どったのセンセー?

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
どったのセンセー?
What's Up Doc?
監督 ロバート・マッキンソン
脚本 ウォーレン ・ フォスター
出演者 メル・ブランク
音楽 カール・スターリング
配給 ワーナー・ブラザーズ
公開 アメリカ合衆国の旗 1950年6月17日
上映時間 約7分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
前作 旅はネコ連れ
次作 バッグスの大脱走
テンプレートを表示

どったのセンセー?』(原題:What's Up Doc?, 1950年6月17日)は、ワーナー・ブラザーズの短編アニメ『ルーニー・テューンズ』の作品のひとつで、バッグス・バニーの主演作品でもある。

作品内容[編集]

共同通信社の社員から生い立ちについて聞かれたバッグスは、すぐに彼の過去を振り返った(詳しい経歴は『バッグス・バニー』の項目を参照)。

その後、バッグスは初出演となる映画の撮影に向かう。ところがその役柄は・・・。

備考[編集]

  • 今作は、キャラクターとしてのバッグスのプロフィールが明かされ、以降は基本設定として定着している。
  • 本作はルーニー・テューンズの音楽担当だったカール・スターリングが作曲した「What's Up Doc?」という歌(作中ではワーナー所属後のバッグスとエルマーがミュージカル風に披露)が元になって制作された。
  • 幼少期のバッグスが玩具のピアノで弾いた曲は、ハンガリー狂詩曲の第二番。
  • ショービジネスの不況のシーンで、仕事を無くしたバッグスと共に、アル・ジョルソンジャック・ベニービング・クロスビーエディ・カンターが当時の本人そっくりの姿で登場している。

関連項目[編集]