スピーディー・ゴンザレス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

スピーディー・ゴンザレス(Speedy Gonzales)は、ワーナーアニメキャラクターソンブレロを被った褐色肌に重度のメキシコ訛りの英語という、メキシコ人ステレオタイプ的な特徴を有するネズミ[1]、「全メキシコ最速のネズミ」という触れを持つ。「ルーニー・テューンズ」の人気キャラクターで、いつも上下白い服装に赤のスカーフを巻いている。1961年デイヴィッド・ダンテが発表し、1962年パット・ブーンのカバーで大ヒットした同名のノベルティ・ソングでも知られる。「メリー・メロディーズ」にも登場した事がある。

キャラクター[編集]

とにかくチーズが大好きですばしっこいのが特徴。お調子者でスピーディだけに稲妻の速度で走るのが得意である。彼が登場する舞台は常にメキシコである。基本的には正義感が強く、仲間のネズミが窮地に陥ると猛スピードで駆け付け、ネコ等の外敵から何度も窮地を救っている。

最初に出演したのはロバート・マッキンソン監督のen: Cat-Tails For Twoであり、舞台はアメリカの港のメキシコの貨物船であり、絡んだのは猫のコンビで、まだデザインは赤いポロシャツに金歯、目も大きかった。1955年のフリッツ・フレレング監督のチーズはいただきより現在のデザインとなった。後述の通り、3回アカデミー賞にノミネートし、ルーニー・テューンズの人気キャラとなった。さらに1960年代初頭、バッグス・バニーやトゥィーティー等人気キャラが出演しなくなると、彼の出演作品は急激に伸びた。1965年よりダフィー・ダックと絡んでも人気は衰えず、クラシック短編の連載終了前年まで出演した。

1955年アカデミー賞の短編アニメ賞を受賞した他に、1957年、1959年、1961年にも彼が出演した作品がノミネートしている。

絡むのは常にシルベスターであり、他にはロードランナーとコヨーテ、ダフィーダックなどがある。

また一時はヒスパニックに対する人種差別の象徴たるものとして糾弾されたこともあった。

登場作品[編集]

この一覧は新吹き替えによる作品を紹介する。ヒスパニックの影響からか、吹き替え作品は少ない。

作品リスト[編集]

邦題 原題 公開日 監督 共演キャラ 備考
チーズはいただき Speedy Gonzales 1955年9月17日 フリッツ・フレレング シルベスター・キャット アカデミー賞受賞。
今、そこにあるチーズ Here Today,Gone Tamale 1959年8月29日
グアダルーペの笛吹き男 The Pied Piper of Guadalupe 1961年8月19日 アカデミー賞
ノミネート。
ドタバタ缶づめ工場 Chili Weather 1963年8月17日
勝利は誰の手に The Wild Chase 1965年2月27日 フリッツ・フレレング
ホーリー・プラット
シルベスター、
ロードランナー、
ワイリー・コヨーテ
戦場にこけるダフィー Assault and Peppered 1965年4月24日 ロバート・マッキンソン ダフィー・ダック

楽曲[編集]

スピーディー・ゴンザレスを題材にしたノベルティ・ソング「Speedy Gonzales」を、1961年デイヴィッド・ダンテが発表した。1962年パット・ブーン(英語版)、マノーロ・ムニョススペイン語(中南米)版)がカバーした。日本では伊藤アイコがカバーした。その後様々なアーティストによってカバーされている。

担当声優[編集]

現在のところ、確認できるのは三ツ矢雄二飛田展男だが、それ以前に担当した声優と為ると現在のところ不明。1960年代に収録された吹き替え版のフィルムだと現存すら絶望的と思われる。以前は女性声優が声を担当していたという話もあるが真意のほどはまだ定かではない。また近年では女性声優の滝沢ロコがスピーディー・ゴンザレスの声を担当している。

[編集]