フローレンツ・ジーグフェルド・ジュニア

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
フローレンツ・ジーグフェルド・ジュニア
Florenz Ziegfeld, Jr.
1915年頃撮影
生誕 1867年3月21日
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国イリノイ州シカゴ
死没 1932年7月22日(満65歳没)
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国カリフォルニア州ハリウッド
死因 胸膜炎
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
別名 Flo
民族 ドイツ系アメリカ人[1]
職業 舞台演出家、プロデューサー
著名な実績 ジーグフェルド・フォーリーズ英語版
配偶者 ビリー・バーク(1914年 - 1932年)
非婚配偶者 アンナ・ヘルド英語版(1897年 - 1913年)
子供 パトリシア・ジーグフェルド・スティーヴンソン英語版(1916年 - 2008年)
テンプレートを表示

フローレンツ・ジーグフェルド・ジュニアFlorenz Ziegfeld, Jr.1867年3月21日 - 1932年7月22日)はアメリカ合衆国舞台演出家プロデューサー。米国レヴュー界の第1人者であり、1907年から1931年まで、ブロードウェイで「ジーグフェルド・フォーリーズ英語版」と呼ばれる豪華なレヴューを興行するなど、スペクタクル性を重視した米国風レヴューを確立し、また数々のスターを発掘したことで知られる[2]

略歴[編集]

1867年3月21日(15日とする資料もある[1])にシカゴで生まれる。ドイツ移民である父親は音楽学校の経営で成功しており、比較的裕福な環境で育つ。また、幼い頃から広告宣伝に関心を持つ[1]

1893年にシカゴ万国博覧会の客を見込んで父親がナイトクラブを開くものの経営に失敗、その窮地を救うため、後に「近代ボディビルの父」と呼ばれるようになるユージン・サンドウを起用し、サンドウの肉体美を使った宣伝活動を積極的に行なった結果、父親のナイトクラブに客が集まるようになる。その後、サンドウによる怪力ショーで巡業を始め、各地で成功を収めるが、2年後にサンドウとは円満な形で別れる[1]

次にジーグフェルドは舞台の興行に乗り出し、1896年にはポーランド生まれのフランス人女優アンナ・ヘルド英語版牛乳風呂などの宣伝文句を使ってスターにすることに成功、メディアを使った「スターメイキング」の仕組みを確立する[3]

1907年には初のレヴューとなる「ジーグフェルド・フォーリーズ英語版」をプロデュース、その後1931年まで毎年公演を行う。この「フォーリーズ」はパリフォリー・ベルジェールをモデルにしている[3]

ジーグフェルド・フォーリーズ」1912年のポスター

ジーグフェルドのショーに出演したことで名声を得たスターにはマリリン・ミラー英語版ウィル・ロジャースレオン・エロル英語版バート・ウィリアムズ英語版ファニー・ブライス英語版エディ・カンターなどがいる[3]

1929年に起きた世界恐慌をきっかけに財産の多くを失う。1932年、かつて成功した公演をリバイバルするが、大不況の中、充分な収益を上げられず、同年の7月に胸膜炎で亡くなる[3]。ジーグフェルドが残した借金を返すため、未亡人となったビリー・バークはその後20年以上に渡り、休みなく働くことになる[1]

私生活[編集]

女優のアンナ・ヘルド英語版とは1897年から事実婚状態にあったが、ヘルドが既婚者だった(1908年に夫が死亡[4])こともあり、正式に結婚しないまま1913年に別れる。その翌年1914年に女優のビリー・バークと結婚、1女をもうける[3]

ジーグフェルドを扱った作品[編集]

参考文献[編集]

  1. ^ a b c d e Ziegfeld: A Biography” (英語). Musicals101.com. 2013年4月9日閲覧。
  2. ^ ジーグフェルド とは”. コトバンク. 2013年4月9日閲覧。
  3. ^ a b c d e Florenz Ziegfeld Jr. - Biography” (英語). IMDb. 2013年4月9日閲覧。
  4. ^ Anna Held - Biography” (英語). IMDb. 2013年4月10日閲覧。

外部リンク[編集]