チーズはいただき

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
チーズはいただき
Speedy Gonzales
監督 I・フレレング
脚本 ウォーレン・フォスター
製作 ゲリー・チャイニクィー
テッド・ボーンニックソン
アーサー・デーヴィス
製作総指揮 エドワード・セルツァー
出演者 メル・ブランク
音楽 カール・スターリング
配給 ワーナー・ブラザーズ・ピクチャーズ
ヴァイタフォン
公開 アメリカ合衆国の旗 1955年9月17日
上映時間 6分12秒
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
前作 ハチャメチャ激安ホテル
次作 中世の悪夢
テンプレートを表示

チーズはいただき』(Speedy Gonzales 、1955年9月17日)とは、アメリカ合衆国映画会社ワーナー・ブラザーズの短編アニメメリー・メロディーズの作品。1955年アカデミー短編アニメ賞の受賞作品。

製作スタッフ[編集]

  • 監督 I・フレレング
  • 製作総括 エドワード・セルツァー
  • アニメーション製作 ゲリー・チャイニクィー、テッド・ボーンニックソン、アーサー・デーヴィス
  • レイアウト ホーリー・プラット
  • 脚本 ウォーレーン・フォスター
  • 背景画 アーヴ・ワイナー
  • 音楽 カール・スターリング

作品内容[編集]

舞台はメキシコの国境。ここのネズミたちは餓えに苦しんでいた。この国境を越えればすぐにチーズ工場があるのだが、常にシルベスターが目を光らせているため容易に行くことは不可能であった。仮にくじで決めて行っても、シルベスターの餌食となってしまい、彼らがかぶっていたソンブレロは山の様になっていた。
悩んだ末に一人のネズミは、「このピンチを救えるのはスピーディー・ゴンザレスだけだ」と提案する。すぐにネズミは、スピーディーが営んでる射撃場で助けを求めた。快く受け入れたスピーディーは真っ先にその国境へと向い、仲間から熱い出迎えをされる。そしてスピーディーは自慢の足でチーズ工場からチーズを取ってくる。これには負けられないシルベスターも色々な作戦を試みるもスピーディーの足には敵わず、やられるのはシルベスターであった。
最後にスピーディーは「工場から全てのチーズを取ってくる」と発言。業を煮やしたシルベスターは工場内からチーズを全て持ってきて下にダイナマイトを設置。「取るものなら取ってみろ」とダイナマイトは爆破。だが、チーズはネズミ側に雨の様に降り、ネズミたちは大喜び。悔しくなったシルベスターは電信柱に顔をぶつける。一方スピーディーは、シルベスターのことを気に入っていた。

キャラクター[編集]

備考[編集]

  • 今回の作品はスピーディー・ゴンザレスの2作品目で、デザインもこの作品から変更された。
  • 今回は珍しくシルベスターがネズミを捕食している。
  • スピーディーのデビュー作は1953年のen: Cat-Tails for Twoで、絡んだのはネコのコンビ(同じルーニー・テューンズキャラのロッキーとマグジーに酷似)であり、今回がシルベスターとは最初に絡んだ作品である。(1965年以後からはダフィー・ダックと絡むようになった。)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]