ダック・ドジャース

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ダック・ドジャース』(Duck Dodgers)は、アメリカ合衆国のテレビアニメ。2003年8月23日から2005年11月11日までカートゥーンネットワークで放映された。ルーニー・テューンズのスピンオフのひとつ。日本では2004年5月4日からカートゥーン ネットワークで放送。全39話。

概要[編集]

元になった作品は、ルーニー・テューンズの「ダフィー・ウォーズ」。

2004年と2005年にデイタイム・エミー賞Outstanding Special Class Animated Programを受賞。

あらすじ[編集]

21世紀に誤って冷凍されたダック・ドジャース。24と2分の1世紀に冷凍冬眠から目覚め、自分は21世紀のスーパーヒーローと偽る。相棒になったカデットと共に宇宙防衛軍の一員として活動していたところ、火星の女王がX-2司令官を送り込み、宇宙を舞台にした騒動が起きる。

登場人物[編集]

ダック・ドジャース
声 - ジョー・アラスキー/日本語版 - 高木渉
本作の主人公。ダフィー・ダック演じる宇宙防衛軍のキャプテンだが、弱虫でお調子者かつ腰抜けなトラブルメーカー。しかし、失敗を成功に変える力を持つ。火星の女王が自分に惚れ込んでいると思い込んでいる。
カデット
声 - ボブ・バーゲン/龍田直樹
ポーキー・ピッグ演じるドジャースの助手。活気に溢れ、ドジャースにとても忠実だが、ダックの大失敗に気付かない事も。いざという時に頼りになる優秀な人物。
DR.IQハイ
声 - リチャード・マクゴナグル/梅津秀行
ダックを解凍した張本人。頭に電球がついている。
X-2
声 - ジョー・アラスキー/中多和宏
マービン・ザ・マーシャン演じる火星の司令官。ドジャースとは宿敵だが、彼やカデットと行動を共にすることもあった。真面目で熱心な性格。センチュリオンロボを率いる。火星の女王の事が好きで、彼女の気を引こうとする事も多い。
K-9
声 - フランク・ウェルカー/下和田裕貴
X-2司令官の部下。ルーニー・テューンズの時と違い、鳴くことがある。
センチュリオンロボ
声 - マイケル・ドーン
X-2司令官の部下。かぶとをかぶっている点や黒い顔はX-2司令官と同じだが、顔には赤い目がひとつだけ浮かぶ。
クッチャカ・サム
声 - モーリス・ラマーシュ/郷里大輔
ヨセミテ・サム演じる、クランキン星のボス。
火星の女王
声 - ティア・カレル/玉川紗己子
火星の支配者で、エキゾチックな美女。長い白髪をしており、X-2司令官より背が高い。帝国を拡大しようと企む。地球の防衛力とドジャースの力を探ろうと、X-2司令官を送り込む。一時はダフィーと結婚したが、ダフィーから離婚を言い渡された。
ナレーション
声 - /梅津秀行

ゲスト[編集]

クラッシャー
声 -ジョン・ディマジオ
ロング・ジョン・シルバー23世
声 -ジョン・ディマジオ
ティル
声 -ビリー・ウェスト
赤ん坊
声 -/小桜エツ子
宇宙を救うとされる赤ん坊。この赤ん坊がどこかへ行ってしまったため、ダフィーは赤ん坊の代役を務める羽目になった。
グリーン・ランターン
声 - ケヴィン・スミス
カトゥマ・トゥイ
声 -タラ・ストロング
グリーン・ランターンの一員。
ハッピー・キャット
声 - マコ岩松
アチョー
声 - マコ岩松
ハッピーキャットが演じる『サムライジャック』に登場するアクのパロデイキャラクター。

サブタイトル[編集]

サブタイトルの順番は日本での放映時期に準拠している。なお、第1回放送分と第3回放送分の放送順は日米で逆になっている。

シーズン1[編集]

  1. ダック・ドジャース裁判( The Trial of Duck Dodgers )/アブない美女軍団( Big Bug Mamas )
  2. 助っ人はロボット( The Fowl Friend )/レースの行方( The Fast & the Feathery )
  3. ドジャース漂流記( Duck Deception )/私を愛さなかったスパイ( The Spy Who Didnt Love Me )
  4. おいぼれドジャース( Duck Codgers )/赤ちゃんは救世主( Where's Baby Smartypants? )
  5. 狙われたカデット( I'm Going to Get You Fat Sucka )/どっちがドジャース( Detained Duck )
  6. K-9はキャディーさん( K-9 Kaddy )/カデットが大変身( Pig of Action )
  7. パイレーツ・ドジャース( Shiver Me Dodgers )
  8. ドジャース 西部へ行く( The Wrath of Canasta )/ドジャースの思考回路( They Stole Dodgers' Brian )
  9. 正義のグリーンランタン( Green Loontern )
  10. ヒーロー誕生!( Quarterback Quack )/禁断のロマンス( To Love a Duck )
  11. 目指せ!ハリウッド・スター( Hooray for Hollywood Planet )
  12. 復讐に燃える女王( The Queen is Wild )/ドジャースは訓練中( Back to the Academy )
  13. 宿敵は誰だ( Enemy Yours )/ドジャースの転職( Duck Departure ) 

シーズン2[編集]

14. ブタの惑星( Pig Planet )
15. 真のヒーローは誰?( Invictus Interruptus )/ペットにご用心( Pet Peeved )
16. ニッポノ星を救え!( The Menace Maninsuit )/K-9とハンティング( K-9 Quarry )
17. 歌声で勝負だ!( Talent Show A-Go-Go )/パパになったドジャース( The Love of a Father )
18. 新しい相棒( The New Cadet )/24‐1/2世紀 宇宙の旅( The Love Duck)
19. ファッドの陰謀( The Fudd )
20. 怪傑ゼロ 参上!( The Mark of Xero )/俺、見えるんです…( I see Duck People )
21. 仁義なきデスマッチ( Deathmatch Duck )/ドジャースの魅力とは?( Deconstructing Dodgers )
22. 未来の冒険ファンタジー( MMORD )/ドジャースの農園天国( Old Mcdgers )
23. 歌姫お運びします( Diva Dellivery )/城で何が起こったか( Castle High )
24. サーフィン対決( Surf the Stars )/サムライ・ドジャース( Samurai Quack )
25. 当然の話これは戦争と平和だ! 前編( Of Course You Know This Means War And Peace Part1 )
26. 当然の話これは戦争と平和だ! 後編( Of Course You Know This Means War And Peace Part2 )

シーズン3[編集]

27. Till Doom Do Us Part
28. Villainstruck / Just the Two of Us
29. The Kids Are All Wrong / Win, Lose or Duck
30. Boar to Be Riled / Clean Bill of Health
31. The Best of Captains, the Worst of Captains / That's Lifomatica
32. Diamond Boogie / Corporate Pigfall
33. The Six Wazillion Dollar Duck
34. Too Close for Combat / Fins of War
35. Good Duck Hunting / Consumption Overruled
36. A Lame Duck Mind
37. Master & Disaster / All in the Crime Family
38. In Space, No One Can Hear You Rock / Ridealong Calamity
39. Bonafide Hero: Captain Duck Dodgers

スタッフ[編集]

日本語版スタッフ[編集]

  • 演出 - 佐々木由香
  • プロデューサー - 伊藤文子、丸太耕太郎(13話まで)、末次信二(14話から)
  • エクゼクティブ・プロデューサー - 松下健司(14話から)
  • 制作 - カートゥーン ネットワーク東北新社

外部リンク[編集]