珍案! 迷案!

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
珍案!迷案!
War and Pieces
監督 チャック・ジョーンズ
モーリス・ノーブル
脚本 ジョン・ダン
製作 デイヴィッド・H・ディパティエ
出演者 ポール・ジュリアン
音楽 ビル・ラヴァ
配給 ワーナー・ブラザーズ
 ヴァイタフォン
公開 アメリカ合衆国の旗 1964年6月6日
上映時間 6分24秒
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
前作 取れぬウサギの皮算用
次作 ハワイアン・ホリデー 
テンプレートを表示

珍案!迷案!』(原題:War and Pieces)は、1964年に公開されたワーナー・ブラザーズの短編アニメシリーズ「ルーニー・テューンズ」の作品である。

製作スタッフ[編集]

  • 監督 チャック・ジョーンズ
  • 彩色監督 モーリス・ノーブル
  • アニメーション製作 ケン・ハリス、リチャード・トンプソン、ボブ・ブランスフォード、トム・レイ
  • 脚本 ジョン・ダン
  • 製作総指揮 デイヴィッド・H・ディパティエ
  • 音楽 ビル・ラヴァ
  • 声優 ポール・ジュリアン
  • レイアウト デイヴ・ローズ
  • 背景画 フィリップ・デ・ガード
  • フィルム製作 トレッグ・ブラウン

作品内容[編集]

コヨーテはロードランナーを捕まえようと、様々な作戦や仕掛けを作る。
コヨーテの主な作戦

  • 手榴弾を投げる。
  • 自分が矢となって弓を発射する。
  • 赤外線(?)で下敷きにする機械を設置する。
  • バニシングクリームを体に塗る。
  • 「ハーレムの秘密」なる罠を使う。
  • フックを上に投げる。

最後はロケットを使い上に行くが、向きがそれてコヨーテは地下に。そして地球の裏側にでたコヨーテに出会ったのは中国人風のロードランナーだった。

ちなみに原題はトルストイ戦争と平和(War and Peaces)の洒落である。

概要[編集]

  • 今作はクラシック短編(~1969年)におけるチャック・ジョーンズ監督の最終作品となった。
  • 前作の「取れぬウサギの皮算用」はジョーンズら製作班が途中まで製作していたが、ジョーンズが解雇されたので、この作品はジョーンズ製作班が最後に製作したものと思われる。(解雇理由はこちらを参照)
  • ジョーンズ解雇後もロードランナーとコヨーテの製作がフリッツ・フレレングやロバート・マッキンソン等により行われたが、ジョーンズの作品の方が評価が高い。
  • キャラクターが地球の裏側(主に中国など)に出てそのキャラクターの相手が出てくるというネタは、1957年のフリッツ・フレレング監督の「Tweety and the Beanstalk」が元。

日本でのテレビ放映[編集]

テレビ東京のバッグス・バニーのブンブンランドで放映された。現在、現行吹き替え版(1996年~)による吹き替えは存在しない。

登場キャラクター[編集]

  • ロードランナー(学名:Burn-Em Upus Asphaltus)
  • ワイリー・コヨーテ(学名:Caninus Nervous Rex)

収録状況[編集]

  • 『バッグス・バニーのブンブンランド』 14巻 (VHS、旧吹き替え版)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]