めた。

2000年には初の長編である『チキン・ラン(Chicken Run)』、2002年には短編集『ウォレスとグルミットのおすすめ生活(Wallace & Gromit: Cracking Contraptions)』を制作した。

2005年には「ウォレスとグルミット」シリーズ初の長編『ウォレスとグルミット 野菜畑で大ピンチ!(Wallace & Gromit: The Curse of the Were-Rabbit)』を制作した。この作品は宮崎駿監督の『ハウルの動く城』、ティム・バートン監督の『ティム・バートンのコープスブライド』らを抑え、第33回アニー賞及び第78回アカデミー賞の長編アニメ部門を受賞した。

主な監督作品[編集]

(アカデミー賞受賞)

外部リンク[編集]