エディ・カンター

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
エディ・カンター
Eddie Cantor
Eddie Cantor
1945年撮影
本名 Israel Iskowitz
生年月日 1892年1月31日
没年月日 1964年10月10日(満72歳没)
出生地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国ニューヨーク
死没地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国ビバリーヒルズ
民族 ロシア系ユダヤ人[1]
身長 173 cm
職業 俳優コメディアンダンサー歌手
ジャンル 映画舞台ラジオテレビ
活動期間 1907年 – 1953年
配偶者 アイダ・トビアス・カンター(1914年 - 1962年)※死別

エディ・カンターEddie Cantor, 1892年1月31日 - 1964年10月10日)は、アメリカ合衆国俳優コメディアンダンサー歌手作家である。エディ・キャンターと表記されることもある。日本では「カンター」をもじった「勘太」の愛称が付けられ、出演映画の邦題に付けられたこともある。

芸名の「エディ」は後に妻となる恋人アイダ・トビアスが付けたものである。また「カンター (Cantor)」は育ての親である母方の祖母の名字「Kantrowitz」を短縮したものである。これは学校に上がる際の手続きで誤って祖母の名字が使われてしまい、担当事務員がそれを「Kantor」と短縮したことが始まりである[2]

ハリウッド・ウォーク・オブ・フェームにおいて「映画」「テレビ」「ラジオ」の3つの部門で星を贈られている。

来歴[編集]

1892年ニューヨークロシア系ユダヤ人移民の息子として生まれる。生後間もなく両親が相次いで亡くなったため、母方の祖母に育てられる。祖母は訪問販売で生計を立て、カンターを育てる[1]

バウリー劇場英語版のアマチュア・ナイトで5ドルを勝ち取ったことで、自分の運命を悟ったカンターは、1907年にニューヨークの舞台でヴォードヴィリアンとしてデビューし、ガス・エドワーズ一座のメンバーになる。その後、リラ・リーとコンビを組んで「カンター&リー」として巡業するようになる[2]。コミック歌手として人気になる[1]と、興行王フローレンツ・ジーグフェルドの目に留まり、1917年からジーグフェルド・フォーリーズ英語版にレギュラー出演する。これ以降、ブロードウェイでも活躍するようになる。

1920年代にはハリウッドに進出、1930年代にはラジオ番組を持つようになり、人気者となる[3]

1933年から1935年まで映画俳優組合の代表(2代目)を務める。

ハリウッドの大物プロデューサー、サミュエル・ゴールドウィンと契約した1930年から1936年までの間、ほぼ毎年、ミュージカルコメディの大作映画に主演し、ハリウッド俳優として全盛期を迎えるが、契約が切れた後は作品に恵まれず、映画俳優として低迷する。しかし、ラジオ番組での人気は1940年代になっても衰えることがなかった[1]

1950年代に入るとテレビにも出演するようになるが、1953年に心筋梗塞を起こして以降は、半ば引退した状態となる[1]。その一方で、同年12月にはカンターの伝記映画『The Eddie Cantor Story』が公開される。

1964年に心筋梗塞で死去。

私生活[編集]

1914年にアイダ・トビアスと結婚、5人の娘(マリリン、マージョリー、ナタリー、エドナ、ジャネット)をもうける。1962年に妻アイダを亡くし、2年後に亡くなる。

主な出演作品[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e Eddie Cantor movies, photos, movie reviews, filmography, and biography” (英語). AllMovie. 2013年4月13日閲覧。
  2. ^ a b Eddie Cantor - Biography” (英語). IMDb. 2013年4月13日閲覧。
  3. ^ Overview for Eddie Cantor” (英語). TCM Movie Database. 2013年4月13日閲覧。

外部リンク[編集]